ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  ここから大学情報です
                  お気に入りリスト一覧へ

                  基本情報

                  大学の基本情報

                  大学名
                  大阪大学
                  本部所在地
                  大阪府吹田市 
                  設立年(設置認可年)
                  1949
                  大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
                  06-6877-5111
                  06-6877-5111 ( 吹田キャンパス )
                  06-6879-5111 ( 同上 [医学系研究科、医学部、同附属病院、歯学研究科、歯学部、同附属病院])
                  06-6850-6111 ( 豊中キャンパス )
                  072-730-5111 ( 箕面キャンパス )
                  大学の種類
                  国立・大学(大学院大学を含む)
                  総学生数(学部)
                  15,250人
                  総学生数(大学院)
                  8,054人
                  総教員数(本務者)
                  3,267人

                  大学の教育研究上の目的や建学の精神

                  大阪大学は大阪大学憲章を以下のとおり定めています。

                  大阪大学は、開学以来の国立大学という組織を離れて、国立大学法人として新たに出発する。かねて大阪の地に根づいていた懐徳堂・適塾以来の市民精神を受け継ぎつつ、「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーとして、それぞれの時代の社会の課題に応えてきた。歴史の大きな転換点をむかえつつあるいま、大阪大学が国立大学法人として新たな出発をするこの機に臨み、将来の豊かな発展を期して、あらためて自らの基本理念を以下のとおり宣言し、大阪大学の全構成員の指針とする。

                  1.世界水準の研究の遂行
                  大阪大学は、人間そのものや人間が構成する様々な社会、及びそれを取り巻く環境や自然のあらゆる分野について、また、それら相互の関係について、その真理を探求し、世界最先端の学術研究の場となることをめざす。
                  2.高度な教育の推進
                  大阪大学は、次代の社会を支え、人類の理想の実現をはかる有能な人材を社会に輩出することを、その目標とする。
                  3.社会への貢献
                  大阪大学は、教育研究活動を通じて、「地域に生き世界に伸びる」をモットーとして、社会の安寧と福祉、世界平和、人類と自然環境の調和に貢献する。
                  4.学問の独立性と市民性
                  大阪大学は、教育研究の両面において、懐徳堂・適塾以来の自由で闊達な市民的性格と批判精神やその市民性を継承し、発展させる。学問の本質を踏まえ、いかなる権力にも権威にもおもねることなく、自主独立の気概のもとに展開する。
                  5.基礎的研究の尊重
                  大阪大学は、すべての分野において基礎的・理論的な研究を重視し、世界水準の研究を自らの課題として、次世代においても研究のリーダーであることを標榜する。
                  6.実学の重視
                  大阪大学は、実学の伝統を生かし、基礎と応用のバランスに配慮して、現実社会の要請に応える教育研究を実践する。
                  7.総合性の強化
                  大阪大学は、総合大学としての特色を追求する。たんなる部局の集合体ではなく、人文科学・社会科学・自然科学・生命科学など、あらゆる学問分野の相互補完性を重視するとともに、新時代に適合する分野融合型の教育研究を推進する。
                  8.改革の伝統の継承
                  大阪大学は、つねに世界に先駆けて新たな学問分野を切り拓き、それに見合った教育研究組織を生み出してきた自己革新の伝統を継承し、絶えざる組織の点検・再編に努める。
                  9.人権の擁護
                  大阪大学は、その活動のあらゆる側面において、人種、民族、宗教、信条、貧富、社会的身分、性別、障害の有無などに関するすべての差別を排し、基本的人権を擁護する。
                  10.対話の促進
                  大阪大学は、あらゆる意味での対話を重んじ、教職員および学生は、それぞれの立場から、また、その立場を超えて、互いに相手を尊重する。
                  11.自律性の堅持
                  大阪大学は、直面する課題に対し、構成員間の協調をとおして、自らの意思においてその解決を図る。

