ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(看護学専攻・修士)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
看護学専攻 2年 修士(看護学)、修士(学術)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

■看護教育・看護管理学分野
【教育内容】
 看護教育・看護管理に必要なリーダーシップ、指導・育成能力、ならびに情報管理や制 度・政策の基礎を学ぶ「看護教育・管理学特論Ⅰ」「看護教育・管理学特論Ⅱ」「看護教 育・管理学演習」「保健医療情報学演習」を履修する。さらに、看護教育・看護管理学・ 看護情報学の諸課題を、多角的に捉え、その解決方略を探究する専門分野の「特別研究科 目」を履修する。教育・看護管理学について専門的に学習し、専門的知識に基づき、専門 分野において看護実践の探求と研究ができる授業科目で構成されている。
【教育方法】 (科目履修)
 各科目は講義に加え、ゼミナール形式の授業やグループ学習、口頭発表、質疑応答等を 行い、個々人が問題抽出能力や解決能力を鍛練する。 (研究指導) 学位論文作成のため、入学時から指導教員が指導すると共に、必要に応じて副指導教員 を配置する。
【教育評価】 (学修評価)
 学習の評価にあたっては、本学が定める成績評価規定に基づいて評価を行う。 (カリキュラム評価) 学生の学習成果や専門領域の研究動向、学外からの評価、意見を参照しつつ、カリキュ ラム評価を実施し、改善を行う。

■母子看護学分野
【教育内容】
 母子の健康および生活の質の向上に寄与するための能力を育成することを目指し、女性 及び子どもとその家族を取り巻く社会的課題を探求するための科目を配置する。また、次 世代健全育成のために必要な科学的根拠に基づいた効果的な課題解決能力を身につけた人 間力豊かな人材育成を目指し、看護を探求するための科目を配置する。 性と生殖に関する専門職として、女性のライフステージ全般におけるウィメンズヘルスな らびにリプロダクティブヘルス/ライツに対する EBN に基づく女性を中心としたケア (women-centered-care)を探求し、基礎的な助産能力を修得するための科目を配置す る。
【教育方法】 (科目履修)
・ 高度な専門的知識を習得するとともに、実践的判断力や指導力を養成するために、ア クティブラーニングなどを取り入れ、学習者の主体性を重視する。
・ 実践と理論の融合を図り、多様な健康問題に対する標準的ならびに先駆的医療に対す る対応や看護の新たな役割を思考するために、実務家教員と研究者教員による実習指導や 少人数のゼミ形式の授業を行う。 (研究指導) 学位論文作成のため、入学時から指導教員が指導すると共に、必要に応じて副指導教員 を配置する。
【教育評価】 (学修評価)
 学習の評価にあたっては、本学が定める成績評価規定に基づいて評価を行う。 (カリキュラム評価) 学生の学修成果や専門領域の研究動向、学外からの評価、意見を参照しつつカリキュ ラム評価を実施し、改善を行う。

■成人・老人看護学分野
【教育内容】
 成人・老人看護学領域では、看護の質の向上に寄与することを目的とし、看護実践者の ための知識と技術の深化を目指すための科目を配置する。高度な専門性と地域生活支援者 としての看護に重点を置き、エビデンスに基づいた実践を学ぶことによって、先駆的な高 度看護実践者および研究者を養成するための科目を配置する。
【教育方法】 (科目履修)
 専門分野の知識・技能を確実に修得させるため、分野科目を必修科目とする。各自の専 門分野や研究に合わせて必要な基礎知識が修得できるようにするため、共通科目と特別研 究科目については選択必修科目とする。関連分野の知識を修得できるようにするため、他 分野の科目を選択科目とする。特殊で専門性の高い分野やトピックスにおいては、スペシ ャリストからの特別授業により学生の理解を深める。 (研究指導) 学位論文作成のため、入学時から指導教員が指導すると共に、必要に応じて副指導教員 を配置する。
【教育評価】 (学修評価)
 学修の評価にあたっては、本学が定める成績評価基準に基づいて評価を行う。 (カリキュラム評価) 学生の学修成果や専門領域の研究動向、学外からの評価、意見を参照しつつカリキュ ラム評価を実施し、改善を行う。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 健康で文化的な生活を送るという国民の権利を支援することが医療者には求められてい ます。看護学専攻においては、高知大学の教育理念に鑑み「現場主義」を重視し、社会の 一員として求められるソーシャルスキルを基盤とした、課題解決能力を身につけた人間力 豊かな人材を育成します。さらに、医療の場を含む日常生活の場で人間にとって最も重要 な健康の増進を目指しつつ、生活者の視点で包括的な支援を行う高度に専門的な知識・技 能を身につけた論理的・創造的な看護の実践者・看護学教育者・看護管理者の育成を目指 します。

