ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  地域科学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   本学部は、人文科学、社会科学及び自然科学の諸専門領域の基盤的研究を維持強化しつつ学際的に協同させることにより、地域概念の多様性を学術文化的に広く探究します。専門的知見と併せて、人間や社会に対する深い洞察力と的確な判断力を備え、より良い地域社会の構築を目指す教育研究を行います。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  <教育理念・目標>
                   地域科学部は、「地域」がキーワードとなるさまざまな社会的及び文化的課題について、人文科学、社会科学ならびに自然科学の基礎学力をもとにして、総合的に考究する能力を育てることを目標としています。これにより発展的な地域創成や、豊かな社会形成に貢献でき、リーダーシップを発揮できる人の育成を目指します。

                  <求める学生像>
                   このような理念・目標のもと本学部の学生には、主に次のような資質を持っていることを望みます。
                   1.人間社会の営みや自然との関わりに深い関心を持っている。
                   2.物事をさまざまな視点から総合的かつ論理的に考えることができる。
                   3.自ら課題を見つけ、その課題に対して積極的に取り組もうとする意欲を持っている。
                   4.他者の考えをよく理解し、自己の意見を表現する能力を持っている。
                   5.幅広い学問分野を学びながら、自己の専門分野を次第に決定してゆきたいという意欲を持っている。

                  <学力の3要素について>
                   本学部は、学力の3要素のどの要素も重視しています。知識・技能、思考力・判断力、表現力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、その他の要素を相互に関連付け、相互に補い合うように学んでくることを期待しています。
                   ・知識・技能
                    人間・社会の営みや自然との関わりに基礎的な知識、技能を持っている。
                   ・思考力・判断力
                    さまざまな視点から総合的かつ論理的に物事を考えることができる。
                    自ら課題を見つけ、その課題に対して積極的に取り組もうとする意欲を持っている。
                   ・表現力
                    他者の考えをよく理解し、自己の意見を表現できる能力を持っている。
                   ・主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
                    自ら課題を見つけ、その課題に対して積極的に取り組もうとする意欲を持っている。
                    他者の考えをよく理解し、自己の意見を表現できる能力を持っている。
                   ・その他の要素
                    人間・社会の営みや自然との関わりに深い関心を持っている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   文系分野を主とする学生は理系の知識を、理系分野を主とする学生は文系の知識も兼ね備えることで、総合的な視野と幅広い知識を修得します。このために、人文科学、社会科学、自然科学及びそれらの融合領域に関する多彩な科目を開設しています。
                   学生自身が学問的関心や興味のある分野を選択して専門的に学ぶことができるように、6つのコース(産業・まちづくりコース、自治政策コース、環境政策コース、生活・社会コース、人間・文化コース、国際教養コース)を開設しています。
                   多文化共生の社会で活躍できるようにするために、複数の言語を使った学修を行い、国際的な視野や多様な地域の文化への関心を培います。
                   地域の社会や文化が抱える現実の問題に対して実践的に取り組む方法を学ぶために、全学部生必修科目の社会活動演習と地域学実習の履修を課します。
                   初年次セミナー、基礎セミナー、及び専門セミナー(1学年4人以下)において4年間を通した少人数でのセミナー教育を行うことで、課題発見力、論理的思考力、コミュニケーション力、表現力を養います。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   地域科学部では、教育課程において所定の単位数を修得するとともに、地域の社会や文化が抱えるさまざまな問題を、地域に根ざし地域から構想することで解決し、暮らしやすく平和で文化的に高度な地域社会を創り出すために必要な専門的能力を備えた人に学士の学位を授与します。
                   地域科学部では、岐阜大学で育成すべき基盤的能力を基礎として、以下の専門的能力を備えた人材育成に向けて、能力の修得・達成を保証するために、厳格な単位・卒業認定を行います。

                  ○創造的思考力と論理的思考力
                   地域社会を取り巻く自然環境および歴史を総合的に把握し、多角的な視点から地域の政策的課題について論理的に分析して創造的な思考ができる。
                  ○課題発見力と政策立案力
                   現代社会の諸課題を発見し、人文科学、社会科学、自然科学の幅広い学問的蓄積をふまえて、個別課題に対する政策を立案できる専門的能力を身につけている。
                  ○コミュニケーション力および実行力
                   多様な価値観や思想と異なる文化を理解し、それらとの共存と交流を図りつつ、国際的な視野をもって地域社会の形成に参画することができる。