ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  外国語学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  外国語学 4年 学士(言語・文化)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーを受けて外国語学部では、1・2年次で身につけた専攻語と英語等の高度な言語運用能力を基盤として、3・4年次には世界各地の多様な文化に関する総合的かつ専門的な知識を身につけるようにカリキュラムを構成します。

                  ○全学共通教育では、幅広く深い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を育むことを目標に、教養教育科目、言語・情報科目、基礎セミナー、健康・スポーツ教育科目等を設置しています。
                  ○専門教育では、高度な言語運用能力を身につけることを目標に、体系的な4年一貫教育を実施し、1年次からネイティブスピーカーの授業を含む少人数クラスの専攻語科目を必修とします。これは外国語学部での学びの基盤となるものであり、1・2年次においては各年次5科目10単位の修得を進級の要件とします。また専攻語科目では、語学教育をより充実させ、社会的にも客観的で透明性のある教育内容にすることを目標に、4技能(聞く・読む・話す・書く)の到達度目標を専攻・年次ごとに定め、それを個々の授業のシラバスに反映させます。
                  ○専門教育の3・4年次においては、より高度な専攻語科目を配置するとともに、世界各地の言語と文化、社会に関する総合的かつ専門知識を深めるために多様な専攻科目(講義・演習)を開設します。
                  ○国際的な活動に必要な幅広い知識と高い教養を身につけるために、関連科目(学部共通科目、兼修語学、研究外国語)を提供します。
                  ○4年次には、4年間の言語学習及び言語を基底とする世界各地の文化・社会についての総合的かつ専門的な学識を身につけた成果として、卒業論文を執筆・提出することを必修とします。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大阪大学のディプロマ・ポリシーを受けて外国語学部では、「外国の言語とそれを基底とする文化一般について理論と実際にわたって教授研究し、国際的な活動をするために必要な広い知識と高い教養を与え、言語を通じて外国に関する深い理解を有する有為な人材を養成する」という学部の教育理念のもとで、所定の期間在学し、大阪大学外国語学部履修規程に定める所定の単位を修得した以下の基準を満たす学生に、学士(言語・文化)の学位を授与します。

                  ○専攻語科目で学修した専攻語を高度に運用できる能力を身につけている-聞く・読む・話す・書く、という4技能において、各専攻で定められている到達度目標に達している
                  ○専攻科目等の講義や演習さらに卒業論文の執筆を通して、言語とそれを基底とする世界各地の文化や社会についての総合的かつ専門的な学識を身につけている
                  ○専攻科目や関連科目等の学修を通して、国際的な活動ができるために必要な幅広い知識と高い教養を身につけている
                  ○専門教育系科目や全学共通教育系科目等での学修を通して、多様な文化が複雑に交差する国内外のさまざまな分野と場面において諸問題の解決に広く貢献できる能力を身につけている

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  費用負担の内訳(検定料:30,000円、入学料:282,000円)
                  支払期日([参考]平成31年度入学分の支払期限:平成30年10月18日〔検定料〕、平成31年3月14日〔入学料〕)

                  専攻分野

                  その他専攻分野