ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人間科学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  人間科学 4年 学士(人間科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーを受け、人間科学部は、人間についての理解を深め、現代の多様な問題を、総合的・学際的な視点で分析し、科学的な新しい人間観を社会に示し、人間の現実生活をより充実させることをめざしています。このため本学部では、以下のカリキュラムを提供します。
                  ○全学共通教育科目では、すべての学問領域を横断的に俯瞰できるような教養科目、情報処理科目、健康・スポーツ教育科目を履修します。特に外国語教育科目と統計学、数学の履修の比重を大きくして、その後の専門科目修得の基礎能力を培うようにしています。
                  ○専門教育科目では、人間を科学的に考察する必修・選択必修科目群を低学年次に配置することで、学生の知的関心を喚起し、研究分野選択の道しるべとしています。
                  ○高学年次においては学生各自が選択した行動学科目、社会学科目、教育学科目、共生学科目の専門領域を深めつつ、他の学科目さらには他学部科目等の履修を可能にし、多様な研究の視点を学際的に学べるよう、自由選択科目の幅を広く設定しています。
                  ○本学部のカリキュラムの最大の特徴は、2年生後半から3年生後半までの一年半に毎週3コマ枠を使う実験実習(計6単位)であり、少人数教育の中でより具体的な研究方法を学び、研究テーマを深く追究できるようにしていることです。
                  ○すべての授業が英語によっておこなわれる「人間科学英語コース」があり、人間科学部の学生も英語による多彩な授業に参加できます

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大阪大学のディプロマ・ポリシーのもとに、人間科学部では、21世紀の日本及び国際社会に貢献する能力を養うため、学際性・実践性・国際性という3つの理念に即した、以下にあげるような能力を修得した学生に学位を授与します。

                  ○人間と社会の諸側面について学際的で幅広い知識を身につけている。
                  ○行動学、社会学、教育学、共生学の基本的な知識を体系的に理解している。
                  ○現代社会やそこに生きる人間に深い関心を持ち、現代という未曾有の転換期の学問的・社会的要請に応えようとする意欲を持っている。
                  ○実験・調査・フィールドワークなどによって、問題となる課題を発見し、解決する実践的能力を持っている。
                  ○問題となる課題についての専門的知識、及びそれを人間科学的手法により分析・考察できる研究スキルを修得している。
                  ○自らの思考・判断のプロセスを説明し、伝達するためのプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を持っている。
                  ○国際社会の一員として問題解決を図ろうとする旺盛なチャレンジ精神を持っている。

                  これらの能力は、博識であることや科学的に物事を判断できるということにとどまらず、激動する社会の中で柔軟に対応可能となるよう、自己の日々の成長や研鑽の素地として有効に機能するものと考えています。特に、人間科学英語コースでは、グローバル化する現代社会の中で、国際的に貢献できる素養を有することを求めます

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  費用負担の内訳(検定料:30,000円、入学料:282,000円)
                  検定料:募集要項に記載。年度により変動する。(願書受け付け期間内)
                  入学料:年度により変動する。(入学手続き期間内)

                  専攻分野

                  その他専攻分野