ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  保健学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学専攻 2年 修士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ・看護学領域
                   神戸大学大学院のカリキュラム・ポリシーにもとづき,保健学研究科看護学領域は以下の方針に則りカリキュラムを編成する.
                  1.「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身に付けさせるため,すべての学生が履修する共通の科目として保健倫理学特講Ⅰ,臨床心理学特講Ⅰ,エビデンスベーストヘルスケア特講Ⅰ,医療保健福祉特講Ⅰ,国際実践特講Ⅰ,国際実践フィールドワークⅠ及びその他必要と認める科目を開設する.さらに一部の科目は,英語での講義としている.
                  2.深い学識を涵養し,「専門性」を学生に身につけさせるため,以下の専門科目を開設する.さらに,助産師コース,家族支援専門看護師コースを開設する.
                  ・Evidence based nursingを基盤とした深い学識と高度実践能力を身につけることができるよう,エビデンスベースドヘルスケア特講Ⅰなどの全領域共通科目,看護教育特講Ⅰ,などの看護学領域共通科目及びその他必要と認める科目を開設する.
                  ・スペシャリストとして,直面する問題を多角的に分析し,解決する能力を身につけることができるよう,看護実践開発学科目,在宅看護学科目,家族看護学科目,母性看護学科目及びその他必要と認める科目を開設する.
                  ・専門領域を超え,医療保健福祉チームの一員として協働して働くことができる能力を身につけることができるよう,国際実践フィールドワークⅠ,IPW特講Ⅰなどの全領域共通科目,看護コンサルテーション特講Ⅰなどの看護学領域共通科目及びその他必要と認める科目を開設する.
                  ・看護の役割拡大に適応できる深い学識と卓越した専門的能力を身につけることができるよう,上級臨床薬理学,上級病態生理学,上級フィジカルアセスメント学などのCNS課程科目,高度実践助産技術学演習などの助産師コース科目及びその他必要と認める科目を開設する.

                  なお, これらの科目は, 講義・演習・実験・実習等の授業形態に応じて, アクティブラーニング, 体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は, 学修目標に即して多元的, 包括的な方法で行う。


                  ・病態解析学領域
                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、保健学研究科病態解析学領域は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。
                  1.「「人間性」「創造性」「国際性」および保健学研究科共通の「専門性」を学生に身につけさせるため, すべての学生が履修する共通の科目として, 別表に示す科目、及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し, 分野特有の「専門性」を学生に身につけさせるため, 授業科目を開設するとともに修士論文に係る研究指導を行う。
                  ・分析医科学の能力を身につけることができるよう、別表に示す科目、及びその他必要と認める授業科目を開設する。
                  ・細胞機能・構造科学の能力を身につけることができるよう、別表に示す科目、及びその他必要と認める授業科目を開設する。
                  ・病態代謝学の能力を身につけることができるよう、別表に示す科目、及びその他必要と認める授業科目を開設する。
                  ・臨床免疫学の能力を身につけることができるよう、別表に示す科目、及びその他必要と認める授業科目を開設する。
                  ・その他の病態解析学の能力を身につけることができるよう、別表に示す科目、及びその他必要と認める授業科目を開設する。

                  なお, これらの科目は, 講義・演習・実験・実習等の授業形態に応じて, アクティブラーニング, 体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は, 学修目標に即して多元的, 包括的な方法で行う。


                  ・リハビリテーション科学領域
                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、保健学研究科リハビリテーション科学領域は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。
                  1.「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身につけさせるため、領域共通科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し、「専門性」を学生に身につけさせるため、生体構造分野科目、運動器障害学分野科目、脳機能・精神障害リハビリテーション分野科目、健康情報科学分野科目の各専門科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・実技・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。


                  ・パブリックヘルス領域 
                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、神戸大学大学院保健学研究科パブリックヘルス領域は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。

                  1.「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、全領域共通科目、領域共通科目及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し、「専門性」を学生に身につけさせるため、以下のパブリックヘルス領域の専門科目を開設する。
                  ・科学的思考力と倫理観に根ざす地域保健の実践を展開できる能力を身につけることができるよう、保健倫理学特講Ⅰなどの全領域共通科目、地域保健学実習Ⅰなどの領域共通科目、地域保健実践学特講Ⅰ、生活習慣病・予防治療学特講Ⅰを開設する。
                  (保健師コースは上記科目に加えて、公衆衛生看護学特講などの講義科目、個別支援論演習などの演習科目、公衆衛生看護学実習などの実習科目、公衆衛生看護学特別研究を開設する)
                  ・科学的思考力と倫理観に根ざす国際保健の実践を展開できる能力を身につけることができるよう、国際実践フィールドワークⅠ、感染症学特講Ⅰ、災害マネージメント論演習Ⅰなどの領域共通科目を開設する。
                  ・地域保健に従事する上で必要な高い学識・技術・応用力を備え研究活動を行う能力を身につけることができるよう、エビデンスベーストヘルスケア特講Ⅰなどの全領域共通科目、地域保健・健康科学特別研究Ⅰなどの領域共通科目、地域保健実践学特講Ⅰ、生活習慣病・予防治療学特講Ⅰを開設する。
                  (保健師コースは上記科目に加えて、疫学特講などの講義科目、地域看護診断演習などの演習科目、公衆衛生看護学実習などの実習科目、公衆衛生看護学特別研究を開設する)
                  ・国際保健に従事する上で必要な高い学識・技術・応用力を備え研究活動を行う能力を身につけることができるよう、エビデンスベーストヘルスケア特講Ⅰ、国際実践特講Ⅰなどの全領域共通科目、国際保健学特別研究Ⅰ、国際感染症対策特別研究Ⅰの科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・演習・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
                  学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPをご覧ください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  学位:修士(保健学)

