ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   自然科学の基礎である理学諸分野を探究することによって自然認識の深化を図り、もって社会の知的基盤の形成に貢献するための教育研究を行っています。

                  【数学専攻】
                   自然界及び社会現象における数理を探求し、広範な数理現象の解明を目指した教育研究を行うとともに、後期課程においては、数学の各専門分野で自立して研究を行う能力及びその基礎となる豊かな学識又はこれに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。

                  【物理学専攻】
                   宇宙から分子、原子及び素粒子に至る広い範囲にわたって、物質の構造及び機能を根本原理から理解することを目指した教育研究を行うとともに、後期課程においては、物理学の各専門分野で自立して研究を行う能力及びその基礎となる豊かな学識又はこれに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。

                  【化学専攻】
                   新しい物質の創製並びに新しい化学現象及び化学原理の探求を目指した教育研究を行うとともに、後期課程においては、化学の各専門分野で自立して研究を行う能力及びその基礎となる豊かな学識又はこれに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。

                  【生物学専攻】
                   すべての生物に共通する生命の仕組み及び生物界の多様性の成り立ちの解明を目指した教育研究を行うとともに、後期課程においては、生物学の各専門分野で自立して研究を行う能力及びその基礎となる豊かな学識又はこれに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。

                  【惑星学専攻】
                   地球・太陽系・宇宙に係る構造・起源・進化及びそこで生起する諸現象の解明を目指した教育研究を行うとともに、後期課程においては、惑星学の各専門分野で自立して研究を行う能力及びその基礎となる豊かな学識又はこれに加えて高度の専門性を要する職業を担うための能力を持つ優れた人材を養成することを目的としています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                   理学研究科博士課程後期課程では、数学、物理学、化学、生物学、惑星学の各専門分野において高度な専門性と幅広い視野をもち、卓越した創造性と独創性を合わせもつ人材を養成することを目指しています。このため、専門分野における修士相当の基礎学力や研究能力をもち、知的好奇心に富み科学の探究に情熱をもつ人、論理的な思考能力やプレゼンテーション能力に優れた人、さらには、社会において専門知識をさまざまな形で展開する意欲をもつ人を受け入れます。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、理学研究科は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。
                  1.学際的視野に基づいた創造的な研究能力を身につけさせることが出来るよう先端融合科学特論科目を開設する。

                  2.深い学識を涵養し、「専門性」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目を開設する

                  (1)数学専攻
                  後期課程
                  ・数学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身につけることができるよう数学発展科目を開設する。
                  ・現代数学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身つけさせることができるよう数学特別講義科目を開設する。
                  ・数学の研究を自立して行うための能力を身につけることができるよう特定研究科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・演習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
                  学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  (2)物理学専攻
                  後期課程
                  ・物理学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身つけさせることが出来るよう物理学発展科目を開設する。
                  ・現代物理学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身つけさせることが出来るよう物理学特別講義科目を開設する。
                  ・物理学の研究を自立して行うための能力を身に付けさせることができるよう特定研究科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・演習・実験等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
                  学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  (3)化学専攻
                  後期課程
                  ・化学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身つけさせることが出来るよう化学発展科目を開設する。
                  ・現代化学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身つけさせることが出来るよう化学特別講義科目を開設する。
                  ・化学の研究を自立して行うための能力を身に付けさせることができるよう特定研究科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・演習・実験等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
                  学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  (4)生物学専攻
                  後期課程
                  ・生物学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身つけさせることが出来るよう生物学発展科目を開設する。
                  ・現代生物学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身つけさせることが出来るよう生物学特別講義科目を開設する。
                  ・生物学の研究を自立して行うための能力を身に付けさせることができるよう特定研究科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・演習・実験・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
                  学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  (5)惑星学専攻
                  後期課程
                  ・惑星学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力を身つけさせることが出来るよう惑星学発展科目を開設する。
                  ・惑星学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力を身つけさせることが出来るよう惑星学特別講義科目を開設する。
                  ・惑星学の研究を自立して行うための能力を身に付けさせることができるよう特定研究科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・演習・実験・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学習などを適宜組み合わせて行う。
                  学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  神戸大学理学研究科は、自然科学の基礎である理学諸分野を探求することによって自然認識の深化を図り、もって社会の知的基盤の形成に貢献するための教育研究を行う。

                  この目的を達成するため、以下に示した方針に従って学位を授与する。
                  学位:博士(理学)、博士(学術)

                  数学専攻

                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科数学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  •前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
                  •ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
                  •神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ◦学際的視野に基づいた創造的な研究能力
                  ◦数学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
                  ◦現代数学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
                  ◦数学の研究を自立して行うための能力

                  物理学専攻

                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科物理学専攻は以下に示した方針に従って 当該学位を授与する。
                  •前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
                  •ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
                  •神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ◦学際的視野に基づいた創造的な研究能力
                  ◦物理学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
                  ◦現代物理学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
                  ◦物理学の研究を自立して行うための能力

                  化学専攻

                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科化学専攻は以下に示した方針に従って 当該学位を授与する。
                  •前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
                  •ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
                  •神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ◦学際的視野に基づいた創造的な研究能力
                  ◦化学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
                  ◦現代化学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
                  ◦化学の研究を自立して行うための能力

                  生物学専攻

                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科生物学専攻は以下に示した方針に従って 当該学位を授与する。
                  •前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
                  •ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
                  •神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ◦学際的視野に基づいた創造的な研究能力
                  ◦生物学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
                  ◦現代生物学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
                  ◦生物学の研究を自立して行うための能力

                  惑星学専攻

                  神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、理学研究科惑星学専攻は以下に示した方針に従って 当該学位を授与する。
                  •前期課程においては2年以上、後期課程においては3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文の審査及び最終試験に合格すること。
                  •ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
                  •神戸大学のディプロマ・ポリシーで定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
                  ◦学際的視野に基づいた創造的な研究能力
                  ◦惑星学の各研究分野に関連した高度な能力、及びそれを研究に応用する能力
                  ◦惑星学の広範な研究分野を俯瞰し、新たな研究課題の着想に活かす能力
                  ◦惑星学の研究を自立して行うための能力

                  続きを読む… 折り畳む