ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(応用自然科学専攻・博士後)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
応用自然科学専攻 3年 博士(理学)、博士(学術)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

【知識・理解】
 ・「ゼミナール」および「講義科目」を履修することにより、海洋と物質を中心とする自然科学の専門分野やその関連領域の最新の研究動向を把握する。

【思考・判断】
 ・「ゼミナール」での討論を通じて、明晰かつ批判的な思考力と判断力を養う。

【関心・意欲】
 ・「DCセミナー」の履修により、異分野を含む第一線研究者の講演を視聴し、文系理系両分野にわたる幅広い関心と知的好奇心を喚起する。(※DCセミナーとは、専門分野・関連科目・異分野の第一線研究者の講演を視聴し、幅広い知識を取り入れるため、博士課程共通の必修科目として開設された科目である)

【技能・表現】
 ・「特別研究」の履修を通して、学位論文のための研究と論文作成の技術を学ぶとともに、必修科目に指定した「特別講究」を履修することにより、英語によるプレゼンを経験し、国際学会における発表能力を身につける。

【態度】
 ・学問的な倫理観と、高度専門職業人としての社会的責任を養う。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

(下記URLをご確認ください)
http://science.cc.kochi-u.ac.jp/info/dtl.php?hdnKey=594

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【知識・理解】
 ・海洋と物質を中心とする自然科学の中の特定専門領域について深く理解するとともに、当該分野の国際的な研究動向や最先端の知識を身につけている。

【思考・判断】
 ・専門領域に関する理解と知識に基づいて問題の本質を把握するとともに、明晰かつ批判的に分析し、的確に判断することができる。

【関心・意欲】
 ・海洋と物質を中心とする自然科学分野の中の専門領域とその周辺分野に、幅広い学問的関心と研究意欲を持ち続けることができる。

【技能・表現】
 ・自身の研究成果を査読システムの整った学術誌に発表するとともに、その成果を広く社会に還元することができる。

【態度】
 ・高度専門職業人として、社会や自然、あるいは文化や組織に対して負うべき責任を理解して、行動することができる。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
数学・情報科学・統計学
物理学
天文学・地球・惑星科学
化学
生物学・生化学・バイオ
地質学
資源学
電気・電子・通信工学
システム・制御工学
情報工学・コンピューター
応用化学・環境工学
環境学・災害科学

専攻分野に関する説明