                  神戸大学大学院保健学研究科博士課程前期課程は、臨床実践能力、直面する問題を多角的に分析する能力と問題の解決に必要な研究能力を身につけ、研究・教育・地域医療を柱とする総合保健医療の中で活躍できる教育・研究・医療専門職者を養成することを目標としている。この目的を達成するため、以下に示した方針に従って修士の学位を授与する。

                  ・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ・看護学領域
                  神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーにもとづき,保健学研究科看護学領域は以下に示した方針に従って当該学位を授与する.
                  ・本研究科に所定の期間在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を習得すること.
                  ・神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,本研究科の掲げる総合保健医療(total health care)の基本理念のもと修了までに,本研究科学生が身につけるべき能力は次のとおりである.
                  ・人間性
                  豊かな教養と高い倫理性を身につけ,知性,理性及び感性が調和し,自立した看護専門職者として,人々の健康を守るために行動できる能力
                  ・創造性
                  伝統的な思考や方法を真摯に学ぶとともに,これらの知識を批判的に継承し,受け継いだ思考や方法の中に新たな課題を発見して創造的に解決できる能力
                  問題意識をもち,現場を改革するための看護実践方法を開発する能力
                  ・国際性
                  多様な価値観を尊重し,異文化のより深い理解に努め,優れたコミュニケーションを図る能力
                  ・国際的に普遍的な価値をもつ知識・技術を自ら創造するとともに,各々の地域の状況に最も相応しい形で適用することができる能力
                  看護学分野の中核人材として,国際社会でリーダーシップを発揮できる能力
                  ・専門性
                  Evidence based nursingを基盤とした深い学識と高度実践能力
                  スペシャリストとして,直面する問題を多角的に分析し,解決する能力
                  専門領域を超え,医療保健福祉チームの一員として協働して働くことができる能力
                  看護の役割拡大に適応できる深い学識と卓越した専門的能力

                  ・病態解析学領域
                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、保健学研究科病態解析学領域は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・保健学研究科に所定の期間在学し、修了に必要な単位を修得して審査に合格すること。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ・人間性
                  豊かな教養と高い倫理性を身につけ、知性、理性及び感性が調和し、自立した医療専門職者として、人々の健康を守るために行動できる。
                  ・創造性
                  伝統的な思考や方法を真摯に学ぶとともに、これらの知識を批判的に継承し、受け継いだ思考や方法の中に新たな課題を発見して創造的に解決できる。
                  ・国際性
                  多様な価値観を尊重し、異文化のより深い理解に努め、優れたコミュニケーション能力を発揮できる。国際的に普遍的な価値を持つ知識・技術を自ら創造するとともに、各々の地域の状況に最も相応しい形で適用することができる。
                  ・専門性
                  それぞれの職業や学問分野において、深い学識と卓越した専門的能力を備える。さらに、専門領域を超え、医療保健福祉チームの一員として協働して働くことができる。

                  ・リハビリテーション科学領域
                  神戸大学のディプロマ・ポリシーに基づき、保健学研究科リハビリテーション科学領域は以下に示した方針に従って修士(保健学)の学位を授与する。
                  ・保健学研究科に所定の期間在学し、修了に必要な単位を修得して審査に合格する。
                  ・修了までに、保健学研究科のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、本研究科生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ・人間性
                  豊かな教養と高い倫理性を身につけ、知性、理性及び感性が調和し、人々の健康を守るために行動できる能力。
                  ・創造性
                  伝統的な思考や方法を真摯に学ぶとともに、これらの知識を批判的に継承し、受け継いだ思考や方法の中に新たな課題を発見して創造的に解決できる能力。
                  ・国際性
                  多様な価値観を尊重し、異文化のより深い理解に努める優れたコミュニケーション能力を発揮し、国際的に普遍的な価値を持つ知識・技術を自ら創造するとともに、各々の地域の状況に最も相応しい形で適用することができる能力。
                  ・専門性
                  リハビリテーション科学において、深い学識と卓越した専門的研究能力を備える。さらに、専門領域を超え、人々の健康を守り行動するチームの一員として協働できる能力。

                  ・パブリックヘルス領域
                  神戸大学のディプロマ・ポリシーに基づき、保健学研究科パブリックヘルス領域は以下に示した方針に従って修士(保健学)の学位を授与する。
                  ・保健学研究科に所定の期間在学し、修了に必要な単位を修得して審査に合格すること。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、保健学研究科パブリックヘルス領域の学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ・人間性
                  豊かな教養と高い倫理性を身につけた保健医療専門職者として自立できる能力
                  幅広く深い教養と総合的な判断力を持ち他分野の人々と協働して地域や国際社会の健康課題を解決する能力
                  公衆衛生活動の理念、公衆衛生活動の実施に必要なコミュニュケーションおよびマネージメント能力
                  ・創造性
                  保健・医療・福祉の現場において地域の健康課題を創造的に解決する能力
                  地域社会を基盤とした医療・保健システムの開発と科学的根拠に基づいて新しく健康保持をデザインする能力
                  専門知識・技術を基本として、国際保健の現場における課題を見い出し、柔軟に対応できる能力
                  ・国際性
                  異文化の多様性を受容するとともに,多分野にまたがる地球的課題を理解する能力
                  国際的な視野をもち、世界各国における健康水準格差を把握し、その要因を解明する能力
                  国際的な諸問題に積極的に取り組み、共同研究や活動に参画できる能力
                  ・専門性
                  科学的思考力と倫理観に根ざす地域保健及び国際保健の実践を展開できる能力
                  地域保健及び国際保健に従事する上で必要な高い学識・技術・応用力を備え研究活動を行う能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野