ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人間発達環境学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  人間発達専攻 3年 博士(学術)、博士(教育学)
                  人間環境学専攻 3年 博士(学術)、博士(理学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【人間発達専攻】
                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき,人間発達環境学研究科人間発達専攻は,人類全体に提起された根本的課題に対し,「ヒューマン・コミュニティ創成研究*」に関する幅広い視野と深い専門的知識の上に立ち,人間の発達に関し,既成の学問領域を超えた新しい実践知の創造を目指した教育研究に取り組む。そのため,以下に示した方針に従って,カリキュラムを編成する。
                  *「ヒューマン・コミュニティ創成研究」とは,人間的な社会の創造を目指して,大学が地域,行政,企業,NPO,NGO,市民などと連携しつつ,人間の発達及びそれを取り巻く環境について原理的,実践的に研究する活動の総体を示す。

                  (1) 人間の発達に関する研究を自立して行う能力や人間の発達に関する共同研究や学際研究を企画・組織する能力,また大学教員としての教育力を涵養するために,以下の人間発達環境学研究科共通科目(後期課程第1群)を開設する。
                   「特別研究Ⅲ」「特別研究Ⅳ」「教育能力養成演習」
                   「特別研究Ⅲ」は,文献課題やレビュー論文の作成などを通して国内外の研究状況を把握するための能力を,「特別研究Ⅳ」は,フィールドワークやワークショップ,研究会,プロジェクト研究などの企画・運営への参画を通して研究を組織化する能力を,また「教育能力養成演習」は,大学教員としての実践的教育能力の涵養を図る。

                  (2) 人間の発達に関する多様な研究分野を俯瞰し,あらたな研究課題や領域の開拓へと活かす創造的能力を涵養するために,以下の人間発達環境学研究科人間発達専攻共通科目(後期課程第 2 群)を開設する。
                    「人間発達総合研究Ⅱ-1, 2」

                  (3) 人間の発達に関する各研究分野に関連した高度な研究能力と,人間の発達に関する諸課題を専門分野に根ざして実践的に解決できる専門的力量を深化させるために,人間発達専攻専門科目(後期課程第 3A 群及び第 3B 群)を開設する。

                   第 3A 群は,人間発達を「個人の創造的発達」の視点から捉え,人間が潜在的に有する多様な能力の開花の過程を対象とする専門科目群で,第 3B 群は,「個人の創造的発達を促す関係性」の視点から人間発達を捉え,人間相互の関係(表現,相互触発,支援,教育等)により促進されて潜在的な能力が開花する過程を対象とする専門科目群である。

                   なお,これらの科目は,講義・演習・フィールドワーク等の授業形態に応じて,アクティブラーニング,体験型学習などを適宜組み合わせて行う。また,学修成果の評価は,学修目標に即して多元的・包括的な方法で行う。

                  (4) 学位論文提出までのプロセス・指導体制
                   後期課程の 3 年間で円滑に博士論文を作成できるようにするため,指導教員による個別指導に加え,複数教員による体系的な論文作成指導(基礎論文.予備審査論文,公開最終試験)を行う。学位論文提出までのプロセスは以下の通りである。

                  「博士論文構想」の提出(後期課程 1 年 4 月)
                  → 「基礎論文」の提出(後期課程 1 年 2 月) → 「基礎論文」の審査(後期課程 2 年 4 月)
                  → 「予備審査論文」の提出(後期課程 3 年 10 月) → 「予備審査論文」の審査(後期課程 3 年 12 月)
                  → 「博士論文」の提出(後期課程 3 年 1 月) → 「博士論文」の公開審査及び最終試験(後期課程 3 年 2 月)

                  【人間環境学専攻】
                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき,人間発達環境学研究科人間環境学専攻は,人類全体に提起された根本的課題に対し,「ヒューマン・コミュニティ創成研究*」に関する幅広い視野と深い専門的知識の上に立ち,人間の発達を取巻く環境に関し,既成の学問領域を超えた新しい実践知の創造を目指した教育研究に取り組む。そのため,以下に示した方針に従って,カリキュラムを編成する。
                  *「ヒューマン・コミュニティ創成研究」とは,人間的な社会の創造を目指して,大学が地域,行政,企業,NPO,NGO,市民などと連携しつつ,人間の発達及びそれを取り巻く環境について原理的,実践的に研究する活動の総体を示す。

                  (1) 人間の発達を支える環境に関わる研究を自立して行う能力や人間の発達を支える環境に関わる共同研究や学際研究を企画・組織する能力,また大学教員としての教育力を涵養するために,以下の人間発達環境学研究科共通科目(後期課程)を開設する。
                   「特別研究Ⅲ」 「特別研究Ⅳ」「教育能力養成演習」
                   「特別研究Ⅲ」は,文献課題やレビュー論文の作成などを通して国内外の研究状況を把握するための能力を,「特別研究Ⅳ」は,フィールドワークやワークショップ,研究会,プロジェクト研究などの企画・運営への参画を通して研究を組織化する能力を,また「教育能力養成演習」は,大学教員としての実践的教育能力の涵養を図る。

