ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  連合農学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生物生産科学 3年 博士(農学)、博士(水産学)、博士(学術)
                  応用生命科学 3年 博士(農学)、博士(水産学)、博士(学術)
                  農水圏資源環境科学 3年 博士(農学)、博士(水産学)、博士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   本研究科では、「生物生産科学」、「応用生命科学」、「農水圏資源環境科学」のそれぞれの専攻分野で、次に掲げる学位プログラム教育と高度人材養成教育を行います。

                  学位プログラム教育: 農学に関連する幅広い学問と高度な専門知識・技能を修得させ、研究指導を通して諸課題を探索・解決する能力を向上させる。

                  高度人材養成教育: 博士課程学生として確かな分析力・俯瞰力・説明能力を身につけさせるとともに、困難な課題に挑むチャレンジ精神やグローバルな視野の獲得など、実社会の発展に貢献できる能力を育てる。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  必修科目10単位
                  選択必修科目1単位
                  選択科目1単位

                  選択科目例
                  Aさん 人材養成学生支援セミナーⅡ 1単位
                  Bさん 農学共通講義Ⅰ(日本語)0.5単位、国際農学特論(英語)0.5単位 計1単位
                  Cさん 農学共通講義Ⅱ(英語)0.5単位、 人材養成学生支援セミナーⅠ 0.5単位 計1単位

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   本研究科の定める所定の単位を履修するとともに、学術誌に発表した主論文に基づき作成した学位論文の審査及び最終試験に合格することが学位取得の要件です。なお、取得時においては以下の能力が具備されていることが期待されます。

                  1. 「博士」として社会から期待される品位と高度な専門知識を持ち、農林水産分野の課題探求と解決に至るまでの研究を、自立的に遂行できる能力を具備していること。
                  2. 「研究者・技術者・教育者」として、地域社会から国際社会まで幅広く活躍できる能力とリーダーシップ精神が涵養されていること。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野