ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(地域協働学専攻・修士)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
地域協働学専攻

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

(1)知識・理解
 ①地域協働リーダーの継続的養成に必要な「協働的学び」の組織化、②地域長期ビジョンの策定及び住民との共有、③地域における新たな資源開発・市場開拓を実現するために必要な専門知識や技法を身につける科目として、3分野からなる専攻基盤科目(選択)、3関連領域からなる専攻発展科目(選択)を配置する。
(2)思考・判断
 ①地域関係者の状態を的確に把握する力、②地域の問題を総合的に理解・判断する力、③市場の動向を的確に把握して地域の実情との整合性を判断する力を養成するために専攻共通科目4科目を配置して内2科目を必ず修得させる。
(3)技能・表現
 ①ファシリテーション及び合意形成の技法を身につけて活用する力、②市場開拓に必要なマーケットリサーチ、デザインの技法を身につけ活用する力を養成するために専攻共通科目に演習科目3科目を配置する。研究計画等の技法及び論文執筆の技法は研究指導科目において指導する。
(4)関心・意欲・態度
 地域と地域を取り巻く環境の変化に日常的に関心をもち、地域の変化に対応して思考、行動できる意欲、態度を涵養するために研究科共通科目(地域協働教育実習)を配置する。
(5)統合・働きかけ
 ①「協働的学び」の組織化、②地域長期ビジョンの錯体・共有、③地域資源の開発・市場開拓を地域においてリードする力を統合するために専攻ゼミナール科目(4科目・8単位)及び研究指導科目(2科目・8単位)を配置し必修とする。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

(1)知識・理解
 ①地域協働リーダーの継続的養成に必要な「協働的学び」の組織化、②地域長期ビジョンの策定及び住民との共有、③地域における新たな資源開発・市場開拓を実現するために必要な専門知識や技法を身につけている。
(2)思考・判断
 ①地域関係者の状態を的確に把握することができる。②地域の問題を総合的に理解・判断することができる。③市場の動向を的確に把握して地域の実情との整合性を判断することができる。
(3)技能・表現
 ①地域における協働的学びの組織化に必要なファシリテーションや合意形成の技法を身につけて活用することができる。②市場開拓に必要なマーケットリサーチ、デザインの技法を身につけ活用することができる。
(4)関心・意欲・態度
 地域と地域を取り巻く環境の変化に日常的に関心をもち、変化に対応して、地域に寄り添って、思考、行動できる。
(5)統合・働きかけ
 上記(1)~(4)の力を統合的に活用して、①「協働的学び」の組織化、②地域長期ビジョンの錯体・共有、③地域資源の開発・市場開拓を地域においてリードすることができる。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
政治・政策学
経済学
経営学
社会学
社会福祉学
教育学(教員養成課程を除く)
農業経済学
デザイン
地域社会学
体育学・スポーツ科学・健康科学
環境学・災害科学

専攻分野に関する説明