ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学系研究科(博士課程(一貫))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生命医科学 4年 博士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.博士課程は、入学とともに基礎医学系講座・臨床医学系講座・産学官連携講座・寄付講座・がんプロフェッショナル養成基盤推進プランの中から研究室を選択し、希望する研究室にて研究を行い、英文にて博士論文を作成する。
                  2.生命科学と医学に関する高度な専門的知識と高い技能を修得し、国際的に活躍できる優れた臨床研究者や生命医科学・社会医学研究者を養成する。
                  3.地域・国際社会での医療の発展や地域イノベーションに貢献する能力を身につけ、医療及び医療関連分野で即戦力として活躍できる人材を養成する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  生命医科学専攻博士課程は、生命医科学特論と臨床医科学特論が毎年開講されます(2年で1サイクル)。また、基礎、臨床にまたがる生体侵襲ダイナミクスセミナーが隔年開講されます。英語による実験医学実習セミナー、外国人講師を迎えての英語論文の書き方やプレゼンテーションの仕方などに関するセミナー、臨床研究倫理に関する臨床研究特論も適宜開催されます。
                  さらに、主に他大学からの著名な講師による大学院セミナーが一年を通して頻繁に開催され、幅広く最新の研究分野を学ぶことが可能です。日中働き、夕方から研究する昼夜開講学生や秋季入学の学生は、録画された講義を自分のコンピューターで見て勉学するe-learningも可能です。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1.生命科学と医学に関する高度な専門的知識と高い技能を修得している。
                  2.国際的に活躍できる優れた臨床研究者や生命医科学・社会医学研究者になる能力を身についけている。
                  3.地域・国際社会での医療の発展や地域イノベーションに貢献する能力を身につけている。
                  4.医療関連分野で即戦力として活躍できるようになる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野