ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(医学専攻・博士一貫)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
医学専攻 4年 博士(医学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

医学専攻カリキュラムポリシー

【教育内容】
 専攻共通科目では、研究者に求められる生命科学・医学研究の遂行に必要な基本的知 識・技術を集中して体系的かつ組織的に修得させるカリキュラム編成とする。 特別研究科目では、専門分野の研究テーマに主体的に取り組み、学術的価値のある論文 を作成し公表する。 各コースの目的により、授業科目には専門性の高い科目群を配置し、高度に専門化した 医学・医療知識と技術を身に付ける。
・ 生命科学コースは、医学を中心とした生命科学の専門的知識と研究推進に要する技術 の獲得を促進するための科目を配置する。
・ 医療学コースは、臨床研究から疫学研究までをカバーするための科目を配置し、専門 医資格取得と学位取得の両方を目指す専門性の高いカリキュラム編成とする。
・情報医療学コースは、検査値を用いて病態の動的な推移をコンピュータ上に記述する 方法につき学ぶと共に研究に活用する能力を養うための科目を配置する。
・ 小児神経精神医学コースは、発神経発達症群に対する専門的な診断及び治療法に関し て学習し、障害に伴う心理社会的問題にも対処できる能力を養うための科目を配置す る。
・ MD-PhD コースは、高知大学医学部医学科で先端医療学コースを履修した者が、卒業 後、高度な専門知識に加えて広い視野をもち研究を更に深化発展させるための科目を 配置し、コース横断的なカリキュラムを構成する。
・ 海洋医学コースは、海洋科学に関連した医学研究に必要な専門的知識と技術の獲得を 促進するための科目を配置してカリキュラムを構成する。

【教育方法】 (科目履修)
 学生の事情に配慮した柔軟な教育体制を敷く。専門的知識の習得のための座学や実践的 なスキルを養成するための演習の他、少人数のゼミナール形式を取り入れ、昼間開講、夜 間開講、週末を利用した集中講義等、多様な開講形態をとる。 また、学生自身が授業を企画・立案し、実施すること等の学生主体型授業を推進し、学 生の課題探求能力、企画・提案能力、コミュニケーション能力、発表能力等を養う。 (研究指導) 特別研究科目では、幅広い分野からの指導を可能とするために、複数指導教員による研 究指導を実施する。

【教育評価】 (学修評価)
  学修の評価については、本学が定める成績評価基準に基づいて評価を行う。 (カリキュラム評価) 学生の学習成果や専門領域の研究動向、学外からの評価、意見を参照しつつ、カリキュ ラム評価を実施し、改善を行う

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医学専攻ディプロマポリシー

 高い倫理観と豊かな人間性の涵養ならびに高度な医学的知識と技能の習得を教育理念と し、黒潮圏総合科学専攻、応用自然科学専攻との緊密な連携の下に、両専攻における自然 科学と人間科学のパラダイムをも取り入れた教育研究体制を構築することにより、高知県 の地域特性に根差した医学・医療の推進に寄与できる人材、国際的に通用する優れた医学 研究者、リサーチマインドを持つ優れた臨床専門医(良医)を養成する。
【知識・理解】
・ 高い倫理観と豊かな人間性ならびに高度な医学的知識と技能を身につけている。
【思考・判断】
・ 自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力を身につけている。
【関心・意欲、態度】
・ 高度医療に必要不可欠なリサーチマインドと的確な問題発見・解決能力を身につけてい る。
【技能・表現】
・ 優秀な後進を育成する指導能力を身につけている。 ・国際的な場での発表、討論、共同研究を行う能力を身につけている。
【統合・働きかけ】
・ 身につけた高度な専門的知識・技能や考え方を統合し、学位論文を作成することで、 その成果を広く社会へ発信できる。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
医学・医師養成課程
生命科学
医療・保健・衛生
医療事務・医療秘書・医療情報

専攻分野に関する説明

医師養成課程を除く