ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  ここから大学情報です
                  お気に入りリスト一覧へ

                  基本情報

                  ■兵庫県立大学創立の基本理念

                  ◆基本目標
                   統合による相乗効果と総合大学のもつ利点・特徴を最大限に生かし、異分野間の融合を重視した教育と研究を行い、独創的・先駆的な研究を推進して「新しい知の創造」に全力を尽くすとともに、新しい時代の進展に対応し得る確固たる専門能力と幅広い教養とを備えた人間性豊かな人材の育成に努め、地域の発展と我が国の繁栄、ひいては世界・人類の幸せに貢献し得る大学となることを目指します。

                  ◆目指す大学像
                  1.教育の成果を誇りうる人間性豊かな大学
                   いのちの尊重に根ざした豊かな人間性とともに、幅広い教養や専門知識・技能を含めた課題探究能力とグローバル・リテラシー(国際対話能力)を備えた、地域や国際社会で活躍できる創造力と自律性を有する人材を育成し、教育の成果を誇り得る大学を目指します。

                  2.先導的・独創的な研究を行う個性豊かな大学
                   兵庫県に存する高度な研究基盤を生かした先導的・創造的な研究を、県内に集積する様々な分野の研究機関等との連携の中で進め、研究成果を広く地域社会や国際社会に還元することを通じて、世界に向けて発信できる独自性の高い研究を行う個性豊かな大学を目指します。

                  3.世界に開かれ、地域とともに発展する夢豊かな大学
                   県民の生涯学習ニーズこたえ、大学の教育・研究機能を広く開放するなど地域社会の発展に貢献するとともに、県内に集積する科学技術関連機関や企業等とも連携を図りながら、新産業の創造や地域経済の振興に寄与します。更に、教育研究の国際交流を進め世界に向けた学術文化の発信に努め、世界に開かれ、地域とともに発展する大学を目指します。

                  大学の基本情報

                  大学名
                  兵庫県立大学
                  本部所在地
                  兵庫県神戸市西区学園西町8-2-1 
                  設立年(設置認可年)
                  2004
                  大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
                  078-794-6580
                  大学の種類
                  公立・大学(大学院大学を含む)
                  総学生数(学部)
                  5,426人
                  総学生数(大学院)
                  1,119人
                  総教員数(本務者)
                  519人

                  大学の教育研究上の目的や建学の精神

                  ◆教育研究上の目的
                   学術の中心として、豊かな教養をはぐくむとともに、深く専門の学芸を教育研究し、地域社会や国際社会の発展に寄与し得る創造力を持つ人間性豊かな人材の育成に努めるとともに、学術的な新知見を国内外に発信して地域の活性化と我が国の発展、ひいては世界人類の幸せに貢献することを目的とします。

                  ◆育成する人材像
                   豊かな人間性と公共の精神とともに、幅広い教養や専門知識・技能を含めた課題探究能力とグローバル・リテラシー(国際対話能力)を備えた、兵庫県をはじめとする地域や国際社会で活躍できる創造力と自律性を有する人材の育成をめざします。

                  ■大学全体の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  <知識・技能>
                  1.幅広い教養を有し、学士として専門知識を有している
                  2.阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、地域社会や国際社会の諸課題を認識・理解している
                  3.語学力を活用したコミュニケーション・プレゼンテーション能力を有している
                  4.情報技術、情報リテラシーを有している

                  <思考力・判断力・表現力>
                  5.創造力と自律性を有し、グローカルな思考によって、地域の発展や課題解決に取り組むことができる
                  6.必要な情報を収集・分析・活用し、論理的思考、批判的思考、創造的思考を用いて問題を解決することができる

                  <主体性・多様性・協調性>
                  7.自己を明確に表現し、相手の立場も理解できる高度なコミュニケーション力を有している
                  8.豊かな人間性と公共の精神を備え、倫理観、コンプライアンス意識や、他者の立場を理解する共感力を有している
                  9.社会の諸課題に関心を持ち、課題解決に主体的に取り組もうとする姿勢を有している

