ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  連合創薬医療情報研究科(博士)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  創薬科学専攻 3年 博士(薬科学)、博士(工学)
                  医療情報学専攻 3年 博士(薬科学)、博士(医科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   連合創薬医療情報研究科は,薬学・医学・工学の学問分野を広範に学びながら,人々の健康で豊かな生活の維持発展に創薬と医療情報の面から貢献できる高度な専門的能力を育成します。こうした能力の育成を達成するために,以下の5項目を中心にした教育課程を編成し,実施します。
                  1.専門知識の涵養と運用
                   創薬と医療情報の二つの専攻を互いに有機的に繋ぐ教育研究領域を設けることにより,多様な知識の獲得と,応用力を培います。専門分野は薬科学,医科学,工学など多岐にわたり,広範囲な専門知識の修得が可能です。
                  2.科学的思考力と解析能力
                   学位論文の基礎となる特別研究に加え,基礎的な実験技術や方法論,さらには各種専門分野の特論を通じて多方面から科学的思考力や解析・応用力を育成します。
                  3.情報発信・完成力の養成
                   英語実践力UP講座やポスター発表会の活用により,国内外に研究成果を情報発信する能力を育てるとともに,国際医薬産業論や知的財産に関する学習を通して,自らの研究成果を広く社会に還元できる完成力を培います。
                  4.コミュニケーション・リーダーシップ
                   本研究科の特色である学外研修プログラムにより,海外研究所や国内企業での研修を体験し,チームの一員として,またチームリーダーとして研究を遂行する能力を養成します。
                  5.生命倫理・研究者倫理
                   社会・生命倫理学に関する講義の他に研究倫理審査の受審や講習会を通して,生命倫理や研究者行動規範についての正しい理解と実践力を修得させます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  カリキュラムマップは,研究科概要の教育における3つのポリシーに掲載しています。(URL上段記載)

                  履修モデルは,お知らせ一覧にH25年度のものを掲載しています。(下記URL)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   連合創薬医療情報研究科は,創薬と医療情報というテーマの下に岐阜大学と岐阜薬科大学が連合し,薬科学,医科学,工学の3種類の博士の学位授与を可能とする教育・研究を推進しています。本研究科では,修了時までに厳格な単位認定・学位審査を行い,以下のような専門的能力を備えた高度専門職業人を育成します。
                  1.創薬・医療情報に関する分野の高度専門知識とその運用能力。
                  2.創薬・医療情報分野の研究課題を設定し,解析・検証し,応用する能力。
                  3.研究課題を学会等で発表・討論し,国際学術論文として完成する能力。
                  4.適切なコミュニケーションにより,リーダーシップと協調性を発揮する能力。
                  5.正しい生命および研究者倫理観に基づいて行動し,研究を推進する能力。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野