ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

教育学研究科(専門職)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
教職実践開発専攻 2年 教職修士(専門職)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 教育学研究科は,基盤的能力の総合判断力,コミュニケーション能力,自律的行動力と,専門的能力の子どもについて理解し関わる能力,教育実践の方法と技術に関する能力,教科の指導力に関する能力等を備えた高度な教育専門職および教育関係者を養成するため,以下の方針に基づきカリキュラムを構成し実施します。
 ・教職に必要な専門的開発能力を修得するための全専攻共通科目として位置付けられた科目
 ・深い見識と各専門分野の知見に立脚した知識・技能およびその見方・考え方を修得するための各専攻の専門科目
 ・教育に関する基礎的および応用的問題を設定し,それぞれの研究課題を追究した修士論文等の作成
 さらに,教職大学院では,自律的および協働的な学校運営を推進するための学校マネジメント力や,授業開発,教育臨床,特別支援教育に関する高度な課題解決力もしくは高度な教育実践力を養成するため,以下の方針を重点としたカリキュラムを実施します。
 ・学校や地域の教育課題を解決する力量を養うための,学校や行政機関における実習
 ・理論知と実践を融合させ,新たな実践を開発する開発実践報告
 大学院の学修の集成として修士論文等を作成し,専門分野の知識を深化させます。修士論文等は複数の教員によって評価します。また,修士論文発表会等を行うことにより,プレゼンテーション能力をより高めます。恒常的にカリキュラムを点検し,学修,指導方法の改善に努めます。
 以上のような入学から修了までの2年間の学修・研究を支えるため,各院生には指導教員等によるアドバイザー制を設け,学修・研究活動を支援します。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

 教職大学院は、スキル(技法知)から実践知へ段階的に学べるように、学年進行に応じて科目が配置されています。実践知を学ぶために、学校現場のフィールドワーク等を通じて実践上の開発課題を解決するようにします。2年次は勤務校でのスクールリーダーまたは連携協力校での若手教員としての実践と継続的な課題追求の成果を試みます。修了要件としての修士論文は課さず、学校現場での開発課題への取組成果の集大成として「開発実践報告」を作成します。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 教育学研究科は,教育文化の発展に寄与していくために,高度な教育専門職および教育関係者を社会に送り出すことを目標に掲げています。
 本研究科で学ぶ者(教職大学院学校管理職養成コースを除く)は,高度な教育専門職および教育関係者として教育界で力を発揮できるように,基盤的能力の総合判断力,コミュニケーション力,自立的行動力を備え,以下のような高度な専門的能力を修得した者に対し,修士(教育学) ,教職修士(専門職)の学位を授与します。
 ・子どもを理解し子どもと関わる能力
 ・教科等の学習内容を深め教材分析につなげる専門的能力
 ・教育実践の方法と技術に関する専門的能力
 教職大学院学校管理職養成コースでは,上記の能力に加えて下記の能力を修得した者に対し,教職修士(専門職)の学位を授与します。
 ・自立的および協働的な学校運営を推進するための学校マネジメント力

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
教育学(教員養成課程)

専攻分野に関する説明