ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  経済学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  経済学 3年 博士(経済学)、博士(応用経済学)
                  経営学系 3年 博士(経営学)、博士(経済学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学の研究科カリキュラム・ポリシーのもとに、経済学研究科では、教育目標にしたがった多様で体系的なカリキュラムを用意しています。
                  経済学専攻博士前期課程においては、経済学コースと応用経済コースではミクロ経済学、マクロ経済学、エコノメトリックス等、歴史コースでは経済史、経営史等、当該分野に必要な基礎知識を学んだ上で最先端の高度な専門知識の習得へと進み、得られた知識や思考法を用いて教員の指導のもとで学位論文や特定の課題についての研究を完成するという体系的なカリキュラムになっています。
                  経営学系専攻の博士前期課程も、多様で体系的なカリキュラムを提供しています。研究者養成を主目的とする経営研究コースでは、まず、それぞれの研究分野に必要な基礎知識を学習した上で、より専門的な知識や思考法を習得し、それらを用いて教員指導のもと学位論文を作成していくカリキュラムとなっており、特に教員の研究指導が重視されています。MOTコース、ビジネス・コース、グローバル・マネジメントコースでは、多様な人材を育てるために、基礎的な知識を学んだ上で、専門知識への習得へ進み、教員指導のもと学位論文や特定の課題についての研究を完成していく体系的なカリキュラムとなっています。博士前期課程の多くの科目では、試験、課題や報告の内容、参加の姿勢などによって総合的に評価され、学位論文や課題研究につながる研究指導では、報告や議論の内容などによって評価されます。
                  博士後期課程では、経済学専攻、経営学系専攻とも、指導教員のもとで学位論文を作成することに重点が置かれます。最先端の専門論文や専門書を読み、独創性のある研究成果を学会等で発表し、海外や国内の査読付き学術誌に論文を投稿し、学位論文の完成につなげていきます。博士後期課程の多くの科目や研究指導も、博士前期課程と同様の方法によって評価されます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  経済学研究科は、大阪大学のディプロマ・ポリシーに則り、博士前期課程教育を通じて以下の基準を満たす学生に、修得した専門分野に応じて、修士(経済学)、修士(応用経済学)、または修士(経営学)の学位を授けます。
                  (1)世界に通用する経済学や経営学の先端知識を体系的に習得している
                  (2)論理的に思考する能力をもっている
                  (3)専門知識にもとづいて現実の経済・経営問題を理解する方法を習得している
                  (4)人間社会および自然界に関する高度な教養を身につけている
                  (5)未解決の問題に対して、解決までの道筋を自らのアイデアで作り上げていくデザイン力を備えている
                  (6)自国の経済問題だけでなくグローバルな諸問題にも関心をもっている
                  (7)日本人および外国人と心を開いて対話するコミュニケーション能力がある
                  (8)自分の考えや意見を論理的に、そして説得力をもって話したり書いたりする能力を身につけている
                  また、博士後期課程教育を通じて、上記の基準を満たす能力をさらに高めることができたと認められる学生、または同等の学力を確認することができた者に対して、博士(経済学)、博士(応用経済学)、または博士(経営学)の学位を授けます。
                  修士および博士の学位には、最先端の研究者として、あるいは高度な知識をもった職業人として、将来、大きな成果をあげてほしいという期待が込められています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野