ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(保健学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学科 4年 学士(看護学)、学士(保健衛生学)、学士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  看護学専攻
                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、医学部保健学科看護学専攻は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。
                  1.「人間性と倫理性」「創造性」「地域性・国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、外国語科目、情報科目、健康・スポーツ科学、高度教養科目及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し、「専門性と協働」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する。(共通専門基礎科目及び学部が開設する高度教養科目を含む)
                  ・人々の生活の質(QOL)の向上をめざし、幅広い知識と確かな技術・豊かな感性を備えて看護実践する能力を身につけることができるよう国際保健、災害保健などの高度教養科目、現代医療と生命倫理などの共通特論、看護原論、ひとと環境、などの講義科目、生活援助技術演習、治療援助技術演習、リフレクション演習、看護実践統合演習などの演習科目、看護実践基盤実習、看護実践展開実習などの実習科目、看護研究方法論、卒業研究を開設する。
                  ・医療の基礎学力と専門知識を習得した看護専門職者として、保健医療福祉チームにおいて協働する能力を身につけることができるようIPW概論、保健学初年次セミナーなどの共通特論、初期体験実習、IPW統合演習などの高度教養科目、病理学、健康と栄養、薬と生体反応、身体の仕組みと働きなどの講義科目、解剖学演習、フィジカルアセスメント演習などの演習科目、看護実践基盤実習、看護実践展開実習などの実習科目を開設する。
                  ・科学的・論理的思考力、実行力、コミュニケーション能力を持ち、リーダーシップを発揮する能力を身につけることができるよう保健学初年次セミナー、初期体験実習などの共通特論、災害保健、国際保健、IPW統合演習などの高度教養科目、統計学、病理学、保健行政論、生化学、援助過程論、症状マネージメント論などの講義科目、リフレクション演習、看護実践統合演習などの演習科目、看護実践基盤実習、看護実践展開実習などの実習科目、看護研究方法論、卒業研究を開設する。
                   なお、これらの科目は、講義・演習・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  検査技術科学専攻
                  神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、保健学科検査技術科学専攻は以下に示した方針に則りカリキュラムを編成する。
                  1.「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、高度教養科目、外国語科目、初年次セミナー、キャリア科目、情報科目、健康・スポーツ科学及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し、「専門性と協働」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する。(共通専門基礎科目及び学部が開設する高度教養科目を含む)
                  ・「高度の専門知識と検査技術」を身につけることができるよう現代医療と生命倫理、初期体験実習、IPW 概論などの共通特論、IPW 統合演習(高度教養科目)、解剖学、生理学、生化学、統計学、病理学、免疫学、分子生物学概論、公衆衛生学、臨床血液学、臨床細菌学、臨床検査医学、遺伝子・染色体検査学、生理機能検査学、ウイルス検査学、臨床細菌検査学などの講義科目、生理学実習、解剖学実習、公衆衛生学実習、臨床化学実習、臨床免疫学実習、臨床血液学実習、臨床生理学実習、病理組織細胞学実習、ウイルス検査学実習などの実習科目、検査統合演習、検査情報解析学演習などの演習科目を開設する。
                  ・「社会の第一線で活躍しうる研究・教育活動」を身につけることができるよう災害保健(高度教養科目)、保健行政論(講義科目)、原書講読、卒業研究を開設する。
                  ・「技術及び機器の研究開発」を身につけることができるよう検査管理総論、機器分析学、検査機器学、生体情報計測学、医療システム論などの講義科目、機器分析学実習、生体情報計測学実習などの実習科目を開設する。
                  ・「国際学術交流への貢献」を身につけることができるよう国際保健、国際感染症論などの高度教養科目、ウイルス学、国際情報検索などの講義科目を開設する。
                   なお、これらの科目は、講義・演習・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  理学療法学専攻
                  神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、保健学科検査技術科学専攻は以下に示した方針に則りカリキュラムを編成する。
                  1.「人間性と倫理性」「創造性」「地域性・国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、外国語科目、情報科目、健康・スポーツ科学、高度教養科目及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し、「専門性と協働」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する。(共通専門基礎科目及び学部が開設する高度教養科目を含む)
                  ・幅広い領域にわたる医学と理学療法関連科学の基礎を学び、標準的な理学療法学の理論と技術を修得する能力を身につけることができるよう保健学初年次セミナー、地域看護学概論、保健医療福祉論、保健行政論、国際保健、災害保健などの幅広い保健に関する講義、解剖学、運動学、人間発達学、生理学、病理学といった基礎医学に関する講義と実習、内部障害学、小児疾病論、外科学概論、移植管理学、整形外科学、スポーツ医学、臨床神経学、精神医学といった臨床医学に関する講義、初期体験実習、IPW 概論、IPW 統合演習を通じたチーム医療に関する科目を開設する。
                  ・最新の理学療法領域関連やリハビリテーションに関する情報を学び、それらに関わる歴史的経緯や科学的検証・根拠を理解する能力を身につけることができるよう理学療法評価学、物理治療学、義肢・装具学、日常生活活動学、筋・骨格系障害理学療法学、神経系障害理学療法学、内部障害理学療法学、発達障害理学療法学などの講義と実習、理学療法地域医療実習、臨床実習Ⅰ、臨床実習Ⅱ、臨床実習Ⅲ、臨床実習Ⅳなどの病院内外での実習、理学療法研究法、理学療法研究法演習、卒業研究といった科目を開設する。
                   なお、これらの科目は、講義・演習・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習など適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  作業療法学専攻
                  神戸大学のカリキュラム・ポリシーに基づき、医学部保健学科作業療法学専攻は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。
                  1.「人間性と倫理性」「創造性」「地域性・国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、高度教養科目、外国語科目、情報科目、健康・スポーツ科学及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.深い学識を涵養し、「専門性と協働」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する。(共通専門基礎科目及び学部が開設する高度教養科目を含む)
                  ・医療・保健・福祉など各分野における高度な作業療法学の専門的知識および技術を習得するために主体的かつ継続的に学習する能力を身につけることができるよう国際保健、リハビリテーション工学・福祉用具学などの高度教養科目、初期体験実習、現代医療と生命倫理などの共通特論、作業療法概論、基礎作業学、身体障害作業療法学、精神保健作業療法学Ⅰ・Ⅱ、発達障害作業療法学などの講義科目、基礎作業学実習Ⅰ・Ⅱ、身体障害作業療法学実習Ⅰ・Ⅱ、精神保健作業療法学Ⅰ・Ⅱ実習、発達障害作業療法学実習Ⅰ・Ⅱ、臨床実習Ⅰ~Ⅴなどの実習科目、卒業研究などを開設する。
                  ・高度な医療専門職として、チーム医療の現場で関連職種との優れたコーディネート能力を発揮し、協働する能力を身につけることができるよう災害保健、IPW統合演習などの高度教養科目、保健学初年次セミナー、IPW概論などの共通特論、リハビリテーション概論、解剖学Ⅱ・Ⅲ、病理学Ⅰ・Ⅱ、精神医学Ⅰ・Ⅱ、在宅援助論などの講義科目、作業療法フィールド実習、リハビリテーション工学・福祉用具学実習、作業療法統合実習などの実習科目を開設する。
                   なお、これらの科目は、講義・演習・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   神戸大学医学部保健学科は、「真摯・自由・協同」の精神の下、高い倫理観と科学的視点を持ち、高度な専門的知識・技能を身につけた医療人を養成するために、保健医療・健康科学に関する卓越した教育を提供することを基本理念としている。また、旺盛な探究心と創造性を身につけ、将来、それぞれの専門領域における指導者として、国際的に活躍できる人材の育成を目的とする。

