ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  法学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  以下の専攻については、既に募集を停止しております。

                  ■政治学専攻
                  2018年4月1日に専攻改組により募集停止、現法学政治学専攻へ。

                  ■理論法学専攻
                  2018年4月1日に専攻改組により募集停止、現法学政治学専攻へ。

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  法学政治学専攻 2年 修士(法学)、修士(政治学)
                  理論法学専攻 2年 修士(法学)
                  政治学専攻 2年 修士(政治学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、法学研究科は以下に示した方針に従ってカリキュラムを編成する。

                  研究者コース
                  特殊講義・外国文献研究を通じて、国内外の大学等の研究・教育機関において理論法学および政治学の諸分野の研究・教育に従事する者としての基礎的な能力を修得する。演習を通じて、修士論文を執筆するための研究指導を受ける。
                  社会人コース
                  特殊講義・外国文献研究を通じて、現代社会の変化によって生じている新たな法および政治上の問題に対する応用的・実際的・総合的な解決能力を修得する。演習を通じて、修士論文またはリサーチペーパーを執筆するための研究指導を受ける。
                  専修コース
                  特殊講義・外国文献研究を通じて、学部段階よりも高度な法学・政治学の知識および豊かな問題解決能力を修得する。演習を通じて、修士論文またはリサーチペーパーを執筆するための研究指導を受ける。
                  3-1-4 GMAP in Law コース
                  ①社会科学基礎科目を通じて、法学・経済学・経営学の基礎的学力を身に付ける。②法律英語入門科目を通じて、英語読解能力および英会話能力を身に付ける。③選択科目を通じて、国際ビジネス法の理論的および実践的問題を幅広く検討し、理解する。④実務実習(海外インターンシップ)を通じて、英語で法律実務・ビジネス実務に従事する能力を身に付ける。⑤演習を通じて、修士論文またはリサーチペーパーを執筆するための研究指導を受ける。
                  法曹リカレントコース
                  特殊講義・外国文献研究を通じて、より専門的・先端的な法分野で活躍できる職業法曹としての能力を修得する。演習を通じて、修士論文またはリサーチペーパーを執筆するための研究指導を受ける。

                   また、研究科共通カリキュラムとして、指導教員による個別指導に加え、コース・プロジェクト・分野毎の集団指導体制を取り入れることにより、高度な専門性の上に立った領域横断的な研究を行う能力を体系的に育成する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  神戸大学大学院法学研究科法学政治学専攻は、開放的で国際性に富む文化の下、体系的な教育課程を通じ高度に専門的な法学・政治学の知識を提供することによって、法学・政治学の領域の研究者を養成すること、高度化・複雑化する現代社会において専門知識を用いて問題を解決する能力を持つ職業人を養成すること、急速に変化する社会において新しい問題に直面している社会人・職業法曹に対し継続教育を行うことを目的とする。
                  この目的の達成に向け、倫理観・責任感を持って研究を遂行できるよう、国際的に卓越した教育を提供し、それぞれのプログラムに関する以下の方針に従って、学位を授与する。
                  法学研究科博士課程前期課程には、研究者養成プログラム、高度社会人養成プログラム、グローバルマスタープログラム(GMAP)、法曹リカレントプログラムが置かれている。
                  本研究科が各プログラムに掲げている教育目的は次のとおりである。

                  研究者養成プログラム
                  日本内外の大学等の研究・教育機関において研究・教育に従事する、次世代の研究者を養成することを目的とする。

                  高度社会人養成プログラム
                  昨今の国内外社会の急速な情報化、高度化、流動化に伴い、社会における問題も多様化、複雑化していることを受けて、学部段階以上の法学・政治学の知識の会得、問題解決能力の涵養を目的とする。

                  グローバルマスタープログラム(GMAP: GMAP in Law)
                  国際ビジネスの世界では、専門知識に加えて、すべて英語で仕事をこなすことが求められる。このプログラムは、専門教育に加えて、英語での実務的能力を育成し、国際ビジネス法律家として社会で活躍できる人材の育成を目的とする。

                  法曹リカレントプログラム
                  職業法曹等の資格を有する者を受け入れ、専門的・先端的な領域における教育と研究を通じ、より専門性の高い分野で活躍できる人材の育成と継続教育を目的とする。


                  学位:修士(法学),修士(政治学)

                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、法学研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  •本研究科に2 年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
                  ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
                  •修了までに次の学修目標を達成すること。


                  研究者養成プログラム
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、国内外の大学等の研究・教育機関において法学・政治学の諸分野の研究・教育に従事する者としての基礎的な能力を有する。

                  高度社会人養成プログラム
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、現代社会の変化によって生じている新たな法および政治上の問題に対する応用的・実際的・総合的な解決能力を有するとともに、学部段階よりも高度な法学・政治学の知識を有し、豊かな問題解決能力を有する。

                  グローバルマスタープログラム(GMAP)
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、国内外のビジネス界において英語で法律実務・ビジネス実務に従事する能力を有する。

                  法曹リカレントプログラム
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、より専門的・先端的な法分野で活躍できる職業法曹としての能力を有する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野