ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  国際公共政策研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  国際公共政策 2年 修士(国際公共政策)
                  比較公共政策 2年 修士(国際公共政策)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもとに、国際公共政策研究科は、次の属性を備えた人材を育成するための授業を開講し、試験、レポート、授業における報告・討論等により、当該科目について専門性等を備えたと判断できる学生に単位を授与します。
                  1専門性
                  国際公共政策研究科は、法律学・政治学・経済学の一線級の研究者である教員を擁し、高度な専門性を有する多彩な授業を提供している。また、学生には、入学時に指導教員を配置し、2年次にはさらに副指導教員を定め、修士論文・博士論文の執筆のために必要な研究指導がなされる。また、社会科学系の学問分野では、理論研究とともに、実務レベルの評価に耐えうることが重要なため、本研究科では、官公庁や国際機関において実務経験のある研究者を有するほか、官界や民間などの実務家を非常勤講師として任用し、これらの教員が実務的妥当性を確保するための授業を提供している。
                  2学際性・複眼性
                  学際性を有する研究を促進するため、本研究科では、初学者を対象とした法律学・政治学・経済学の基礎を学ぶ科目を提供している。また、通常の授業においても、多様な方法論を用いた授業を提供している。
                  3国際性
                  本研究科では、国際関係論・国際法・国際経済学など、国際性を有する授業科目を多数配置するとともに、英語で行われる授業も相当数開講している。
                  4コミュニケーション能力・リーダーシップ
                  本研究科では、ネゴシエーションやディベート、リーダーシップ、インターンシップなどの授業を提供しており、コミュニケーション能力の向上と指導性の養成に努めている。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   大阪大学のディプロマ・ポリシーのもとに、国際公共政策研究科博士前期課程では、次の基準を満たした学生に修士(国際公共政策)の学位を授与します。
                  1所定の単位を修得し、法律学・政治学・経済学における高度な専門的能力を身につけている。
                  2修士論文は、著者の問題意識、方法論、分析・論証及び結論が論理的に構築され、かつ、他者に著者の主張が適切に伝達されるよう明瞭・平明に記述されている。
                  3修士論文が、次の属性を備えている。
                   ①新規性(内容が新規であり、独創的であること)
                   ②継承性(先行研究を十分に渉猟し、先行研究に対する位置づけが明確であること)
                   ③実証性(確かな典拠・データに基づいて議論が展開されていること)
                   ④論理性(議論が論理的に展開されていること)
                   ⑤明確性(明快・適切な表現が用いられていること)
                  4修士論文の口頭試験において、十分に準備された明快なプレゼンテーションを行うことができる。
                  5修士論文の口頭試験において、審査委員である教員と対等の研究者として討論することができる。
                    
                   国際公共政策研究科博士後期課程では、上記に加えて(ただし修士論文は博士論文と読み替える)、
                  さらに次の基準を満たした学生に博士(国際公共政策)の学位を授与します。
                  6独立した研究者として研究を遂行する学力・能力をもち、今後、一定水準の学術的価値をもつ論文その他の知的生産物を継続的に公表していくことができる。
                  7博士論文は、専門分野における高度の学術的価値を有する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野