                  続きを読む… 折り畳む

                  大学の特色等

                   それぞれに歴史と伝統を持つ神戸商科大学、姫路工業大学、兵庫県立看護大学の県立3大学が統合し、2004年4月に兵庫県立大学は開学しました。統合による相乗効果と総合大学ならではのメリットを活かし、文系・理系を合わせた異分野間の融合を重視した独自の教育と研究を行い、独創的で先駆的な視点での「新しい知の創造」を進めています。

                  ◆生命理学、ナノマイクロ、災害看護等の領域で、先端的な教育研究を進めています。播磨科学公園都市の大型放射光施設SPring-8、自由電子レーザーSACLA、それに神戸ポートアイランドのスーパーコンピュータ「京」を活用できる環境が大きな魅力です。
                  ◆英語で専門科目を学ぶ国際キャリアコース(経済学部)をはじめ、実践的英語教育に取り組んでいる学部横断プログラムの「グローバル教育ユニット」、全キャンパスでアジア諸国等との交流、学生の相互研修プログラム等、グローバル社会で自立できる高度な人材の育成に力を入れています。

                  <兵庫県立大学の特色ある大学づくり>
                  ■教育 ~次代を支え、挑戦する人材を育成~
                  ○グローバル社会で自立できる高度な人材を育成・・・グロバールリーダー教育プログラムの推進、災害看護グローバルリーダー養成プログラムの実施
                  ○兵庫の強みを活かした特色ある教育を展開・・・地域創生人材教育プログラムの推進
                  ■研究 ~世界へ発信し地域に貢献する研究を推進~
                  ○高度な研究基盤を活用した先端研究を推進・・・医・産・学連携拠点の形成、計算科学連携センターの充実、中型放射光施設ニュースバル、金属新素材研究センターの整備、天文科学センターの研究推進
                  ○地域資源を生かした地域に貢献する研究を推進・・・地域資源マネジメント研究科
                  ■社会貢献 ~地域再生の核として社会に貢献~
                  ○地域を知り、地域の課題を解決・・・自治体、地域団体等との連携
                  ○産学公連携活動を通じて地域社会に貢献・・・産学連携・研究推進機構等を通じたものづくり・ビジネスづくり
                  ■学際的で多彩な大学院研究科でさらなる学びが可能

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育研究上の基本組織

                  全てを表示する 折り畳む

                  学部(短期大学の場合は学科)
                  経済学部
                  経営学部
                  工学部
                  理学部
                  環境人間学部
                  看護学部

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  研究科
                  経済学研究科(博士前期課程)
                  経済学研究科(博士後期課程)
                  経営学研究科(博士後期課程)
                  工学研究科(博士前期課程)
                  工学研究科(博士後期課程)
                  物質理学研究科(博士前期課程)
                  物質理学研究科(博士後期課程)
                  生命理学研究科(博士前期課程)
                  生命理学研究科(博士後期課程)
                  生命理学研究科(一貫制博士課程)
                  環境人間学研究科(博士前期課程)
                  環境人間学研究科(博士後期課程)
                  看護学研究科(博士前期課程)
                  看護学研究科(博士後期課程)
                  看護学研究科(一貫制博士課程)
                  応用情報科学研究科(博士前期課程)
                  応用情報科学研究科(博士後期課程)
                  シミュレーション学研究科(博士前期課程)
                  シミュレーション学研究科(博士後期課程)
                  地域資源マネジメント研究科(博士前期課程)
                  地域資源マネジメント研究科(博士後期課程)
                  減災復興政策研究科(修士課程)
                  会計研究科(専門職学位課程)
                  経営研究科(専門職学位課程)
                  緑環境景観マネジメント研究科(専門職学位課程)

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  その他の学内組織
                  政策科学研究所
                  高度産業科学技術研究所
                  自然・環境科学研究所
                  地域ケア開発研究所
                  総合教育機構
                  国際交流機構
                  学生支援機構
                  産学連携・研究推進機構
                  地域創造機構
                  学術総合情報センター

