ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

経営管理研究科(博士課程(後期))(夜間)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
経営管理 3年 博士(経営)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

【金融戦略・経営財務プログラム】
本プログラムでは、金融に関わる実務上の問題の解決に必要となる方法論を学び、現代ファイナンスに必要な基礎知識と実務への応用方法を体系的に習得す ることを目指します。具体的には、「基礎科目」および「専門科目」の履修と、修士論文(専門職学位論文)の作成がその柱となります。

まず「基礎科目」では、ファイナンスに必要な基礎知識 ― foundation ― を幅広く習得します。ファイナンス理論、会計、コーポレート・ファイナンス、統計・データ分析、コンピュテーショナル・ファイナンスに関する科目がそのために提供されています。基礎科目を修得することで、ファイナンス全体に関する入門から中級レベルまでの知識を体系的に学習できます。次に「専門科目」では、基礎科目で得た知識を土台に、M&Aや経営、資産運用、リスク管理、プライシング、統計・計量分析等に関わる様々なトピックを ― 分野によっては博士課程レベルまで ― 深く掘り下げます。経営者等活躍する実務家による講義もここに含まれます。専門科目は、個別の分野の話題について、学問および実務 の両面で扱われる最先端の議論まで学びます。

全ての学生には、修士論文の提出が求められます。修士論文は、一人一人の学生が個別プロジェクトと位置づけられます。基礎および専門科目で修得した方法論を応用し、学問的成果と現 実の問題を効果的に融合することによって、自ら選んだ実務上の問題に対して解答を導くことが目標となります。これを実現するために、在学期間を通じて全学生が少人数のゼミナールに参加します。ゼミナール・システムは一橋大学の伝統であり、全員が少人数のゼミナールに所属して本格的な論文作成に取り組むことは、社会人大学院の中でも際立った本校の特徴となっています。指導教員のもと、問題の設定、先行研究の調査、方法論の選択、分析の実行、指導教員や他学生との議論等を通じ、時間をかけて鍛錬を重ね修士論文を仕上げることで、学んだ知識を実際に使いこなし意思決定に用いる力を醸成します。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

大学ホームページでご確認ください。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【金融戦略・経営財務プログラム】
金融技術の発展、業務の自由化や経済の国際化、BIS規制等の制度導入によって、資産運用やリスク管理、資金調達、価値評価やM&Aといった金融活動は高度化を続けてきました。世界的な金融危機やエマージング・マーケットの興隆を通じて、ファイナンスの知識を体系的に習得し、金融技術を戦略的に使いこなす能力を持った人材がこれまで以上に求められています。

金融戦略・経営財務プログラムは、現代の金融業務に必要な知識を備え、問題を的確に把握し、最先端の学問と実務の成果を利用して、直面する実際の問題に自らの判断で対応できる高度な能力を持った専門的職業人の育成を目的とするプログラムです。金融に関わる幅広い問題を定性的・概念的に深く理解し、実際のデータを使って定量的に分析し、それらを経営上の判断に生かすことができる高度金融人材の育成を目指しています。

このような目的のため、本プログラムでは、基礎から専門にわたる多くの科目を幅広く修得し、その知識を生かして自ら選んだ実務上の問題に答えを出す修士論文を書き上げることで、高度金融人材に必要な知識を習得しそれを生かす能力を身につけたことを示した学生に学位が授与されます。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
経営学