■看護教育・看護管理学分野
 修士課程看護学専攻看護教育・看護管理学分野においては、以下の能力・態度等を修得 した看護の実践者、看護学教育者、看護管理者、看護学研究者を育成します。
【知識・理解】
・ 看護理論、看護研究法、保健統計、健康情報等の専門知識を修得している。 ・看護学教育のあり方について、その本質と方法論を修得している。 ・看護管理の諸理論、医療安全、医療の質の保証などの専門的知識を修得している。
【思考・判断】
・ 現在および将来の保健医療福祉分野における様々な課題を的確に把握し、専門的知 識・技術を用いて、適切な対策を検討できる。 ・看護学教育や看護管理における現場での課題を抽出し、適切な対策を検討できる。
【関心・意欲・態度】
・ 現在および将来の保健医療福祉分野における様々な課題を的確に把握し、専門的知 識・技術を用いて、適切な対策を検討できる。 ・看護学教育や看護管理における現場での課題を抽出し、適切な対策を検討できる。
【技能・表現】
・ 保健医療福祉分野における様々な課題やその対策について、口頭あるいは文章で論理 的かつ分かり易く説明できる。 ・看護学教育や看護管理における情報を適切に分析・処理し、論理的かつ分かり易く説 明できる。
【統合・働きかけ】 ・身につけた高度な専門的知識・技能や考え方を統合し、学位論文を作成することで、 その成果を広く社会へ発信できる。

■母子看護学分野
 修士課程看護学専攻母子看護学分野においては、以下の能力・態度等を修得した看護の 実践者、看護学教育者、看護管理者、看護学研究者を育成します。
【知識・理解】
・ 看護理論、看護研究法、保健統計、健康情報、ペアレンティング等の専門知識を修得 している。
・ 子どもや母性性の発達、育児や周産期の看護等について専門知識を修得している。
・ 次世代の子どもの健全育成のために必要な看護の役割確認と方法論を修得している。
・ 女性と子ども、家族をエンパワーメントできる高度専門職業人(助産師)としての能 力を習得している。
【思考・判断】
・ 現在および将来の保健医療福祉分野における様々な課題を的確に把握し、専門的知 識・技術を用いて、適切な対策を検討できる。
・ 現在および将来の母子看護分野における少子化や母子の安全確保の課題などに対して専門的知識・技術を用いて、適切な対策を検討できる。
・ 周産期の女性の健康管理支援、新生児・乳幼児を育てる母親やその家族の育児支援、 女性のライフステージ全般に関する健康支援などについて具体的な対策が検討できる。
【関心・意欲・態度】
・ 生活者の QOL 向上をめざし、健康社会を支えることができる。
・ 看護活動の拡大化・専門化に対応して、保健医療福祉など様々な分野で活動できる。
・ 母子及び家族の健康問題に影響する社会環境の諸因子等について探求し看護の専門性 を深めることができる。
・ 場の特性に柔軟に対応し地域に密着した母子及び家族の健康増進に向けた創造的な取 り組みができる。
・ リプロダクティブヘルスの確立に向けた支援活動に参画できる。
【技能・表現】
・ 保健医療福祉分野における様々な課題やその対策について、口頭あるいは文章で論理 的かつ分かり易く説明できる。
・ 自らの課題を展開する思考と論理的且つわかりやすく説明できる。
・ 助産学と母子看護学を包括的に捉え EBN に基づく助産ケアの実施・管理ができる。
・ 女性とのパートナーシップを核とする(women-centered-care 女性中心のケア)が実 施できる。
【統合・働きかけ】
・ 身につけた高度な専門的知識・技能や考え方を統合し、学位論文を作成することで、 その成果を広く社会へ発信できる。

■成人・老人看護学分野
 修士課程看護学専攻成人・老人看護学分野では、以下の能力・態度等を修得した看護の 実践者、看護学教育者、看護管理者、看護学研究者を育成します。
【知識・理解】
・ 看護理論、看護研究法、看護倫理、保健統計、健康情報の専門知識を修得している。
・ 成人・老人看護学における専門知識(健康アセスメントの手法、関連法規・制度、ケ アマネジメント手法など)を修得している。
・ 病院や施設、地域で生活するあらゆる健康レベルにある成人・老人(障がいを持つ人 を含む)に対して、他職種と連携した看護実践のための専門知識を修得している。
【思考・判断】
・ 現在および将来の保健医療福祉分野における様々な課題を的確に把握し、専門的知 識・技術を用いて、適切な対策を検討できる。 ・クリティカルな状態にある人を理解し、生命維持・日常性の回復を目指し、QOLの 向上について適切な対策を検討できる。 ・高齢化におけるヘルスプロモーションや療養者の看取りのあり方など成人・老人看護 学における課題に対して、専門的知識・技術を用いて、適切な対策を検討できる。
【関心・意欲・態度】
・ 看護活動の拡大化・専門化に対応して、保健医療福祉など様々な分野での活動につい て関心を持つ。 ・急激な健康破綻をきたした人の特徴を理解し、その人やその家族がもつ看護問題およ び倫理問題に取り組むことができる。 ・高齢者や障がいを持つ人の QOL の向上など成人・老人看護学におけるニーズを取り上 げ、積極的に問題解決に取り組むことができる。
【技能・表現】
・ 保健医療福祉分野における様々な課題やその対策について、口頭あるいは文章で論理 的かつ分かり易く説明できる。 ・急激な健康破綻をきたした人の健康アセスメントの手法を用い、エビデンスに基づい た看護実践を説明できる。
【統合・働きかけ】
・ 身につけた高度な専門的知識・技能や考え方を統合し、学位論文を作成することで、 その成果を広く社会へ発信できる

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
看護
医療・保健・衛生

専攻分野に関する説明