ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部保健学科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学科 4年 学士(看護学)、学士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   医学部の教育目標「全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者および優れた指導者の育成」を達成するために、教育内容の順次性・系統性に配慮したカリキュラムを編成・実践します。1~2年次には、基本的な人間力と専門教育の基礎能力の養成を目指した科目について、2年次以降は、より専門性の高い専門科目について学びます。さらに、各学科の充実した臨床・臨地実習を通して実践力を養成します。

                  <保健学科>
                  1. 豊かな人間性と社会性、医療人に必要な倫理観や国際的視野を養い、自主性と創造性に富んだ人材を育成するために、共通教育科目と専門科目を効果的に配置します。
                  2. 医療に対する十分な知識と秀れた技術を修得させるため、基礎から応用・発展的な科目を配置します。
                  3. 医療の諸課題に柔軟に対応できる思考力と的確な判断力を養うための科目を配置します。
                  4. チーム医療を実践するうえで必要な協調性やコミュニケーション能力等を涵養する科目を設けます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  看護学専攻
                  看護学は人々の健康をあらゆる面から保持・増進し、また病気の人の健康回復を援助する方法を探究する実践的・科学的学問です。本看護学専攻には3講座(基幹看護学、成育看護学、地域包括看護学)があり、各講座のエキスパートが それぞれの看護専門科目について教育、 指導します。
                  1年次における人間力養成プログラムや外国語、体育など共通教育科目等の履修から始まり、学年が上がるにつれ次第に看護専門の科目を学んでいきます。看護専門科目では教室での講義や学内演習の他、病院、施設、保健所などでの実習もあります。また、1年次から看護を体験するカリキュラムも準備してあり、興味をもって看護学を学ぶことができます。
                  所定の単位を取得して卒業すれば、学士(看護学)の学位と看護師国家試験の受験資格が得られます。また、公衆衛生看護学に関する所定の科目を選択し単位を取得すれば、保健師国家試験受験資格も同時に得られます。
                  卒業後は、医療施設、保健所、市町村の他に、社会福祉施設、学校、企業などさまざまな場での活躍が期待されます。 看護学をさらに深く研究したい人には大学院も設置されています。
                  ・保健師に関する科目選択には、人数制限があります。
                  ・助産師教育は、大学院博士前期課程で行います。


                  理学療法学専攻
                  理学療法(Physical Therapy)は、身体に障害をもつ人を対象として、失われた種々の運動機能の回復や再建を図り、あるいは呼吸循環器系障害の改善を目指し、最終的には障害をもつ人の日常生活や社会的権利の再獲得を目的とします。このように理学療法は障害者の自立を促し、全人間的回復を図るリハビリテーション医学の重要な一分野を担っています。
                  理学療法には、障害された身体機能を最大限に回復するために、骨格・筋肉・神経系あるいは呼吸循環器系などの障害に対して、その機能の改善を図るための治療として運動療法があり、また温熱・光線・超音波、電磁波などの物理的エネルギーや温泉などの天然資源を利用した物理療法、さらに義肢・補装具などを利用した方法があります。本専攻では、このような理学療法の知識と技術をもち、かつ幅広い教養と人間性豊かな医療技術者の育成を目指しています。その実現のために、理学療法士教員を中心に、綿密な教育・実習を行い、学外での臨床実習を含め臨床教育の充実を図りながら、より質の高い教育を行います。とくに、臨床実習は、1年次から体験実習を取り入れ、早期に医療現場の実態や理学療法士の役割について認識を深め、2年次の理学療法体験実習、3年次の検査測定実習、4年次の総合臨床実習を通して、医療人としての資質の向上を図ります。卒業に必要な所定の単位を修得した者には学士の称号と同時に理学療法士国家試験の受験資格が与えられます。
                  卒業後の進路としては、医療分野、福祉分野、行政関係分野、健康増進・スポーツ分野など幅広く、また大学院への進学や大学・専門学校などの教育機関に携わり、教育・研究面で活躍する道も開かれています。


                  作業療法学専攻
                  作業療法(Occupational Therapy)は,「身体または精神に障害のある者,またはそれが予想される者に対し,その主体的な生活の獲得を図るため,諸機能の回復,維持および開発を促す作業活動を用いて,治療,指導および援助を行うこと」と定義(日本作業療法士協会)されています。
                   このように作業療法では,手工芸やスポーツなどの様々な作業活動が持つ要素を用いて障害者の治療,指導および援助を行いますので,作業活動と障害者についての十分な知識が必要になります。作業療法学専攻では,作業活動についての知識,障害者についての知識を系統的に習得し,さらに臨床の現場で役に立つ実践的な技術を身につけられるように配慮した教育を行います。また,作業療法に関連する研究ができるように研究法についての教育・指導を実施します。所定の単位を修得した者には作業療法士国家試験の受験資格が与えられます。
                   卒業後の進路は,各種医療,保健施設,福祉施設が主ですが,さらに大学院で専門的に学び作業療法に関する教育・研究に携わることも期待されています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに沿って設定した授業科目を履修し、卒業に必要な単位を修得し、それぞれの医療専門職として必要な知識、技能を有するとともに、自ら学び探求し続ける態度、高い倫理観を持ち全人的医療を実践できる能力、地域や国際社会に貢献できる能力を備えた者に学位を授与します。

                  <保健学科>
                  学生は卒業時に次の能力を修得していること
                  1. 豊かな人間性とグローバルな視野を持ち、何事にも率先して取り組む積極性とリーダーシップを有している
                  2. 医療・保健・福祉のニーズに柔軟に対応でき、地域に貢献できる能力を有している
                  3. 看護学・理学療法学・作業療法学における専門的な知識・技術と態度を身につけている
                  4. 医療チームの一員に求められるコミュニケーション能力を有し、他の職種と協力して問題を解決することができる

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可30,000円

                  転学部・編入学情報補足

                  本学部の学生で他の学部に転学部を希望する者があるときは、当該学部の定めるところによりこれを許可することがある
                   看護学専攻に出願できる者は、次のいずれかに該当する者
                  (1) 短期大学の看護系学科を卒業した者又は卒業見込みの者
                  (2) 専修学校の専門課程の看護学科を修了した者又は卒業見込みの者
                  (3) 高等学校の看護系専攻科の課程を修了した者又は又は修了見込みの者
                   理学療法学専攻に出願できる者は、次のいずれかに該当する者
                  (1) 短期大学において理学療法の関係学科を卒業した者又は卒業見込みの者
                  (2) 専修学校の専門課程において理学療法の関係学科を修了した者又は修了見込みの者
                   作業療法学専攻に出願できる者は、次のいずれかに該当する者
                  (1) 短期大学において理学療法の関係学科を卒業した者又は卒業見込みの者
                  (2) 専修学校の専門課程において理学療法の関係学科を修了した者又は修了見込みの者

                  専攻分野

                  その他専攻分野