ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

社会学研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
総合社会科学 3年 博士(社会学)
地球社会研究 3年 博士(社会学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

社会学研究科は、「多彩に広がる社会科学の諸分野において、大きく変化する現代社会の課題に対し多様な視点から知的に対応する、創造力豊かな担い手を育てる」という理念にそって、修士・博士課程を通じて学生が身につけるべき能力(教育目標)として総合性・専門性・人間性・国際性の4点を定め、その教育目標を実現するために、次の方針のもとに教育課程を編成し、実施しています。
1 修士課程では、各分野で先端的な学術研究を担う研究能力と、各分野をリードする高度な専門的職業人としての優れた能力を身につけます。
2 このために、修士課程では、少人数の演習(ゼミナール)を基盤に、それぞれの指導教員のもとで学修・研究を進め、修士論文研究を完成させます。
3 博士後期課程では、専門的教育研究者として自立できる能力と学識あるいは指導的な役割を果たす高度な専門的職業人としての能力と学識を身につけます。
4 このために、博士後期課程では、少人数の演習(ゼミナール)および論文指導委員会を基盤に、博士論文の完成にむけて計画的に研究を進め、学位論文計画書を提出し、博士学位論文を完成させます。
5 本研究科は、大学院教育を学生自身が主体の「キャリアデザインの場」として捉え、学生のキャリア支援を目的とする「研究科共通科目」として、「研究基礎科目」、「高度職業人養成科目」「先端社会科学」の各科目を設置しています。
修士課程・博士後期課程の学生は、これらの科目を履修することで、専門的教育研究者・高度な専門的職業人としての技能や専門的能力を身につけます。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

社会学研究科は、「多彩に広がる社会科学の諸分野において、大きく変化する現代社会の課題に対し多様な視点から知的に対応する、創造力豊かな担い手を育てる」という理念を実現するため、修士・博士課程を通じて学生が身につけるべき能力(教育目標)として、次の4点を定めています。
1 総合性 社会・文化・歴史・自然に関する豊かな教養にもとづき、複眼的視野から問題を発見・思考していく力を備えること
2 専門性 専門的知識と深い思索に裏打ちされた論理的思考と分析能力に基づいて問題の分析・解決にあたる力を備えること
3 人間性 民主主義と人権の意識、それを支える高い倫理性を身につけ、対話から価値を創造するコミュニケーション能力を備えること
4 国際性 多文化・多言語世界の現実と歴史を学び、地球市民としての自覚と教養を備えること
その課程を修了して学位が授与されるためには、学生には以下のことが求められます。
(1) 修士課程にあっては、所定の年限以上在籍して、本研究科がその研究教育の理念と目的に沿って設定した授業科目を履修し、所定の単位を修得し、さらに修士学位論文の審査および最終試験に合格することが課程修了の要件となります。
(2) 修士課程にあっては、専門性と総合性をあわせ持ち、社会の実践的課題の解決をめざして各分野で先端的な学術研究を担う研究能力と、各分野をリードする高度な専門的職業人としての優れた能力を身につけることが、課程修了の目安となります。
(3) 博士後期課程にあっては、所定の年限以上在籍して、本研究科がその研究教育の理念と目的に沿って設定した授業科目を履修し、所定の単位を修得し、さらに博士学位論文の審査および最終試験に合格することが課程修了の要件となります。
(4) 博士後期課程にあっては、専門性と総合性をあわせ持ち、社会の実践的課題の解決をめざして各分野で先端的な学術研究を担い後進を育成する研究者・教育者として自立して活動する優れた能力と学識、あるいは各分野をリードする高度な専門的職業人としての優れた能力と学識を身につけていることが、課程修了の目安となります。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
文化学
地理学
日本史
外国史
文化人類学・民俗学
哲学・倫理・宗教
心理学
政治・政策学
社会学
社会福祉学