ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部医学科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学 6年 学士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  医学部医学科では、学位授与の方針に掲げる目標を達成するために、教養教育科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義、少人数共同学習、実習を適切に組み合わせた授業を実施する。その教育内容、教育方法・評価について、以下の方針を定める。

                  (1)「教養教育(1-2年次)」:学生が豊かな人間性、高い倫理観、知的好奇心を涵養し、大学生としての適切な学習態度を修得できるよう、教養教育院が開講する多様な学問領域の授業を受講することを奨励する。
                  (2)「初期医学教育(1-2年次)」:人々の健康問題や地域社会の保健医療課題に対する学生の理解を促進するため、附属病院、地域医療機関、地域コミュニティでの体験型実習を実施する。また、先進医療や医学研究を理解するための講義、専門教育科目の履修に必要となる基盤的な知識を修得するための講義を開講する。
                  (3)「基礎医学・社会医学教育 (2-3年次)」:学生が生命現象を分子、細胞、組織、器官、個体、社会レベルで学習するための講義と実習を行う。基礎医学領域を統合的に「分子生命体科学」(分子細胞生物学)、「生体の構造と機能」(解剖学・生理学・生化学・病理学)、「生体防御の分子基盤」(薬理学・分子病態学・免疫学・微生物学・医動物学)、「社会と医学」(公衆衛生学・衛生学・法医学)の4領域で構成する。また、系統解剖実習をはじめとする基礎医学実習では、からだの仕組みと働きを体系的に学びながら、医師に求められる倫理観や研究心を養成する。
                  (4)「問題基盤型チュートリアル教育(3-4年次)」:患者シナリオを用いた実践的な問題基盤型学習を推進する。学生の主体的な学習と少人数共同学習への支援(チュータータイム)、および基礎医学から臨床医学へと連動する講義により構成する。この授業では、医学知識の獲得だけにとどまらない、問題発見解決能力、科学的思考力、討論力、コミュニケーション力の養成を目指す。
                  (5)「研究室研修(3-4年次)」:学生は基礎医学、または臨床医学の研究活動に従事し、研究活動を通して継続的な個別指導を受ける。学生は科学的な観察力、分析力、批判的思考力を養成し、実験手法を修得することで研究遂行力を高める。
                  (6)「基本的臨床技能教育(4年次)」:学生は臨床実習で必要となる医療面接、基本的身体診察、基本的診療手技、臨床推論、診療録記載、症例プレゼンテーションの技術と態度を修得する。この授業では模擬患者や医療シミュレータを積極的に用いて、実践的な教育を行う。
                  (7)「診療参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ)(4-6年次)」:附属病院と地域医療機関での診療参加型臨床実習を全診療科目ローテーションにより行う。最終学年時には、附属病院、地域医療機関に加え、海外の医療機関をも含む選択型臨床実習(エレクティブ)の機会を提供する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  三重大学医学部医学科の教育理念に基づいて、特色のある「国際化教育」と「地域医療教育」が実践されています。「国際化教育」では、第6学年の海外臨床実習、第1-3学年を対象にした早期海外体験実習、海外の交流大学からの学生受入れによる学内環境の国際化、実践的専門英語教育、体系的国際保健医療授業などが実施されています。また、「地域医療教育」では、三重県、市町村振興協会、地域の関係教育病院の協力を得て、6年間を通して地域で学べる体制が整備されています。
                  これらの活動は、文部科学省が推進する大学教育のGood Practice にも採択される優れた活動になっています。これまでに以下の3プロジェクトがGood Practiceに採択されています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  医学部医学科では、次の能力と資質を備えた人物に学位を授与する。
                  (1)「知識」
                  ・ 医療実践に必要な医学・医療の知識を修得している。
                  ・ 医療人に求められる豊かな教養と知識を有している。
                  ・ 地域と国際社会で求められる保健・医療・福祉を理解している。
                  (2)「技能」
                  ・ 患者の身体的、ならびに社会心理的状況を科学的、統合的に評価し、全人的医療を実践できる。
                  ・ 医学・医療の国際化に対応できる「語学力」「自己表現力」「多文化理解力」を有している。
                  ・ 医療チームで必要な「コミュニケーション力」「リーダーシップ」「協調性」を理解し、多職種連携によるチーム医療に参加することができる。
                  (3)「態度」
                  ・ 豊かな人間性と高い倫理観を持って行動できる。
                  ・ 科学的根拠に基づいて考え、判断することができる。
                  ・ 地域医療の実践に必要な使命感と責任感を有している。
                  ・ 生涯を通して自らを高めていく態度と医科学の進歩を追求する研究心を持っている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野