                  続きを読む… 折り畳む

                  大学の特色等

                  大阪大学は、大阪府市民ならびに大阪の政財界の強い要望を受け、1931年に大阪帝国大学として創立されました。そして、その源流は江戸時代の懐徳堂と適塾に見出すことができます。この二つの学問所の学風と精神を今も継承し、先進性とたゆまぬ挑戦性を基軸に教育研究に取り組み、さらに2007年に大阪外国語大学との統合という大事業を経て、我が国有数の研究型総合大学として発展を続けています。
                  一方で国立大学を取り巻く環境は急激に変化しています。たとえば、グローバル化の波は猛烈な勢いで押し寄せてきています。また、人材育成や産学連携において国や社会からの強い期待と要請があります。卓越した教育研究を推進することと並んで、市民や社会の負託に応えていくことは大学の重要な責務の一つです。
                  このような中にあって、本学は多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風を活かし、大阪という地の利が織りなす卓越した「基盤」と「力」を背景に、学問の真髄を極める高いレベルの教育研究を追求するとともに、学問を介して、知識、技能、経験、立場などの多様性を有する人々の相互理解と協働によるコラボレーティブ・イノベーションを推進します。
                  また、大阪の市民の力によって生まれた創建の経緯を持ち、「地域に生き世界に伸びる」をモットーとする本学は、国内外の市民や行政、経済、産業界などの幅広いパートナーと手を携え、社会とともに歩む大学であり、持続的に発展し活力ある社会を創出するための変革を担う人材の育成や新たな価値の創成といったグローバル社会が求める負託に応えていきます。

                  教育研究上の基本組織

                  全てを表示する 折り畳む

                  学部(短期大学の場合は学科)
                  文学部
                  人間科学部
                  外国語学部
                  法学部
                  経済学部
                  理学部
                  医学部(医学科)
                  医学部(保健学科)
                  歯学部
                  薬学部(薬学科)
                  薬学部(薬科学科)
                  工学部
                  基礎工学部

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  研究科
                  文学研究科(博士課程(後期))
                  文学研究科(博士課程(前期))
                  文学研究科(修士課程)
                  人間科学研究科(博士課程(後期))
                  人間科学研究科(博士課程(前期))
                  法学研究科(博士課程(後期))
                  法学研究科(博士課程(前期))
                  経済学研究科(博士課程(後期))
                  経済学研究科(博士課程(前期))
                  理学研究科(博士課程(後期))
                  理学研究科(博士課程(前期))
                  医学系研究科(博士課程(一貫))
                  医学系研究科(博士課程(後期))
                  医学系研究科(博士課程(前期))
                  医学系研究科(修士課程)
                  歯学研究科(博士課程(一貫))
                  薬学研究科(博士課程(一貫))
                  薬学研究科(博士課程(後期))
                  薬学研究科(博士課程(前期))
                  工学研究科(博士課程(後期))
                  工学研究科(博士課程(前期))
                  基礎工学研究科(博士課程(後期))
                  基礎工学研究科(博士課程(前期))
                  言語文化研究科(博士課程(後期))
                  言語文化研究科(博士課程(前期))
                  国際公共政策研究科(博士課程(後期))
                  国際公共政策研究科(博士課程(前期))
                  情報科学研究科(博士課程(後期))
                  情報科学研究科(博士課程(前期))
                  生命機能研究科(博士課程(一貫))
                  高等司法研究科(専門職学位課程)
                  大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科(博士課程(後期))

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  その他の学内組織
                  附属図書館
                  医学部附属病院
                  歯学部附属病院
                  微生物病研究所
                  産業科学研究所
                  蛋白質研究所
                  社会経済研究所
                  接合科学研究所
                  レーザー科学研究所
                  低温センター
                  超高圧電子顕微鏡センター
                  環境安全研究管理センター
                  国際教育交流センター
                  生物工学国際交流センター
                  太陽エネルギー化学研究センター
                  総合学術博物館
                  キャンパスライフ健康支援センター
                  国際医工情報センター
                  数理・データ科学教育研究センター
                  科学機器リノベーション・工作支援センター
                  日本語日本文化教育センター
                  ナノサイエンスデザイン教育研究センター
                  知的基盤総合センター
                  核物理研究センター
                  サイバーメディアセンター
                  免疫学フロンティア研究センター
                  大阪大学・情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター
                  高等共創研究院
                  未来戦略機構
                  先導的学際研究機構
                  データビリティフロンティア機構
                  放射線科学基盤機構
                  全学教育推進機構
                  マルチリンガル教育センター
                  高等教育・入試研究開発センター
                  男女協働推進センター
                  社会ソリューションイニシアティブ
                  COデザインセンター
                  グローバルイニシアティブ・センター
                  適塾記念センター
                  共創機構
                  21世紀懐徳堂
                  情報推進本部
                  安全衛生管理部
                  法務室

