ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  臨床心理学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  臨床心理学 2年 臨床心理修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  (1)臨床心理分野の高度専門職業人として、専門的心理支援に必要な深い学識と卓越した能力を養成する体系化した教育を展開します。
                  (2)学内及び学外での実務教育を行い、地域に根ざした臨床心理分野の高度専門職業人としての責任感と倫理観を養成する教育を展開します。
                  (3)臨床心理分野において、指導的な役割を担うことができる実務家を養成する教育を展開します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  (1) 充実した実習時間とスーパーヴィジョン体制
                  本研究科では、社会のニーズに即応できる人材を養成するために、2年間にわたる学内実習及び学外実習の継続と、臨床経験豊富な実務家教員による個別・少人数指導による教育体制を設定し、理論に根づいた実践的教育課程を提供する。
                  具体的には、学内実習においては、専任教員によるスーパーヴィジョンを実施し、学外実習では2年間で3領域4か所の実習に加え、司法・矯正領域での見学実習を提供するなど実習の質と量を保証している。

                  (2) 実務と理論を架橋する教育課程
                  教育研究教員と実務家教員がコラボレートした科目を配置し、実務と理論を効率的に学べる教育課程を編成する。

                  (3) 教育、福祉、医療、司法・矯正の各領域を充実・強化した教育課程整備
                  「学校心理臨床論」をはじめ、「福祉心理臨床論」「医療心理臨床論」「司法・矯正心理臨床論」「臨床心理実践研究Ⅰ~Ⅳ」及び「臨床心理地域援助実習Ⅰ~Ⅳ」等において、各領域における心理支援のあり方を学ばせる。

                  (4) 地域文化を視野に入れた心理支援のための教育課程
                  地域特性や文化的風土を見立てた心理支援のあり方を学ばせる科目として、「エスノグラフィック心理臨床論」や「コミュニティ心理学特論」を配置する。

                  (5) 実戦的な教育体制の整備
                  2年間にわたる学内実習や学外実習、学内での充実したスーパーヴィジョンなど、臨床経験豊富な実務家教員を中心に専任教員全員による個別・少人数指導を通した実践的な教育体制を整備する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  (1)臨床心理分野の高度専門職業人としての責任感、職業倫理観をもって心理支援ができる能力
                  (2)個人や組織・集団を対象とした見立てと心理支援ができる能力
                  (3)地域の歴史や文化を視野に入れ、それらの理解に立った心理支援ができる能力
                  (4)事例研究を行い、新たな課題探求ができる能力
                  (5)臨床心理分野で指導的な役割を担うことができる能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野