ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(医科学専攻・修士)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
医科学専攻 2年 修士(医科学)、修士(公衆衛生学)、修士(学術)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

医科学専攻 カリキュラム・ポリシー

 医科学に関する幅広い知識を体系的、集中的に教育することにより、高度に専門化した 知識と技術を身につけた医科学分野の研究者や教育者を養成し、併せて医科学を基礎とし て社会的諸問題を包括的に捉えることのできる人材を養成することを目的として、カリキ ュラムを構成する。

【教育内容】
 必修科目には、科学の専門知識と方法論の原理を修得するため、基礎医学関連の科目を 中心に配するとともに、より実践的な臨床医学関連の科目も含め、配置を行っている。
 医科学コースは、選択科目に、生命科学分野から人文社会科学分野にわたる多彩な医学 関連科目を配置し、個々の必要性と興味に応じて、より高度な専門知識を修得する。
 公衆衛生学コースは、修士(公衆衛生学)の学位を授与する国際基準(5つの方法論を 必須科目とする履修)を満たしたカリキュラムを構成しており、「社会医学・医倫理学・ 行動科学領域」、「疫学領域」、「生物統計学領域」、「医療管理学・医療政策学・医療 経済学領域」及び「環境保健学領域」の5領域に科目を配置し、知識と専門性及びパブリ ックヘルスマインドを修得する。
 ヘルスケアイノベーションコースは、「基礎科目」「医工学科目」「応用関連科目」の科目区分に、医工連携、ヘルスケア、イノベーションに関する科目を配置し、より高度な専門知識と総合的な課題解決能力を修得する。

【教育方法】
(科目履修) 学生の事情に配慮した柔軟な教育体制を敷く。専門的知識の習得のための座学や実践的 なスキルを養成するための演習の他、少人数のゼミナール形式を取り入れ、昼間開講、夜 間開講、週末を利用した集中講義等、多様な開講形態をとる。
(研究指導) 特別研究科目では、専門領域に応じて指導教員とともに研究課題を設定し、実験研究を 進める。指導教員は、履修計画の作成、研究計画の立案、研究の遂行、学位論文または特 定の課題の作成、論文内容の口頭発表等についての助言及び指導を行う。

【教育評価】
(学修評価) 学修の評価については、本学が定める成績評価基準に基づいて評価を行う。
(カリキュラム評価) 学生の学習成果や専門領域の研究動向、学外からの評価、意見を参照しつつカリキュラ ム評価を行う。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医科学ディプロマポリシー

 医科学に関する幅広い知識を体系的、集中的に教育することにより、高度に専門化した 知識と技術を身につけた医科学分野の研究者や教育者を養成し、併せて医科学を基礎とし て社会的諸問題を包括的に捉えることのできる人材を養成する。
【知識・理解】
・ 自然科学と人文社会科学の融合分野である医科学について、総合的な専門知識を修得す るとともに、代表的な研究方法論を理解する。
【思考・判断】
・ 身につけた専門的知識を活用して、医科学に関する諸問題を抽出し、自らの研究課題と その研究計画を主体的に立案できる。
【関心・意欲、態度】
・ 医科学研究に対する多様な社会的要求に配慮しながら、最新の研究成果および専門知識 の応用を通じた知的社会貢献ができる。
【技能・表現】
・ 医科学関連の高度に専門的な研究ないし業務を遂行できる。専門知識ならびに自他の研 究成果を研究者のみならず一般人にも平明かつ論理的に説明できる。
【統合・働きかけ】
・ 身につけた高度な専門的知識・技能

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
医用工学・生体工学
医学・医師養成課程
生命科学
医療・保健・衛生
臨床工学
理学療法・作業療法・リハビリテーション学
医療事務・医療秘書・医療情報

専攻分野に関する説明

医師養成課程を除く