                  キャンパス一覧

                  キャンパスの外観1

                  キャンパスの外観1

                  評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

                  全てを表示する 折り畳む

                  評価機関評価年月
                  国立大学法人評価文部科学省2017年11月
                  評価機関評価年月
                  大学機関別認証評価大学評価・学位授与機構2016年3月
                  評価機関評価年月
                  専門職大学院認証評価(法科大学院認証評価)大学評価・学位授与機構2014年3月

                  学生支援

                  就学支援

                  学業支援
                  ①ラーニング・サポーター
                  全学教育推進機構と附属図書館とが連携して、各キャンパスの図書館内(ラーニング・コモンズ、グローバル・コモンズ)にて学習相談を行う大学院生TA(ラーニングサポーター:LS)を配置し、学部学生への学習相談を実施しています。ラーニングサポーターの相談スキルアップのために、教育支援教員による年数回の研修会を実施しています。また、新入生を対象としたスタディスキルズ(ノートテイク術、レポート作成法等)セミナーやその他の学生も対象にした講習会を実施し、学部学生の学習意欲向上を図っています。
                  ②ティーチング・アシスタント
                   大阪大学の講義には、様々な形でTAが関わり、学生の皆さんの学習をサポートします。また、語学学習やIT関連のサポートに従事するTAもいます。
                  ③スチューデント・スタッフ
                   スチューデント・スタッフは、履修に関する相談を受けてくれる先輩たちです。
                  ④クラス担任
                   現在、学生の修学を効果的に行うために、学部ごとに、主に学科(専攻)を単位としてクラス編成が行われており、各クラスにはクラス担任制度が設けられています。クラス担任は、学部の専任教員がクラスごとにクラス担任として、クラス学生の学習の助言、履修指導その他学生個人の諸問題に関する相談相手として、その任に当たっています。
                  ⑤欠席が続く学生への対応
                  全学教育推進機構では、欠席が続く学生いた場合、授業担当教員から情報を収集し、学生所属学部学科のクラス担任や指導教員へ即時連絡する体制を取っています。学生の学習状況を早期把握および対処することにより、成績不振とならないように支援しています。


                  修学援助
                  ①入学料免除・授業料免除及び収納猶予等
                   経済的理由により入学料(授業料)の納入が困難であり、学力基準を満たす方は、予算の範囲内で本人の申請に基づき選考の上、入学料(授業料)の全額又は半額の免除、及び収納猶予、授業料分納を認める制度です。
                  ②日本学生支援機構奨学金
                   学業、人物ともに優秀であり、かつ経済的理由により修学が困難と認められる学生に奨学金を貸与する制度です。
                  ③地方公共団体及び民間奨学団体奨学金
                   学業優秀・品行方正・健康でありながら、経済的理由により、修学が困難な学生に対し、将来社会に貢献し得る人材を育成することを主目的として、給与若しくは貸与される民間団体等による教育支援制度です。

                  学生寮
                   修学上の便宜を図ることを目的に複数の学生寮を設置しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  心身の健康に係る支援

                  キャンパスライフ健康支援センター相談支援部門学生相談室では、学生の進路の悩み、学業の悩み、サークルや部活動の悩み、人間関係の悩み、恋愛の悩み、また、やる気が出ない、目標がない、授業に出られない、下宿に閉じこもってしまう、はっきりした悩みはないが何となく不安だ、困っていることがあるが誰に(どこに)相談したらいいのか分からないなど、学生生活上の様々な問題について、専門のカウンセラーが相談に応じています。また、保護者、教職員からの相談にも対応しています。
                  学生同士のコミュニケーションの場を提供し、自己理解を深めるきっかけづくりとなるグループ活動やイベントも開催しています。保護者、教職員からの相談にも対応しています。ピア相談室では、学生生活上の様々な事柄について、教員や学生の皆さんと年齢の近い大学院生がお話をお聞きしています。カルト団体や消費者トラブル等については学生・キャリア支援課と連携して相談窓口を開設し、専任の教員が対応しています。また、何でも相談室では、どこかで相談したいが、どこに行けばよいかよく分からないというような相談やSOGI相談等をお受けし、適切な学内外の相談支援機関や医療機関を紹介したり、必要に応じ、紹介先の機関と連携や連絡をとりあって、相談がスムーズに進むようにサポートしています。