                   この目的を達成するため、以下に示した方針に従って学士の学位を授与する。

                   学位:学士(看護学)

                   看護学専攻
                   神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、医学部保健学科看護学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・本学部保健学科看護学専攻に4年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーが定める能力に加え、卒業までに、本学部保健学科看護学専攻学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
                    「人間性と倫理性」
                     ・豊かな人間性と教養を持ち、保健医療における高い倫理性、柔軟性、協調性、当事者性を身につけた看護専門職者となるための基礎的能力
                     ・ひととして、看護専門職者として生涯成長していく能力
                    「創造性」
                     ・論理的に事象を解釈し、ケアリングの視点を持ち、よりよいケアを創造する能力
                     ・主体的・自律的に行動し、看護の独自性・専門性を探求する能力
                    「地域性・国際性」
                     ・多様な文化・価値観を尊重し、地域・国際社会で活躍する基礎的能力
                     ・地域・国際社会における多彩なWell-beingと健康課題に関心をもち探求する能力
                    「専門性と協働」
                     ・人々の生活の質(QOL)の向上をめざし、幅広い知識と確かな技術・豊かな感性を備えて看護実践する能力
                     ・医療の基礎学力と専門知識を習得した看護専門職者として、保健医療福祉チームにおいて協働する能力
                     ・科学的・論理的思考力、実行力、コミュニケーション能力を持ち、リーダーシップを発揮する能力