                  キャンパス一覧

                  キャンパスの外観1

                  評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

                  全てを表示する 折り畳む

                  評価機関評価年月
                  大学機関別認証評価独立行政法人大学改革支援・学位授与機構2017年3月
                  評価機関評価年月
                  平成27 年度の取組及び公立大学法人移行後3 年間の取組に対する評価兵庫県公立大学法人評価委員会2016年8月
                  評価機関評価年月
                  経営系専門職大学院認証評価【会計研究科】公益財団法人大学基準協会2016年4月
                  評価機関評価年月
                  平成26事業年度に係る業務の実績に関する評価兵庫県公立大学法人評価委員会2015年8月
                  評価機関評価年月
                  平成25事業年度に係る業務の実績に関する評価兵庫県公立大学法人評価委員会2014年8月
                  評価機関評価年月
                  経営系専門職大学院認証評価【経営研究科】公益財団法人大学基準協会2014年4月
                  評価機関評価年月
                  大学機関別認証評価独立行政法人大学評価・学位授与機構2010年3月

                  学生支援

                  修学支援

                  ◆学部等の特性に応じて、クラス担任制やゼミへの配属により、担当教員による学生の相談等を行っています。1年生には、大学での勉学の基礎を指導する「基礎ゼミナール」を実施しており、学習上の能力や問題点、要望の的確な把握やきめの細かい助言や支援を行っています。
                  ◆オフィスアワーの設定や教員の連絡方法も公開し、相談を受ける機会を設けています。
                  ◆経済的な事情により、授業料の納付が困難な学生に対し、授業料を減額又は免除する制度を設けています。

                  心身の健康に係る支援

                  ◆心身ともに健康な学生生活を送れるよう、学業や大学生活についての相談や病気怪我の応急措置などに対応するため、各キャンパスに保健室等のケア施設を設けています。
                  ◆心の悩みに対しても、臨床心理士による定期的なカウンセリングを各キャンパスで行っています。

                  留学生支援

                  ◆不慣れな日本での大学生活での悩みごと、困りごとなどの解決に繋がるよう、国際交流員を配置し、中国語、英語での相談に応じるほか、複数のキャンパスで実施する「巡回相談」や大学本部での「交流ランチ」「留学生バスツアー」の開催などを通じて、より気軽に相談や交流に参加できる機会を提供しています。

                  留学生支援(日本人学生への支援)

                  ◆留学生も含めた本学学生、教職員が「国際交流」をテーマに互いに語らい、学び合う空間である「国際交流サロン」を配置し、留学を希望する学生に対して、国際交流員が留学情報の提供や相談に応じています。

                  障害者支援

                  ◆個々の障害特性を踏まえた対応について、担任教員や保健室職員、キャンパス担当職員等が連携しながら実施しています。

                  就職・進路選択支援

                  ◆各キャンパスにキャリアセンターを設置し、就職担当教員、就職支援コーディネーター、アドバイザー等による個別相談や模擬面接等を随時実施し、皆さんの就職支援活動に積極的に取り組んでいます。
                  ◆キャリアセンターでは、就職支援用のパソコンを設置するとともに、求人情報等の各種就職情報を提供しています。
                  ◆毎年、合同企業等説明会や業界・企業研究会をキャンパス等で実施しています。

                  課外活動

                  クラブ活動の状況

                  ボランティア活動の状況

                  学生寮一覧

                  学生寮の有無
                  所在地
                  学生寮からキャンパスへのアクセス
                  定員
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)
                  入寮条件
                  特色

