ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

経済学研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
経済理論・経済統計 3年 博士(経済学)
応用経済 3年 博士(経済学)
経済史・地域経済 3年 博士(経済学)
比較経済・地域開発 3年 博士(経済学)
総合経済学 3年 博士(経済学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

【修士課程(研究者養成コース)・博士後期課程】
一橋大学大学院経済学研究科(修士課程研究者養成コースと博士後期課程)は、一貫して、経済学とその関連分野における最先端の理論と高度な統計・計量分析スキルを修得し、研究の先端を切り拓き、世界の第一線で活躍できる研究者、および官庁や民間の研究機関、国際機関等で調査・研究業務に従事し、現実社会の諸課題の解明と解決に貢献できる研究者を育成することを目指しています。その目標を達成するために、博士後期課程では、修士課程のカリキュラムを踏まえて、以下の方針に従ってカリキュラムを編成しています。
1)博士後期課程に進学するためには、修士課程在籍中に所定の進学資格試験に合格しなければなりません。
2)指導教員の他に、学内のワークショップや論文指導委員会を通じて、複数の教員が学生の論文指導を行います。また、学内外のワークショップあるいは学会等での研究報告を義務づけます。
3)世界の第一線の研究者による英語でのセミナーとレクチャー・シリーズを数多く提供します。
4)外国人教員による学術スキル英語科目、国際会議報告のための海外渡航の助成を通じて、学生の英語による研究活動を支援します。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【修士課程(研究者養成コース)・博士後期課程】
21世紀に入り、私たちは経済・社会の大きな変化に直面し、解決すべきさまざまな課題を抱えています。こうした現代的課題の解決には、理論と実証に基づく現状の正しい理解と評価から導かれる政策提言・制度設計が求められます。
経済学は課題の解決に向けた考え方とそのための分析道具・科学的手法を提供します。私たちの社会経済システムの再構築のために、経済学の考え方と手法は不可欠です。研究者には、それぞれの専門分野で研究の先端を切り開き、理論・実証とその手法において新たな知見を生み出すことが求められます。
一橋大学大学院経済学研究科は、修士課程(研究者養成コース)と博士後期課程を通じて、経済学とその関連分野における最先端の理論と高度な統計・計量分析スキルに基づいて専門分野の研究の先端を切り拓き、世界の第一線で活躍できる研究者、および官庁や民間の研究機関、国際機関等で調査・研究業務に従事し、現実社会の諸課題の解明と解決に貢献できる研究者の育成を目指しています。
この目標に応じて、まず修士課程に原則として2年間以上(5年一貫コースの学生は1年間以上)在籍し、演習(ゼミナール)に1年間以上所属し、中級ないし上級コア科目を含む所定の単位を取得し、修士論文を提出して論文審査・口頭試験に合格した者に、修士(経済学)の学位を授与します。博士後期課程に進学するためには、さらに所定の進学資格試験に合格する必要があります。また、博士後期課程に原則として3年間以上在籍し、演習(ゼミナール)に参加し、主たる指導教員を含む論文指導委員会の指導を受け、優れた博士学位論文を提出し、その口述試験と最終試験に合格した者に、博士(経済学)の学位を授与します。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学312,000円

転学部・編入学情報補足

内訳: 検定料30,000円、入学料282,000円

専攻分野