ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  高等司法研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  法務 3年 法務博士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもとに、本研究科は、法曹養成プロセスの第一段階としての教育目標を実現するために、以下の4つの柱に即してカリキュラムを構築しています。
                  (1)少人数教育と段階的かつ完結的な履修を可能にするカリキュラムの設定
                  (2)「理論と実務の架橋」を目指し、内容面と主体面ともに実務家との密接な協力に基づく実務系科目の段階的配置
                  (3)幅広い視野・関心及び複眼的思考による深い洞察力と国際性を涵養するための充実した基礎法学・隣接科目の提供並びに法曹としての責任・倫理観を陶冶するための法曹倫理の必修化
                  (4)現代社会の多様な法的ニーズにこたえられる展開・先端法領域での授業科目の提供これらを具体化するために、学年進行的に、①「理論」的性格の強い授業科目から、「実務」的性格の強い授業科目へと比重が移行していくように、また、②全体として「基礎」から「応用」さらには「演習」ないし「展開・先端」へと推移していくように授業科目を配置しています。特に、法律基本科目では「基礎」から「応用」そして「総合」という積上げ型学修を徹底しています。
                  さらに、法学未修者を念頭において、法学学修の手ほどきをする導入的科目を配置しています。
                  各科目の単位認定については、次の段階に進めるレベルに達したかどうかを絶対的に評価して決定し、そのレベルに達した者については相対的評価によって成績を決定します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大阪大学のディプロマ・ポリシーのもとに、以下の本研究科のディプロマ・ポリシーを定めました。
                  専門職大学院である本研究科の標準修業年限は3年で、所定の科目群から合計98単位以上を修得し、(1)から(4)までの知識、能力を身につけ、司法試験に合格しうる学生に「法務博士」学位を授与します。
                  本研究科の課程において必要とする法学の基礎的な学識を有すると教授会が認めた者(法学既修者)については、1年次配当の必修科目34単位を修得したものとみなします。また、法学既修者については、修了に要する在学期間につき1年を超えない範囲で、本研究科が認める期間在学したものとみなすことになりますので、2年で本研究科課程を修了することができます。
                  (1)十分な法律知識を身につけ、的確な文章表現で自分の考えを示すことができる
                  (2)司法修習に即応できる実務の知識・技能を身につけている
                  (3)多角的視点から社会的事象を捉えることができる
                  (4)豊かな人間性と高い職業倫理を身につけている

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野