ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  文学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  学部・研究科等の特色等

                  学部・研究科等の特色等

                  文学部の学問は、さまざまな個人や社会集団が生み出してきた事物・思考・習慣など、日本および諸外国の精神文化と物質文化の両面にわたる人間の営為を、次のような仕方で考究するところに特質があります。

                  ①過去から現在にいたる時間的変化のなかで広く関連づけてとらえる
                  ②本質や原理にまでさかのぼって考え抜く
                  ③対象に深く分け入り内在的に理解する

                  こうした人文学的知をとおして自己を深め、世界を探求し、しなやかな論理性と豊かな感性で人間社会の未来を構想・表現できる人材の育成が、文学部のめざす教育です。

                  学生は1年次2学期に、自分が進む専修を決定します。その参考となるように、1年次1学期に「文学部共通概説」が開講されています。これ は30名余りの文学部の教員が交代で、それぞれ自分の研究や専修の概要について話をする、ガイダンス的色彩の濃い授業です。2年次からは各専修に分かれて、専門教育科目を本格的に履修することになります。専門教育科目は、講義、演習のいずれかの形態をとっています。

                  文学部では卒業論文が必修となっています。担当教員の指導のもと自分のテーマを設定し、データを収集してそれを整理・分析し、自分独自の視点から問題を論じて卒業論文を仕上げます。