                  留学生支援

                  「国際交流・留学」ページにて「大阪大学へ留学したい方」の項目を設けて、私費外国人留学生向け入学試験や国費外国人留学生としての入学方法、中国政府「国家建設高水平大学公派研究生項目」により、本学への留学を希望する中国人留学生向けの学費支援制度や、中国からの研究生および大学院入学志願者の方への「龍門窓口」の案内、交換留学生対象奨学金に関する紹介や、生活上の支援として来日前の査証に関わる手続、宿舎手配の支援、来日直後に必要な諸手続き等を中心にサポートや情報提供を「サポートオフィス」にて行っていることを紹介しています。

                  留学生支援(日本人学生への支援)

                  「国際交流・留学」ページにて「大阪大学から留学したい方」の項目を設けて、交換留学制度や短期語学研修等、大阪大学の海外留学プログラムの紹介や、海外に留学する学生向けの助成(奨学金)制度を紹介しています。

                  障害者支援

                  キャンパスライフ健康支援センター相談支援部門アクセシビリティ支援室では、身体障がい、発達障がい、精神障がい等の障がいのある学生が、障がいのない学生と同じように学び、学生生活を送ることができるよう支援や配慮のコーディネートを行っています。
                  具体的な支援内容は、以下のとおりです。
                  ○支援者(通訳者、介助者等)の派遣
                  ○学内のアクセスの確保
                  ○個々人に適した教材の提供
                  ○支援機器の設置・貸与
                  ○周囲の教職員への配慮依頼
                  ○期末試験や課題における配慮の調整
                  ○語学、実習・実験、体育科目における配慮の調整 ・・・など
                  ※実際に利用できる支援内容は、障がいや状況により異なります。
                  また、各キャンパスのバリアフリーマップを大学ホームページに掲載しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  就職・進路選択支援

                  キャリアセンター及び教育・学生支援部学生・キャリア支援課が全学的な就職・キャリア支援を行っているほか、各学部・研究科において就職担当教員・就職担当事務窓口が支援を行っています。
                  全学的な支援内容は、以下のとおりです。
                  ○就職・キャリアガイダンスの実施
                  (実施例)就職活動スタートアップ講座、エントリーシート対策講座、グループディスカッションセミナー、業界研究セミナー、自己PR実践講座、模擬面接、企業ガイダンス等
                  ○進路・就職相談の実施
                   キャリアセンター進路・就職相談室において、キャリアアドバイザーが各種相談に応じています。
                  ○キャリア・サポーター(就職内定を得た学生)による支援
                   就職・キャリアガイダンスで就職活動の体験談を語ったり、交流会や相談会の開催等により、後輩学生のための支援を行っています。
                  ○就職情報コーナーの設置
                   学内外各種ガイダンス・説明会、Uターン就職、公務員・教員等各種案内を設置しています。
                  ○OBOG名簿の閲覧
                   企業等からのご厚意で提供いただいた名簿を各学生センターで閲覧することができます。
                  ○キャリア支援図書コーナーの設置
                   総合図書館(豊中)、理工学図書館(吹田)、外国学図書館(箕面)にキャリア支援図書を設置しています。
                  ○大阪大学就職支援システム
                   求人情報、企業情報、インターンシップ情報、学内外イベント情報、公務員・教員に関する情報、過去3年間の卒業生の就職内定先の情報等、様々な情報を提供しています。
                  ○求人等情報の提供
                   大阪大学就職支援システムの他、豊中学生センターの就職情報コーナーにも求人票ファイル(紙媒体)を設置しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  課外活動

                  クラブ活動の状況

                  ■体育系(59団体)
                  学生の課外活動(体育系)の振興を図るために、総長を会長とする「大阪大学体育会」が組織され、各運動部を総括しています。 現在、体育会には約6,000名の学生が所属しています。
                  体育系の公認団体は59団体で約2,000名の部員が活動しています(平成30年6月1日現在)。

