ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学系研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学 2年 修士(保健学)、修士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大阪大学のカリキュラム・ポリシーのもとに、
                  医学系研究科保健学専攻の博士前期課程では、多様なバックグラウンドを持つ学生が、医療現場における課題を患者家族および社会的な立場から理解するとともに、多彩な視点から問題解決をデザインできる力を養います。本研究科をはじめ、専門領域において世界最先端の連携大学院講座・寄附講座・共同研究講座から提供される医学、工学、人文科学にわたる専門的な科目、他学部・他研究科の科目も履修できます。国内外の医療機関、研究機関での研修も単位として認められます。
                  修士論文の作成は、研究遂行力、発表能力の鍛錬だけでなく、科学者であるとともに保健医療人にとって必要な、高い倫理性と強い責任感、課題遂行力の涵養を目指しています。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  大学HPで確認してください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  保健学専攻では、医療科学の一翼を担っています。臨床での課題や多職種チーム医療との融合を目指した実践性の高い領域、生態環境や医療システムモデルの検討など社会デザイン性の高い領域、次世代の保健医療福祉の基盤となる先端科学の領域等、社会的にも重要な多彩な研究分野があります。
                  大阪大学のディプロマ・ポリシーのもとに、医学系研究科保健学専攻の博士前期課程では、以下の学生に学位を授与します。
                  1.医療科学の領域で研究を遂行できる基礎学力と高度な専門性と深い学識・教養、高い倫理性を備えている。
                  2.研究テーマは学問の府たる大学としての自主性、独創性がある。研究の視点として理論と実証の両面を備えている。
                  3.課題に対する新たな評価法を提案でき、問題解決能力を身につけ、基盤技術の構築を目指している。
                  4.国際専門誌の読解力と、自身の研究の社会への説明能力を有している。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野