                   学位:学士(保健衛生学)
                   
                   検査技術科学専攻
                   神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、保健学科検査技術科学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・本学部保健学科検査技術科学専攻に4年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、卒業までに、本学部保健学科検査技術科学専攻学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。  
                    「人間性と倫理観」
                     ・医療チーム・研究チーム・教育チームの一員として卓越した人間性を備え、高い倫理観にもとづいた行動により、社会の第一線で活躍しうる臨床・研究・教育活動の能力
                    「創造性」
                     ・進取の気質と問題解決に対する柔軟な想像性を身につけ、社会に貢献できる新たな技術や機器開発に取り組む能力
                    「地域性・国際性」
                     ・疾病の診断・早期発見・治療評価や健康状態の把握に対して、地域医療の中心を担う能力
                     ・国際的な視野から検査技術と医療を俯瞰し、英語を用いて学術的に適切な情報収集と発表を行い、第三者と良好な意思疎通がはかれる能力
                    「専門性と協働」
                     ・医療検査技術についての高度の専門知識と検査技能を得るための主体的学習能力
                     ・医療従事者・自然科学研究者と協調して人間福祉の向上に寄与する能力


                   学位:学士(保健学)

                   理学療法学専攻
                   神戸大学のディプロマ・ポリシーに基づき、医学部保健学科理学療法学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・本学部保健学科理学療法学専攻に4年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、卒業までに、本学部保健学科理学療法学専攻学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
                    「人間性と倫理性」
                     ・豊かな人間性と保健医療における高い倫理性を身につけた保健医療専門職者として臨床に携わる能力
                    「創造性」
                     ・標準的な理学療法の理論と技術を修得し、旺盛な探究心と創造力に加えて、課題を設定し解決することにより、理学療法とその関連分野の未来を創造する能力
                     ・先人の知識を尊重し、基礎・臨床研究を通じてエビデンスを創造する能力
                    「地域性・国際性」
                     ・多様な地域課題を把握し、貢献するための社会性を備えた能力
                     ・理学療法の理論と技術を通じて、国際的に活躍できるための基礎的な能力
                    「専門性と協働」
                     ・医療の基礎学力と高度な専門知識を習得した専門職として、対象者や他専門職と相互に信頼し、良好な人間関係を築くことにより保健医療福祉チームにおいて協働できる能力


                   学位:学士(保健学)

                   作業療法学専攻
                   神戸大学のディプロマ・ポリシーに基づき、医学部保健学科作業療法学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・本学部保健学科作業療法学専攻に4年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、卒業までに、本学科学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
                    「人間性と倫理性」
                     ・作業療法専門職としての豊かな人間性と高い倫理観を身につけ、社会の発展に積極的に寄与する能力
                     ・個々人の人権を尊重し、深い共感性を持って、対象となる方々の特性を理解し、自立に向けた支援を提供する能力
                    「創造性」
                     ・探究心と創造力を持って課題を設定し、解決できる実践的な能力
                     ・問題を解決するために、科学的な分析・考察をし、論理的に考える能力
                    「地域性・国際性」
                     ・幅広い視野を持ち、作業療法に関わる専門的知識を活用して多職種連携により地域社会へ貢献できる能力
                     ・グローバルな視点で自らの課題を整理・理解するとともに、的確なプレゼンテーション、円滑なコミュニケーションをする能力
                    「専門性と協働」
                     ・医療・保健・福祉など各分野における高度な作業療法学の専門的知識および技術を習得するために主体的かつ継続的に学習する能力
                     ・高度な医療専門職として、チーム医療の現場で関連職種との優れたコーディネート能力を発揮し、協働する能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野