                  ■文化系(70団体)
                  文化系クラブの統括的な組織である「大阪大学文化会」が文化団体の充実と発展に向けて活動しています。 文化系の公認団体は70団体で約3,400名の学生が所属しています(平成30年6月1日現在)。

                  ボランティア活動の状況

                  豊中学生交流棟2階共有スペースにボランティアに関する各種案内を配架しています。

                  学生寮一覧

                  学生寮の有無
                  所在地刀根山寮:豊中市待兼山町1-11 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  豊中キャンパス内に設置
                  吹田キャンパスへは豊中キャンパスから公共交通機関で約40分
                  箕面キャンパスへは豊中キャンパスから公共交通機関で約50分

                  定員142人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)5,900円
                  入寮条件

                  ■日本人学部学生
                  (新入生) 通学状況、経済的条件を基に選考します。
                  (在学生)
                  (1) 国際交流に関心がある方
                  (2) 最短修業年限まで継続居住できる方
                  (3) 改修工事等に伴う寮内もしくは他の学寮(住所変更を伴う)への居室移動等について、大阪大学から要請があった場合に対応できる方
                  ■留学生  
                  単身の外国人留学生(男子)

                  特色

                  男子寮 (留学生と混住)

                  所在地清明寮:豊中市宮山町3-24-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  豊中キャンパスから徒歩10分
                  吹田キャンパスへは豊中キャンパスから公共交通機関で約45分
                  箕面キャンパスへは豊中キャンパスから公共交通機関で約55分

                  定員152人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)5,900円
                  入寮条件

                  ■日本人学部学生
                  (新入生) 通学状況、経済的条件を基に選考します。
                  (在学生)
                  (1) 国際交流に関心がある方
                  (2) 最短修業年限まで継続居住できる方
                  (3) 改修工事等に伴う寮内もしくは他の学寮(住所変更を伴う)への居室移動等について、大阪大学から要請があった場合に対応できる方
                  ■留学生  
                  単身の外国人留学生(男子)

                  特色

                  男子寮 (留学生と混住)

                  所在地新稲寮:箕面市新稲7-1-18 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  豊中キャンパスへ自転車で約30分、公共交通機関で約45分
                  吹田キャンパスへは公共交通機関で約65分
                  箕面キャンパスへは公共交通機関で約75分

                  定員40人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)4,300円
                  入寮条件

                  ■日本人学部学生
                  (新入生) 通学状況、経済的条件を基に選考します。
                  (在学生)
                  (1) 国際交流に関心がある方
                  (2) 最短修業年限まで継続居住できる方
                  (3) 改修工事等に伴う寮内もしくは他の学寮(住所変更を伴う)への居室移動等について、大阪大学から要請があった場合に対応できる方

                  特色

                  女子寮 (国際学生宿舎と隣接)

                  所在地向陽寮:箕面市粟生間谷東8-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  箕面キャンパス内に設置
                  吹田キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約35分
                  豊中キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約50分

                  定員104人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)4,300円
                  入寮条件

                  ■日本人学部学生
                  (新入生) 通学状況、経済的条件を基に選考します。
                  (在学生)
                  (1) 国際交流に関心がある方
                  (2) 最短修業年限まで継続居住できる方
                  (3) 改修工事等に伴う寮内もしくは他の学寮(住所変更を伴う)への居室移動等について、大阪大学から要請があった場合に対応できる方

                  特色

                  男子寮 

                  所在地もみじ寮:箕面市粟生間谷東8-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  箕面キャンパス内に設置
                  吹田キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約35分
                  豊中キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約50分

                  定員200人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)5,900円
                  入寮条件

                  ■日本人学部学生
                  (新入生) 通学状況、経済的条件を基に選考します。
                  (在学生)
                  (1) 国際交流に関心がある方
                  (2) 最短修業年限まで継続居住できる方
                  (3) 改修工事等に伴う寮内もしくは他の学寮(住所変更を伴う)への居室移動等について、大阪大学から要請があった場合に対応できる方
                  ■留学生  
                  単身の外国人留学生(女子)

                  特色

                  女子寮 (留学生との混住)