                  播磨理学キャンパスにある学生寮(西播磨学生寮、黎明寮、西播磨学生寮C棟)については、大学HPをご覧ください。

                  全て表示 折り畳む

                  ■大学全体の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  ●求める学生像
                  1.兵庫県立大学の各学部・研究科の理念と教育(目標・内容)を十分に理解している人
                  2.次代を担う、社会に貢献する等の目的意識を持って自らの能力を伸長しようとする勉学意欲にあふれた人
                  3.論理的思考や表現力など、志望する専門分野にふさわしい適性を有する人

                  ◆アドミッション・ポリシー
                  <知識・技能>
                  1.高等学校卒業レベル、研究科においては学士課程修了レベルの幅広い知識と教養を身につけている
                  2.各学部の一般入試の出題教科(大学入試センター試験・個別学力検査)を履修し、身につけている。研究科においては学士相当の専門的な知識を身につけている
                  3.外国人留学生については上記に加え、兵庫県立大学の教育に対応できる(日本語能力等)

                  <思考力・判断力・表現力>
                  4.知識・技能を活用して自ら課題を発見し、その解決に向けて探究し、成果等を表現できる
                  5.幅広い知識と教養、柔軟な思考力に基づく判断力や創造力、コミュニケーション能力を有する

                  <主体性・多様性・協調性>
                  6.公共の精神や人権尊重の精神に基づき、よりよい社会づくりに向けて主体的に行動できる
                  7.震災の教訓を踏まえ、地域の人々と手を携えながら地域の発展に貢献する意欲がある
                  8.異なる文化や価値観を理解し、国際社会の発展に貢献する意欲がある

                  続きを読む… 折り畳む

                  ■大学全体の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ◆全学共通教育
                   主として1年次を対象に、東地区、西地区の各共通キャンパスで以下の共通教育科目を設置する。
                  1.コミュニケーション能力を向上するための「英語コミュニケーション科目」と「情報関連科目」からなるグローバル・コミュニケーション科目を設置する
                  2.幅広い教養や豊かな人間性を養い、社会における様々な課題への関心と課題探究力を高めるための「共通教養科目」「課題別教養科目」「基礎ゼミナール」からなる教養科目を設置する
                  3.各学部の専門基礎科目の中から学生が自分の専攻以外の授業も選択して履修するための他専攻科目を設置する

                  ◆学部専門教育
                  学士課程における専門教育カリキュラムを学部学科、または専攻コースごとに編成する。
                  1.専門教育科目の理解に備えるため、各学部に、専門教育への導入部としての専門基礎科目、または専門教育と共通教育を媒介する専門関連科目を設ける
                  2.深い学識を涵養し、専門的技能や能力を育成するため、専門教育科目を設ける
                  3.専門知識の修得を確実にし、論理的思考力や創造的思考力を育成するため、卒業研究を目的とする専門演習を設ける

                  ◆特別教育プログラム
                  全学横断の特別教育プログラムをテーマ別に設置する。
                  1.地域に根差した公立大学として、地域志向教育プログラムを設置する
                  2.グローカルな思考力、コミュニケーション能力を育成するためグローバル教育プログラムを設置する
                  3.阪神・淡路大震災の教訓をふまえ、防災教育プログラムを設置する

                  続きを読む… 折り畳む

                  ◆附置研究所と●全学機構
                   最先端の研究を展開する4つの附置研究所を備え、充実した環境の中、時代を担う最新の研究に取り組んでいます。また、教育改革や就職支援、産学連携・研究活動、地域貢献活動、国際交流などを推進するため全学機構を設置しています。

                  ◆政策科学研究所・・・進化する政策科学を通じた社会イノベーションのために。
                   政策科学研究所は、発展著しいアジア経済との連携を視野に、多様な課題に直面する地域再生問題やグローバルな展開に挑戦する地域産業・企業の支援を行うため、平成22年(2010年)に設置されました。本研究所では、社会イノベーションに関わる先端的研究群とコミュニティ再生や地域産業活性化を狙いとする地域共同型研究群とを相互に結びつけながらプロジェクトを実施することで、地域の課題解決・地域社会創造に向けた政策提言を行っています。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/academics/research/seisaku/index.html

