ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

共同獣医学研究科(博士(一貫))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
共同獣医学専攻 4年 博士(獣医学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

ディプロマ・ポリシーに記載されている、高度な専門知識と研究能力を備え、幅広い学際的な素養とグローバルな視点を基盤に、社会的要請に応える地域のリーダーとなりうる人材を養成するため、以下のカリキュラム・ポリシーを策定します。
1.教育課程において、研究科共通科目、基盤的教育科目、スペシャリスト養成科目、研究推進科目、アドバンスト教育科目を提供する。
2.本教育課程の履修により、獣医学に関する高度な専門知識と技術を修得し、幅広い学際的な素養とグローバルな視点を基盤に、独創的な研究力とコミュニケーション力を発揮して社会的要請に応えうる地域のリーダー、獣医学研究者および高度専門職業人を養成する。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

本研究科では、大学院生1名に対して主指導教員1名、副指導教員2名(うち1名は相手大学教員)の計3名が指導にあたり、学生は両大学の施設・設備を利用できます。

「博士(獣医学)」の学位取得の要件は、本研究科の教育課程において30単位以上(10単位以上は相手大学が開講する授業科目)を修得し、必要な研究指導を受けた上で、博士論文の審査及び論文の内容や専門分野に関する最終試験に合格することです。本研究科の課程を修了した者には、岐阜大学及び鳥取大学の連名による博士(獣医学)の学位を授与します。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の期間在学して所定の単位を修得し、本共同獣医学研究科の人材養成目的に適う、高度かつ広範な専門的知識や研究能力を修得した上で、学位論文の審査及び最終試験に合格した者に「博士(獣医学)」の学位を授与します。

1.獣医学及び動物科学に関する高度な専門知識と研究能力を備えた人材
2.幅広い学際的な素養とグローバルな視点を基盤に、独創的な研究力とコミュニケーション力を発揮して、社会的要請に応える地域のリーダーとなりうる人材
3.家畜衛生・公衆衛生スペシャリスト、One Healthスペシャリストまたは難病治療・創薬スペシャリストとして獣医学及び動物科学における諸問題に対応または解決できる人材

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学30,000円

転学部・編入学情報補足

<内訳>
検定料30,000円
出願時に納入書を提出してください。

専攻分野

専攻分野
獣医学

専攻分野に関する説明