ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  数学 3年 博士(理学)
                  物理学 3年 博士(理学)
                  宇宙地球科学 3年 博士(理学)
                  化学 3年 博士(理学)
                  高分子科学 3年 博士(理学)
                  生物科学 3年 博士(理学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもと、理学研究科では6専攻のいずれかに所属し、各専攻の専門分野における知識・能力を身につけ、自ら実践して研究を遂行できる能力を身に付けるために下記のカリキュラムを履修し、試験・レポート等に合格したのち単位を与えられます。
                  ・各専攻が開講する専門科目を履修し、専門分野の最先端までの知識を身につけます。
                  ・博士前期課程では、教員の指導の下で最先端の研究を行い、実践的な研究方法を身につけます。また、各研究室・研究グループのセミナーに参加して研究の進捗状況を報告、得られた結果について討論し、教員の指導の下に修士論文を作成します。
                  ・博士後期課程では、教員の助言を受け、最先端の研究を立案・実施し、学位論文を作成します。また、各研究室・研究グループの特別セミナーに参加して研究の進捗状況を報告、得られた結果について討論し、最終的に博士論文を作成します。
                  ・各々の進路に合わせた大学院教育プログラムを履修し、大学での研究者・教育者、独立法人研究所等での研究者、企業等での研究者、高校等での高度専門型理系教育指導者等に必要な能力・技能の取得、またグローバルに活躍できる能力を身に付けます。
                  ・所定の審査を受けた後に「リーディングプログラム」や「大学院オナーコース」でのプログラム履修し、広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーの能力を身につけます。
                  ・専攻共通科目・副専攻プログラム・高度副プログラム・高度教養プログラムにより、より広い分野の知識や応用能力、豊かな学識を身につけます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大阪大学のディプロマ・ポリシーのもと、理学研究科では理学部を創設し初代の大阪大学総長となった長岡半太郎先生の言葉である「勿嘗糟粕(そうはくをなめるなかれ)」の精神に則り、自然科学の探求において形だけをまねず、真理追求の中で理学の本質を学び、理学研究科の提供する科目構成で得られる能力を身につけた学生に学位を授与します。
                  ・博士前期課程修了者は、広い分野で活躍できる研究能力と基礎学力、及び研究成果を発表する能力を身につけています。
                  ・博士後期課程修了者は、自立して研究を行える高度な研究能力とその基礎となる豊かな学識、および英語による学術論文の作成と発表能力を身に付けています。
                  ・学生の希望するキャリアに応じて、①専門分野の最先端までの専門知識、②英語のコミュニケーション能力と研究発表能力、③基礎研究を企業等での応用研究に生かす能力、④高等学校教員として課題研究等の指導能力を身につけています。
                  ・「超域イノベーション博士課程プログラム」修了者は、特定分野の高い専門性から全体を俯瞰し、その専門性を別分野でも活かす能力を身につけています。
                  ・「生体統御ネットワーク医学教育プログラム」修了者は、生体システムを統合的に理解し、生命現象を俯瞰的に捉える能力を身につけています。
                  ・「インタラクティブ物質科学・カデットプログラム」修了者は、既成概念や手法に捉われず、自ら新しい物質科学研究・事業のトレンドを生む能力を身につけています。
                  ・大学院副専攻プログラム、高度副プログラム、高度教養プログラムの修了者は、学際的・俯瞰的な視点や複眼的視野で対象を考える能力を身につけています。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野