                  ◆高度産業科学技術研究所・・・光科学技術を中心とした先端的かつ独創的な研究を推進し、新しい産業科学技術基盤の創造を図ります。
                   本研究所には、2つの大講座で5つの専門分野および2つの研究開発センター(極端紫外線リソグラフィ、LIGAプロセス)が設置されています。研究所の主要な研究設備は、1.5GeVの電子蓄積リングをもつニュースバル放射光施設です。これをSPring-8サイトに設置・運営し、2000年より放射光利用研究を行っています。理研、JASRIとも連携をしています。
                   ニュースバル放射光施設では軟X線から真空紫外領域の光を利用することができます。これらの光を用いて、放射光源の研究開発、次世代半導体製造技術である極端紫外線リソグラフィ、新材料創製、放射光材料分析、LIGAによるナノ・マイクロシステム等の、産業展開に向けた世界最先端の研究・開発を産学官との連携により進めています。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/academics/research/sangyo/index.html

                  ◆自然・環境科学研究所・・・実践の現場を担うなかで、具体的な地域課題の解決に向けた高度な学術研究とその成果にもとづいた地域貢献のモデル構築をめざします。
                   私たちの日常活動そのものが地球環境に影響を及ぼすようになった現代では、「自然に調和した人間生活のあり方」を科学的に探る新しい学際的な学問領域の創造が大学に求められています。当研究所では、「自然のしくみ」と「人と自然のかかわり」の解明を基盤研究とし、地域課題の解決に向けた実践的な研究を進めています。すべての教員が、兵庫県の基幹プロジェクト施設のスタッフを兼務するスタイルは全国に例を見ない「大学による地域貢献の新しいモデル」となっています。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/academics/research/kankyo/index.html

                  ◆地域ケア開発研究所・・・人々の命と暮らしをサポートする看護ケアの創造に取り組んでいます。
                   少子高齢化の時代、人々の健康を守り地域での生活を支えるケアやケア提供のための仕組み作りにつながる看護学の研究が求められています。地域ケア開発研究所は、このような研究を推進するために、災害看護や国際看護に関する実践・研究を行う『広域ケア開発研究部門』、「まちの保健室」活動を中心とした『地域ケア実践研究部門』、科学的根拠に基づく看護・助産ケア方法の開発等を行う『周産期ケア研究部門』の3部門で活動しています。
                   これら各部門の研究活動は、研究所の教職員に加え看護学部・看護学研究科の教員や学生、さらには地域の看護職等と連携しながら取り組んでいます。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/academics/research/chiiki/index.html

                  ●総合教育機構
                   全学共通教育の実施および全学的な教育改革への取組を通して、「学士力」の育成を基礎から支えています。また、世界で活躍できるグローバル人材の育成をめざし活発な国際交流活動を行っています。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/campuslife/system/index.html

                  ●学生支援機構
                   学生支援機構では、機構の中に「学生部」と「キャリアセンター」を設置し、学生生活支援及びキャリア形成支援等に関する企画、実施及び総括を行なうなど、学生支援活動の充実と学生生活の向上を図っています。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/campuslife/system/index.html
                   
                  ●産学連携・研究推進機構
                   産学連携・研究推進機構は、兵庫県立大学と産業界等とを結び、研究協力及び学術交流を積極的に推進するとともに、地域社会に開かれた大学として、その知的資産を地域社会に還元し、社会に貢献することを目的としています。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/research/center/index.html

                  ●地域創造機構
                   大学の専門的知見を活用し、地域課題の解決や新たな地域づくりをより一層進めるため、地域の課題(ニーズ)と大学の資源(シーズ)の効果的なマッチングを行い、大学の地域連携活動を推進するとともに、生涯学習事業や地域志向科目(全県キャンパスプログラム)を通じて、兵庫県立大学の社会貢献及び教育をさらに充実させています。
                  http://www.u-hyogo.ac.jp/cooperation/local/index.html

                  続きを読む… 折り畳む