ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  地域協働学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  地域協働学科 4年 学士(地域協働学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【教育内容】 地域協働学部の学士像(ディプロマ・ポリシー)を実現するために、教室における知識 の修得と地域の現場における実践の往還の中で「地域協働マネジメント力」を身につける ことをめざし、本学部教育課程を編成しています。

                  1.講義科目、演習科目 専門分野の知識・技法を修得するために、「総合科目」 及び「地域協働マネジメント 分野」、「地域産業分野」 、「地域生活分野」の科目を配置しています。「総合科目」は、基 礎的専門知識・技法を学ぶ科目と位置づけ、主に、必修又は選択必修として1年次を中 心に配置しています。また、3つの分野においては、2年次以降に学生自らがめざす人材 像を念頭に置きながら、各分野から 1 科目 2 単位以上を選択して専門分野の知識・技法 を修得するよう科目を配置しています。

                  2.実習科目 地域の特性を理解し、地域の人々と協働しながら、事業企画を立案・実施するために、 「実習科目」を地域における実践を行う科目と位置づけ 1 年次から 3 年次まで必修科目 として配置しています。

                  3.地域協働研究 講義科目における理論的学びと実習科目における実践的学びを統合するために、「地域 協働研究」を各学年の学修を総括し進級評価を行う科目と位置づけ、1年次から 3年次ま で必修科目として配置しています。

                  4.地域協働実践・卒業研究 本学部における学修の集大成のために、「地域協働実践・卒業研究」を 4 年間の学びの 成果を総括する科目と位置づけ 4年次の必修科目として配置しています。

                  【教育方法】 1.アクティブ・ラーニング 学生の主体的な学びを促進させるために、アクティブ・ラーニングの要素を取り入 れた授業を実施します。

                  2.ルーブリック 学生の学修の到達度・評価基準を明確にすることで、学生自身が自己の学修到達度 を確認できそのことにより学修意欲が向上することをめざし、「実習科目」において、 本学部が養成をめざす人材が身につけるべき「地域協働マネジメント力」を構成する 3 つの能力である「地域理解力」「企画立案力」「協働実践力」に関するルーブリックを 用いて、学修指導及び学修評価を実施します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【知識・理解】
                  ・第一次産業、地域の健康・福祉およびコミュニティに関する知識を中心に地域の産業および生活・文化に関する幅広い専門的知識を身につけている。
                  ・地域計画、地域資源管理、商品開発に関する専門的知識を身につけている。
                  ・プロジェクトマネジメント、協働マネジメントおよびファシリテーションに関する専門的知識を身につけている。
                  〔専門分野に関する知識〕
                  1.地域協働に関する専門的知識を修得している。
                  2.地域協働に関する専門的知識を地域で活用することができる。
                  〔人類の文化・社会・自然に関する知識〕
                  1.地域協働に関する基礎的で幅広い知識を修得している。
                  2.地域協働に関する基礎的で幅広い知識を地域で活用することができる。
                  【思考・判断】
                  ・複雑で多様な地域の特性を理解することができる。
                  ・地域資源を開発・活用するための企画を立案することができる。
                  〔論理的思考力〕
                  1.論理的に考え、表現することができる。
                  2.必要な情報を収集した上で、企画を発案することができる。
                  〔課題探求力〕
                  1.地域における課題を探求・発見することができる。
                  【技能・表現】
                  ・地域計画、地域資源管理、商品開発に関する技法を身につけて、活用することができる。
                  ・プロジェクトマネジメント、協働マネジメントおよびファシリテーションに関する技法を身につけ、活用することができる。
                  〔語学・情報に関するリテラシー〕
                  1.ヒアリング等を行って必要な情報を収集することができる。
                  〔表現力〕
                  1.地域の状況・地域の人たちの考えを知ることを通じて、状況を把握し、レポート等にまとめることができる。
                  2.地域の特性や課題について、ヒアリング等を基に、その関係性を理解し、レポー
                  ト等にまとめることができる。
                  〔コミュニケーション力〕
                  1.地域の人たちとコミュニケーションを取ることができる。
                  2.地域主体の活動を知ることを通じて、地域社会に関心・共感を持つことができる。
                  3.建設的なチームづくりに貢献することができる。
                  4.リーダーシップをとることができる。
                  【関心・意欲・態度】
                  ・自ら人や組織の協働を作り出し、その活動を促進することができる。
                  〔協働実践力〕
                  1.事業計画の達成に向けて、協働を組織し、持続的に実践することができる。
                  2.学習プロセス(ワークショップ)を企画・構築することができる。
                  3.ワークショップをファシリテートしながら運営することができる。
                  〔自律力〕
                  1.自己管理習慣を身につけている。
                  〔倫理観〕
                  1.地域で活動するための基本マナーを身につけている。
                  【統合・働きかけ】
                  1.商品(事業)開発及び事業計画の立案に必要な情報を収集し、商品(事業)開発することができる。
                  2.事業計画の立案に必要な情報を収集し、事業計画を立案することができる。
                  3.事業評価案を作成することができる。
                  4.関係者の合意形成によって事業改善案をとりまとめることができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足

                  他学部への転出は可
                  他学部からの転入は否

                  専攻分野

                  専攻分野
                  政治・政策学
                  経済学
                  経営学
                  社会学
                  教育学(教員養成課程を除く)
                  地域社会学
                  体育学・スポーツ科学・健康科学
                  環境学・災害科学

                  その他専攻分野