ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

法学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
法学 4年 学士(法学)
国際公共政策学 4年 学士(法学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもと、法学部は学位授与の方針に掲げる知識・技能などを修得させるために、教養教育、法学部専門教育及び国際性涵養教育に関する授業科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を行います。
 法学部専門教育では、法学科と国際公共政策学科2種類の学位プログラムに対応したカリキュラムを提供します。法学部は、カリキュラムがディプロマ・ポリシーに掲げられた人材を育成するのに最適なものとなるよう、また両カリキュラムで補完・相乗効果が得られるよう、開講科目の相互乗り入れなどを通して、両者の有機的一体性を確保します。さらに法曹専門家を目指す学生のために両学科にまたがる法曹コースを設置します。
 また、試験(期末筆記試験、レポート試験、小テスト、平常点など)により学修成果を厳格に評価します。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

大学HPで確認してください。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

大阪大学のディプロマ・ポリシーのもと、法学部では、教育目標に定める人材を育成するため、所定の期間在学し、法学部において定める専門分野に関する知識・技能、教養、国際性及びデザイン力を身につけ、所定の単位を修得し学部規程に定める試験に合格した学生に学士(法学)の学位を授与します。
 法学部は、法学、国際公共政策学の2種類の学位プログラムを有し、学習目標は次の通りです。
○高度な専門性と深い学識
・法学、政治学、経済学などの高度な専門知識・学識を身につけている。
・課題解決のために法学、政治学、経済学など専門分野における専門知識・学識を活用できる。
○教養
・幅広い知識を修得している。
・複眼的・俯瞰的に思考し、客観的に評価できる。
○国際性
・異なる言語・社会・文化のあり方を理解できる。
・言語・社会・文化の相違を超えて交流できる。
○デザイン力
・法学、政治学、経済学などの高度な専門知識・学識をもとに、社会・学問における新たな課題を発見し、解決のための制度・政策などの道筋を構想できる。
・社会・学問における課題の発見・解決のために、様々な分野の人と協働できる。

 法科大学院などを志望する優秀な学生を対象に早期卒業制度を実施しています。

 以上の方針に基づいて育成するのは、社会の様々な価値観の違いを理解し、異なる価値間の調整を行いつつ、一定の価値基準に基づきながら、法、政治、そして経済の仕組みを通じて、社会の秩序を構想していくことができる知識と思考力を備えた人材です。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学312,000円

転学部・編入学情報補足

費用負担の内訳(検定料:30,000円、入学料:282,000円)
支払期日(【参考】2月下旬~3月上旬頃)

専攻分野

専攻分野
法学・法律学
政治・政策学
経済学
国際関係学・国際協力
国際文化学・国際地域研究

専攻分野に関する説明