ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  連合農学研究科(博士)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生物生産科学専攻 3年 博士(農学)
                  生物環境科学専攻 3年 博士(農学)
                  生物資源科学専攻 3年 博士(農学)
                  岐阜大学・インド工科大学グワハティ校国際連携食品科学技術専攻 3年 博士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   連合農学研究科では、共通科目及び連合講座開講科目を提供します。以下に主な科目等とそれぞれの目的を示します。これらの履修を通して高度な専門能力と豊かな学識、広い視野をもった高度専門職業人を養成します。

                  1.特別研究、特別講義、特別ゼミナール、特別演習
                   問題解決の手法、論理的な思考法、発展的課題の設定法を学びます。国内外の学会で発表するとともに学術論文として公表することを通じて、博士論文の基盤とします。半年毎に開催される中間発表等において、指導教員3名から博士論文研究についての質問や有益なアドバイスなどを受け、研究に反映させることにより、論文の完成へ導きます。学年進行に伴う努力の積み上げにより、第3者から指摘された問題に対して適切に対応する能力を育み、最終試験での評価として結実します。このプロセスを通してプレゼンテーション能力を高め、幅広い専門知識の蓄積と活用のための整理・体系化の仕方を学びます。
                  2.農学特別講義Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、総合農学ゼミナール、科学英語ライティング、インターネットチュートリアル等
                   広範囲の高度な専門知識を習得します。また、国際コミュニケーション及びプレゼンテーション能力と情報分析・評価能力等を育みます。
                  3.研究者倫理・職業倫理、メンタルヘルス・フィジカルヘルス
                   研究者・専門職業人にとっての倫理及び自己管理能力を育みます。グループ討論を通じて協調性、リーダーシップを育みます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  1.総合農学ゼミナール、インターネットチュートリアル
                  参加及び履修によって広範囲の高度な専門知識を習得します。また、国際コミュニケーション及びプレゼンテーション能力と情報分析・評価能力等を育みます。
                  2.研究者倫理・職業倫理、メンタルヘルス・フィジカルヘルス
                  研究者・専門職業人にとっての倫理及び自己管理能力を育みます。
                  3.特別講義、特別ゼミナール、特別演習
                  履修により、高度で広範な専門知識を習得します。
                  4.特別研究
                  半年毎に開催される中間発表等において、指導教員3名から博士論文研究についての質問や有益なアドバイスなどを受け、研究に反映させることにより、論文の完成へ導きます。学年進行に伴う努力の積み上げにより、第3者から指摘された問題に対して適切に対応する能力を育み、最終試験での評価として結実します。このプロセスを通してプレゼンテーション能力を高め、幅広い専門知識の蓄積と活用のための整理・体系化の仕方を学びます。
                  5.農学特別講義(日本語・英語、多地点遠隔講義)
                  広範囲の高度な専門知識を習得し、合わせて国際性とコミュニケーション能力を育みます。
                  6.独創的な課題研究と論文作成
                  問題解決の手法、論理的な思考法、発展的課題の設定法を育み、国内外の学会で発表するとともに学術論文として公表することを学び、博士論文の基盤とします。
                  7.国際学会海外渡航助成
                  プレゼンテーション能力及び国際性を一層高める機会が得られるとともに、海外で自己の研究を客観的に評価される機会を得ます。
                  8.TA及びRA
                  学生実験の教育補助、多地点遠隔講義による中間発表の装置操作補助などを行うことによって、教育の実践経験を積んでいきます。また、教員の研究を補助することによって関連研究の進め方を実践下で学びます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   連合農学研究科は、農学に関わる高度な専門能力と豊かな学識、広い視野を持った高度専門職業人を養成することを理念・目標に掲げ、以下の能力を備えた人に博士の学位を授与します。
                  1.農学に関わる専門領域における学識と高度な技術活用能力や分析能力。
                  2.独創的な研究課題を設定し、解決して内容を学術論文として出版化できる能力。
                  3.農学に関わる専門領域に関連した分野における種々の諸問題について、幅広い知識をもって科学的に解説する能力。
                  4.国内外の研究者・技術者と共同でプロジェクトを実施・推進できる能力。
                  5.高度専門職業人としての倫理性を理解し、規範として行動する能力。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部不可
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  農学
                  農芸化学
                  農業工学・農業土木
                  農業経済学
                  森林科学
                  生物生産学・生物資源学
                  生態学
                  畜産学・動物学

                  その他専攻分野

                  その他専攻分野
                  国際連携食品科学技術