                  所在地吹田留学生会館:吹田市五月が丘北2-9 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  吹田キャンパスへは公共交通機関で約45分
                  豊中キャンパスへは公共交通機関で約45分
                  箕面キャンパスへは公共交通機関で約1時間

                  定員76人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)12,000円
                  入寮条件

                  単身の外国人留学生(男子)

                  特色
                  所在地新稲国際学生宿舎:箕面市新稲7-1-18 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  豊中キャンパスへ自転車で約30分、公共交通機関で約45分
                  吹田キャンパスへは公共交通機関で約65分
                  箕面キャンパスへは公共交通機関で約75分

                  定員12人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)17,000円
                  入寮条件

                  大学院正規課程に在籍する単身の私費留学生(女子)
                  及び大学院正規課程に在籍する単身の日本人学生(女子)

                  特色

                  女子寮

                  所在地箕面留学生会館:箕面市粟生谷東8-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  箕面キャンパス内に設置
                  吹田キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約35分
                  豊中キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約50分

                  定員117人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)14,000円
                  入寮条件

                  単身の外国人留学生(男子・女子)

                  特色

                  計117室(1号館:81室、2号館:36室)
                  ※2号館は女子留学生のみ

                  所在地箕面国際学生宿舎:箕面市粟生谷東8-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  箕面キャンパス内に設置
                  吹田キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約35分
                  豊中キャンパスへは箕面キャンパスから公共交通機関で約50分

                  定員40人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)14,000円
                  入寮条件

                  単身の外国人留学生(男子・女子)

                  特色
                  所在地津雲台国際学生宿舎:吹田市津雲台3-10-D81 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  吹田キャンパスへは公共交通機関で約40分
                  豊中キャンパスへは公共交通機関で約40分
                  箕面キャンパスへは公共交通機関で約1時間

                  定員119人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)13,000円
                  入寮条件

                  単身の外国人留学生(男子・女子)

                  特色
                  所在地国際交流会館:豊中市待兼山町1-18 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  豊中キャンパス内に設置
                  吹田キャンパスへは豊中キャンパスから公共交通機関で約40分
                  箕面キャンパスへは豊中キャンパスから公共交通機関で約50分

                  定員
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)
                  入寮条件

                  外国人留学生(男子・女子)とその配偶者、子供(配偶者や子供は本人と夫婦室もしくは家族室で同居する場合のみ入居可能)

                  特色

                  ■全100室(単身室70室、夫婦室17室、家族室13室)があり、寮費はそれぞれ以下のとおり。
                  【単身室:16,000円、夫婦室:16,000円、家族室:18,000円】
                  単身室は1名、夫婦室は2名、家族室は4名まで入居可能。

                  ■寝具レンタルが可能(希望者のみ)
                  1セット1,782円、毛布540円(消費税込)

                  全て表示 折り畳む

                  刀根山寮(※日本人学生)、清明寮(※日本人学生)、新稲寮、向陽寮、もみじ寮(※日本人学生)、新稲国際学生宿舎、国際交流会館は別途光熱水料(実費)が必要。

                  ○次の施設の留学生は寮費とは別に毎月以下の共益費が必要。
                  刀根山寮:7,500円(※留学生のみ)
                  清明寮:8,500円(※留学生のみ)
                  もみじ寮:6,500円(※留学生のみ)
                  吹田留学生会館:11,000円
                  箕面留学生会館1号館・2号館:6,500円
                  箕面国際学生宿舎:6,500円
                  津雲台国際学生宿舎:8,500円
                  国際交流会館 単身室:3,000円、夫婦室:3,500円、家族室:5,000円(※水道費を含む)



                  ○次の施設は入居時に以下の退去後清掃費が必要(1回のみ)。
                  吹田留学生会館 9,072円
                  新稲国際学生宿舎 7,560円
                  箕面留学生会館 1号館 4,536円
                  箕面留学生会館 2号館 6,048円
                  箕面国際学生宿舎 6,264円
                  津雲台国際学生宿舎 4,536円
                  国際交流会館 単身室:12,000円、夫婦室:16,000円、家族室:21,000円



