ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部保健学科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  (鹿児島大学医学部規則 より)

                  (目的)
                  第2条の2 医学部は、全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者及び優れた指導者の養成を目的とする。
                  (1) 医学科は、人を尊重し、人と地域社会のため最善の医療を実践する優れた臨床医並びに科学的思考力を有し、生涯学習し、医学、医療及び社会の発展に貢献する医師及び医学研究者の養成を目的とする。
                  (2) 保健学科は、豊かな倫理性を背景として、科学的思考力と他者に対する想像力に富み、患者と地域社会に貢献できる医療を実践するための思考力、判断力及び積極的実行力を有する看護師、保健師、助産師、理学療法士及び作業療法士の養成を目的とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  (1)教育目標
                  保健学科は、豊かな倫理性を背景として、科学的思考力と他者に対する想像力に富み、患者と地域社会に貢献できる医療を実践するための思考力、判断力及び積極的実行力を有する看護師、保健師、理学療法士及び作業療法士を養成する。

                  (2)入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)
                  ①求める人材像
                  1)人を愛し、病める人のいたみを理解できる人
                  2)チームワークに必要な協調性をもつ人
                  3)保健や医療に深い関心をもち、医療専門職への強い意欲のある人
                  4)保健学を学ぶために、幅広い基礎学力を有する人
                  5)探究心があり、物事に積極的に取り組むことができる人
                  6)地域社会や国際社会に関心のもてる人
                  ③入学者選抜の基本方針
                  [選抜方法(一般入試)]
                  入学者選抜については、前期日程では大学入試センター試験により、高等学校で学ぶ国語、数学、理科、地理歴史、公民、外国語の幅広い基礎学力が身に付いているかどうかを、個別学力試験で理科、英語を課し、論理性と思考力を判定します。後期日程では、大学入試センター試験、小論文および面接により基礎学力ならびに適性を判定します。
                  [選抜方法(推薦入試Ⅰ)]
                  入学者選抜については、小論文および面接により基礎学力ならびに適性を判定します。
                  [選抜方法(私費外国人学部留学生入試)]
                  入学者選抜については、日本留学試験、TOEFL、小論文および面接により基礎学力、日本語能力ならびに適性を判定します。
                  [選抜方法(編入学)]
                  入学者選抜については、学力検査、面接で行います。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   医学部の教育目標「全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者および優れた指導者の育成」を達成するために、教育内容の順次性・系統性に配慮したカリキュラムを編成・実践します。1~2年次には、基本的な人間力と専門教育の基礎能力の養成を目指した科目について、2年次以降は、より専門性の高い専門科目について学びます。さらに、各学科の充実した臨床・臨地実習を通して実践力を養成します。

                  <保健学科>
                  1. 豊かな人間性と社会性、医療人に必要な倫理観や国際的視野を養い、自主性と創造性に富んだ人材を育成するために、共通教育科目と専門科目を効果的に配置します。
                  2. 医療に対する十分な知識と秀れた技術を修得させるため、基礎から応用・発展的な科目を配置します。
                  3. 医療の諸課題に柔軟に対応できる思考力と的確な判断力を養うための科目を配置します。
                  4. チーム医療を実践するうえで必要な協調性やコミュニケーション能力等を涵養する科目を設けます。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、卒業に必要な単位を修得し、それぞれの医療専門職として必要な知識、技能を有するとともに、自ら学び探求し続ける態度、高い倫理観を持ち全人的医療を実践できる能力、地域や国際社会に貢献できる能力を備えた者に学位を授与します。

                  <保健学科>
                  学生は卒業時に次の能力を修得していること
                  1. 豊かな人間性とグローバルな視野を持ち、何事にも率先して取り組む積極性とリーダーシップを有している
                  2. 医療・保健・福祉のニーズに柔軟に対応でき、地域に貢献できる能力を有している
                  3. 看護学・理学療法学・作業療法学における専門的な知識・技術と態度を身につけている
                  4. 医療チームの一員に求められるコミュニケーション能力を有し、他の職種と協力して問題を解決することができる