ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  薬学研究科(博士課程(一貫))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医療薬学 4年 博士(薬科学)、博士(薬学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもとに、薬学研究科では、高度な専門性を有する人材を育成するための大学院教育として、創成薬学専攻では、薬科学科での教育を基礎として、学内外の研究所等との協力連携体制のもと、博士前期課程では、学修課題を複数の科目等を通して体系的に履修するコースワークを充実させ、研究科横断型の大学院高度副プログラム等の科目を含む選択コースの特色に合わせた必修・選択科目の区分を設けます。これらの講義科目に加え、所属研究分野が行う創成薬学ゼミナール及び特別演習を必修科目として設定し、研究プロジェクトの企画・マネージメント能力やプレゼンテーション能力を修得することにより、多様な領域で活躍できる薬学研究者の育成を図ります。
                  博士後期課程では、所属研究分野での特別研究や特別演習により、最先端の研究を通して自立的な研究者として必要な課題探求能力や問題解決能力を修得することにより、生命科学、創薬科学、社会・環境衛生薬学、医療薬学の発展を主導できる「創薬基盤技術力」を備えた優れた薬学研究者の育成を図ります。
                  一方、医療薬学専攻博士課程では、薬学科での教育を基礎として、本学の医療系部局や医学部附属病院、学外機関等との密な連携体制のもとに、研究科横断型の大学院高度副プログラム等の科目を含む講義、医療薬学ゼミナール及び特別演習を体系的に履修します。これにより、臨床薬学・医療薬学から基礎薬学まで多様な専門領域における実践的な教育研究を行い、「創薬臨床力」を備えたpatient-oriented scientistsの育成を図ります。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大阪大学のディプロマ・ポリシーのもとに、薬学研究科では、創成薬学専攻においては、最先端の基礎科学を習得するのみならず、新たな生命原理の発見や革新的科学技術・医療技術の創成に寄与する「創薬基盤技術力」を備えた人材の育成を実践します。
                  一方、医療薬学専攻においては、最新の医療を理解・習得し、現在の薬物治療・医療技術の科学的評価と最適化、あるいは、疾患の発症機序の解明とそれに基づく新規薬物治療の開発に寄与する「創薬臨床力」を備えた人材の育成を実践します。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野