                  各寮とも食堂なし。補食室等を利用して簡単な調理をすることは可能(国際交流会館、新稲国際学生宿舎は居室内にキッチンあり)。

                  なお、記載内容は平成30年度のものであり、共益費、退去後清掃費は毎年度見直しを行いますのでご留意ください。

                  続きを読む… 折り畳む

                  本学では、グローバル社会で活躍する能動的人材の育成を目指しています。この実現のために教育の質保証に取り組んでおり、以下のような取組を実施しています。
                  ○ラーニング・コモンズ、グローバル・コモンズ
                  附属図書館の4館すべて(総合図書館、生命科学図書館、理工学図書館、外国学図書館)に、学生同士がディスカッションしながら学習できる、主体的な学びのスペースとして「ラーニング・コモンズ」を設置しています。ラーニング・コモンズは、図書館資料を自由に利用できるだけでなく、可動式テーブルや椅子のほか、ホワイトボード、プロジェクタ、貸出用ノートパソコン、無線LAN設備などが備えられている空間で、グループ学習や講習会、授業などに活用されています。さらに、ラーニング・サポートデスクを設け、ラーニング・サポーターによる学習相談サービスを提供しています。
                  また、豊中の総合図書館には、本学の教育理念の一つである「国際性」に根差した多言語・異文化理解のための共同学習スペースとして「グローバル・コモンズ」を設置しています。こちらには留学生をはじめ、特に語学に堪能なラーニング・サポーターを配置し、留学生や日本人学生の学びと交流を支援しています。
                  ○ステューデント・コモンズ、サイエンス・コモンズ
                  全学教育推進機構に、学生同士の議論、学生と教職員との対話、学生・教職員企画の様々なイベント、留学生との交流等に活用するための「ステューデント・コモンズ」、「カルチエ・ミュルチラング」、「サイエンス・コモンズ」をオープンしています。
                  「ステューデント・コモンズ」は、「カルチエ」というカフェを中心とする空間であり、飲食しながら議論や学習ができ、「カルチエ・ミュルチラング」は、多言語カフェ(留学生がチューターとなって多言語の会話を楽しむ)や開放型のセミナーに活用されています。
                  また、「サイエンス・コモンズ」は、学生たちが科学的な展示や基礎的な実験装置に触れて知的好奇心を膨らませ、高度な測定装置を使って自主的に科学研究を行うための施設です。
                  ○ティーチング・アシスタント制度の改革(ティーチング・フェロー(TF)制度の導入等)
                  本学のティーチング・アシスタント(TA)制度については、平成24年度より学生への経済的支援に加え、教育能力の育成を図るための改革を進め一定の成果を上げてきたところですが、本学の教育のさらなる質向上のため、またより高度な教育能力をもつ人材を育成するため、制度全体を見直し、平成29年度から新たにティーチング・フェロー(TF)の身分を導入し、「TA」と「TF」の2区分として運用を開始しました。
                  ○世界の研究型大学における学生経験調査を実施
                  教育の質の保証と教育改革を推進するため、米国の研究大学における学生経験調査の国際コンソーシアムに参加しています。平成25年度以降、同コンソ―シアムと連携し、全学部・研究科の正規学生を対象に学習成果等に係るアンケート調査(SERU: Student Experience in the Research University)を毎年実施しています。
                  ○学事暦の改革(4学期制の導入)
                  グローバル社会に通用する人材を育成する教育を実現するための制度改革の一環として、学生の主体的な学びを促進するとともに、多様な学修体験の機会を確保できるよう学事暦を「柔軟化」し、平成29年度から4学期制を導入しています。
                  ○AO・推薦入試
                  日本トップクラスの学問と研究を通じて、21世紀のグローバル社会で活躍できる「教養・デザイン力・国際性」を備えた人材を育成することを目指し、これまでの常識や価値観にはとらわれない多様な資質を持った学生を獲得するため、一般入試とは異なる大阪大学独自の入試方式を取り入れた、新しい入試制度を実施しています。
                  全学部において「AO入試」または「推薦入試」のいずれかを実施しており、いずれの入試でも従来の筆記試験の成績だけでなく、高等学校での学びや活動の経歴も考慮し、志願者の意欲や能力など多面的・総合的な評価による選抜方式により、主体的に学ぶ態度と能力を兼ね備えた、21世紀のグローバルリーダーの卵となる意欲的な人材や、グローバル社会で活躍できる優秀な人材の獲得を目指しています。

                  続きを読む… 折り畳む