                  (2) 人間の発達を支える環境に関する各研究分野に関連した高度な研究能力や人間の発達を支える環境に関する諸課題を専門分野に根ざして実践的に解決できる専門的力量,また多様な研究分野を俯瞰し,あらたな研究課題や領域の開拓へと活かす創造的能力を修得させるために,人間環境学専攻専門科目群(後期課程)を開設する。

                   なお,これらの科目は,講義・演習・フィールドワーク等の授業形態に応じて,アクティブラーニング,体験型学習などを適宜組み合わせて行う。また,学修成果の評価は,学修目標に即して多元的・包括的な方法で行う。

                  (3) 学位論文提出までのプロセス・指導体制
                   後期課程の 3 年間で円滑に博士論文を作成できるようにするため,指導教員による個別指導に加え,複数教員による体系的な論文作成指導(基礎論文.予備審査論文,公開最終試験)を行う。学位論文提出までのプロセスは以下の通りである。

                  「博士論文構想」の提出(後期課程 1 年 4 月)
                  → 「基礎論文」の提出(後期課程 1 年 2 月) → 「基礎論文」の審査(後期課程 2 年 4 月)
                  → 「予備審査論文」の提出(後期課程 3 年 10 月) → 「予備審査論文」の審査(後期課程 3 年 12 月)
                  → 「博士論文」の提出(後期課程 3 年 1 月) → 「博士論文」の公開審査及び最終試験(後期課程 3 年 2 月)

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   神戸大学人間発達環境学研究科は,人間の発達及びそれを取り巻く環境に関わる基礎的並びに応用的・実践的な教育研究活動に主体的に参加し,これを推進する指導的役割を担える高度な専門的能力,そして創造性及び卓越性を発揮しうる研究能力を有する人材を養成することを目的としている。この目的を達成するために,以下に示した方針に従って学位を授与する。

                   学位:博士(学術),博士(教育学)

                   人間発達環境学研究科人間発達専攻の後期課程を修了したものに対して,博士論文における研究テーマの性質と専門性に応じて「博士(学術)」もしくは「博士(教育学)」を授与する。

                   人間発達専攻
                   神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,人間発達環境学研究科人間発達専攻は以下に示した方針に従って学位を授与する。
                   本研究科の教育目的に沿って設定された授業科目を履修し,基準となる単位数を修得し,博士論文の審査及び最終試験に合格することが,学位授与の要件であり,人間の発達やそれを取り巻く環境に関わる基礎的並びに応用的・実践的な教育研究活動に主体的に参加し,これを推進する指導的役割を担える高度な専門的能力,そして創造性及び卓越性を発揮しうる研究能力を修得していることが,後期課程修了の目安である。神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,後期課程修了までに本研究科学生が身につけるべき具体的能力は以下の通りとする。
                   前期課程において学生が身につけるべき能力に加えて,
                    ・人間の発達に関する研究を自立して行う能力
                    ・人間の発達に関する共同研究や学際研究を企画・組織する能力
                    ・人間の発達に関する多様な研究分野を俯瞰し,あらたな研究課題や領域の開拓へと活かす創造的能力
                    ・人間の発達に関する各研究分野に関連した高度な研究能力


                   学位:博士(学術),博士(理学)

                   人間発達環境学研究科人間環境学専攻の後期課程を修了したものに対して,博士論文における研究テーマの性質と専門性に応じて「博士(学術)」もしくは「博士(理学)」を授与する。

                   人間環境学専攻
                   神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,人間発達環境学研究科人間環境学専攻は以下に示した方針に従って学位を授与する。
                   本研究科の教育目的に沿って設定された授業科目を履修し,基準となる単位数を修得し,博士論文の審査及び最終試験に合格することが,学位授与の要件であり,人間の発達やそれを取り巻く環境に関わる基礎的並びに応用的・実践的な教育研究活動に主体的に参加し,これを推進する指導的役割を担える高度な専門的能力,そして創造性及び卓越性を発揮しうる研究能力を修得していることが,後期課程修了の目安である。神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,後期課程修了までに本研究科学生が身につけるべき具体的能力は以下の通りとする。
                   前期課程において学生が身につけるべき能力に加えて,
                    ・人間の発達を支える環境に関する研究を自立して行う能力
                    ・人間の発達を支える環境に関する共同研究や学際研究を企画・組織する能力
                    ・人間の発達を支える環境に関する多様な研究分野を俯瞰し,あらたな研究課題や領域の開拓へと活かす創造的能力
                    ・人間の発達を支える環境に関する各研究分野に関連した高度な研究能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  編入学(博士課程後期課程への入学)に係る検定料は30,000円,編入学料は282,000円です。

                  専攻分野

                  その他専攻分野