ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(保健学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学 4年 学士(看護学)、学士(保健衛生学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   現代の医療が取り組むべき課題は、単に疾病のみでなく、広く人々の健康や福祉にまでも及んでおり、より高度で広範な対応が求められています。このため医療の現場において医師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師等の専門医療職者がそれぞれの専門性を活かしたチームを組み、医療の発展に貢献することが必須です。
                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもとに、医学部保健学科は、全学共通教育で幅広い知識と教養、豊かな人間性、高い倫理観を身につけます。専門課程では、看護学、放射線技術科学、検査技術科学の理論と実践を科学的に追求し、高度の専門知識・技術を総合的に教育・研究します。わが国におけるこれら分野の知的拠点として、学問的進歩を先導し、その中核を担う指導的人材の養成を目標としています。
                   国際的にもライフサイエンスの一大情報発進基地として発展しつつある大阪大学において、他の学部・学科とともにその一翼を担い、人類全体の健康と福祉の増進を目的として豊かなヒューマニズムにもとづいた国際的指導性、コーディネーション能力、コミュニケーション能力を有する人材の養成を目指します。さらには新たな問題を的確に位置づけし、情報を多面的に収集、整理、分析した上で、科学的根拠の下に論理的に考察できるよう指導します。臨床での教育・研究は医学部附属病院のスタッフの協力のもとに行います。医療に関する知識は座学だけでなく、実践の場で応用できることが必要です。
                   カリキュラム全体を通し、医療専門職としてふさわしい使命感と倫理観を自覚した医療のプロフェッショナルとして、目標の実現のために適正な医療技術の提供とそれに対する責任の持てる社会人を育成します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  大阪大学のディプロマ・ポリシーのもとに、医学部保健学科においては、国内だけではなく世界に通用する高度な医療専門職の養成をめざすという基本理念の下、以下の基準を満たした学生に学位を授与します。
                  1医療専門職としてふさわしい使命感と倫理観を自覚している
                  ・高い倫理観と人間性を身につけ、常に医療のプロフェッショナルで あるという自覚のもとに行動できる
                  ・それぞれの専門領域における方向性を示し、目標の実現のためにリーダーシップをとることができる ・社会の一員としての意識を持ち、社会の発展のために積極的に貢献できる
                  2看護学あるいは医療技術科学についての専門的知識および技能をもち、チームの一員として行動することができる
                  ・必要となる専門的知識および技能を得るために、主体的かつ継続的に学習する能力をもつ
                  ・専門的知識体系を人類の文化、社会、自然に関連づけて理解できる
                  ・自らの思考プロセスを第三者に伝達するための的確なプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力をもつ
                  3看護学あるいは医療技術科学における新たな問題を主体的に解決することができる
                  ・問題を探究するための柔軟で横断的な想像力を身につけている
                  ・問題解決のための実践的な方法をデザインできる
                  ・日本語および英語を用いて必要な情報を多面的に収集できる
                  ・専門的知識を総合的に活用しながら問題をグローバルな視点で位置づけできる
                  ・得られた情報を客観的に整理、分析し、科学的根拠の下に論理的に考察することができる

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  費用負担の内訳(検定料:30,000円、入学料:282,000円)
                  支払期日(入学料:3月中旬)

                  専攻分野

                  その他専攻分野