ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  文学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  人文学 4年 学士(文学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもとに、文学部は以下の方針でカリキュラムを編成します。

                  1.4年間の学士課程を通して全学共通教育科目等を履修することにより、人文学を超えた様々な学問領域にわたる教養を身につけます。2年次以降の専門教育では、所属専修以外の専修で開講される科目ならびに学部共通の科目の履修により、幅広い人文学的教養を身につけます。
                  2.全学共通教育科目の「外国語教育科目」と「国際教養科目」の履修により、2つ以上の外国語を学習し、異文化理解のを身につけます。専門教育では、文学部共通の「外国語による発信力を育成するための科目」、外国語文献を用いる演習、外国語による授業等を選択して履修し、外国語の運用能力を伸ばします。
                  3.全学共通教育科目の「専門基礎教育科目」および専門教育科目の「文学部共通概説」の履修により、人文学の基本をします。2年次以降は、専修で開講される専門教育科目の講義と演習を履修して、当該分野の専門的知識を系統的に習得します。
                  4.少人数双方向の演習科目の履修により、日本語ならびに外国語の文献資料の読解・分析の能力を養います。また特定テーマをめぐる報告・討論を通して、主体的に考究・発信する能力、コミュニケーション能力を伸ばし、学問研究の方法習得します。
                  5.専門教育科目では、与えられた課題を十分に探究・考察し、その結果を的確かつ論理的に構成・発信する能力を、多様な方法で評価します。
                  6.最終年次には卒業論文の作成を課します。自主的に課題を設定し、その研究計画を構想・実行することで、人文学的教養と専門的学識を総合する豊かな論述・表現能力を養います。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大阪大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、文学部は以下の能力や学識の修得を学位授与の要件とします。

                  1.多くの事象にわたる幅広い総合的な人文学的教養と、人文学を超えて学問全般にわたる広い教養を身につけている。
                  2.国際的活動の基盤として、2つ以上の外国語の運用能力ならびに異文化理解の能力を身につけている。
                  3.専門的知識を系統立てて身につけている。
                  4.専門分野における次の研究の方法と能力を身につけている。
                   ○各種データや文献資料を収集・読解・分析する能力
                   ○日本語や外国語で、研究成果や自分の知見を分かりやすく発信するデザイン力
                   ○立場や意見の異なる相手とも実り豊かな議論を行うコミュニケーション能力
                   ○調査・研究において独創的な着眼点や新たな知見を生み出す感性と探究能力
                  5. 調査・研究の成果、ならびに自分の知見を、明解な論旨の一貫した構成の論文やレポートにまとめる論述能力を身につけている。
                  6.これらの能力をもとに、人間の精神的・文化的営みを深く内在的に把握すると共に、社会と文化の変遷を巨視的な観点に立って意味づけ理解する力を身につけている。またその理解を表現する豊かな文章力を身につけている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  学士入学の制度あり

                  専攻分野

                  その他専攻分野