ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人文学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  文化学 4年 学士(人文科学)
                  法律経済学 4年 学士(法律経済)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ●文化学科
                  世界諸地域の文化を、哲学、歴史学、社会学、文化人類学、地誌学、美術史、言語学、文学、図書館・情報学といった学問分野から専門的・総合的に学ぶことのできるカリキュラムを用意しています。
                  (4年間のカリキュラム構成と特徴)
                  1年生・1年生では入門と基礎を前期の文化学科スタートアップセミナーでは大学での勉強の方法を、後期の地域文化研究総論では、地域文化研究とはどのようなものか、その概要を学びます。また文化学必修科目(基礎)で、さまざまな学問領域の基礎的な考え方や知識を学んでいきます。1年生の最後には、これから専門的に学んでいく地域を決定します。
                  2年生・2年生では学問領域ごとの専門的知識の充実と、地域文化への幅広い視野を前期の地域文化研究 (4地域別)で各地域文化に対する幅広い視野を得ながら、地域必修科目では多様な地域文化の諸相を学びます。また文化学必修科目(発展)や後期の文化学セミナーでは、学問領域ごとのより高度の理論や研究を進めるための方法論などを学習します。 2年生の最後には、これから専門的に学んでいく学問領域(指導教員)を決定します。
                  3年生・3年生では専門演習(ゼミ)に所属して、より深い地域文化理解を専門演習では、これまで学んできた専門的知識や研究方法を活かして、最も関心のある文化事象について研究を深めて行きます。また地域必修科目の学習を継続しながら、自分の研究テーマについて、多角的な視点からの理解を進めます。
                  4年生・4年生では卒業研究を通じて4年間の集大成を指導教員の指導の下に卒業論文を作成し、その成果を『地域文化研究』に発表します。
                  ●法律経済学科
                  法学・政治学・経済学・経営学といった学問分野を対象にして、皆さんが自分の適性や関心を確認しながら学習できる教育カリキュラムを用意しています。
                  (4年間のカリキュラム構成と特徴)
                  1年生・1年生では入門と基礎を法律経済学科スタートアップセミナーでは大学での勉強の仕方を学び、基礎総合科目A. Bではこれからの学習の問題意識を形成します。また、後期からは専門基礎科目も受講します。
                  2年生・2年生ではコースを決定して、コースの専門科目を中心に法政コース・現代経済コースのいずれかに所属し、法学・政治学・経済学・経営学に関する講義の中から、自分が選択したコースの専門科目を中心に勉強します。
                  3年生・3年生では専門演習に所属して、さらに専門科目を専門演習では、これまでに学習してきたなかで最も関心のあるテーマについて、深く掘り下げて勉強します。また、所属する演習に関連する専門科目を中心に勉強します。
                  4年生・4年生では卒業研究を通じて4年間の集大成を専門演習の指導教員の指導のもとに、4年間の学習の集大成として卒業論文を作成します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ●文化学科
                  1年生 ・1年生では入門と基礎を
                  前期の文化学科スタートアップセミナーでは大学での勉強の方法を、後期の地域文化研究総論では、地域文化研究とはどのようなものか、その概要を学びます。また文化学必修科目(基礎)で、さまざまな学問領域の基礎的な考え方や知識を学んでいきます。1年生の最後には、これから専門的に学んでいく地域を決定します。
                  2年生 ・2年生では学問領域ごとの専門的知識の充実と、地域文化への幅広い視野を前期の地域文化研究(4地域別)で各地域文化への幅広い視野を得ながら、地域必修科目では多様な地域文化の諸相を学びます。また文化学必修科目(発展)や後期の文化学セミナーでは、学問領域ごとのより高度の理論や研究を進めるための方法論などを学習します。2年生の最後には、これから専門的に学んでいく学問領域(指導教員)を決定します。
                  3年生 ・3年生では専門演習(ゼミ)に所属して、より深い地域文化理解を専門演習では、これまで学んできた専門的知識や研究方法を活かして、最も関心のある文化事象について研究を深めて行きます。また地域必修科目の学習を継続しながら、自分の研究テーマについて、多角的な視点からの理解を進めます。
                  4年生 ・4年生では卒業研究を通じて4年間の集大成を指導教員の指導の下に卒業論文を作成し、その成果を『地域文化研究』に発表します。
                  ●法律経済学科
                  4年間のカリキュラム構成と特徴
                  1年生 ・1年生では入門と基礎を法律経済学科スタートアップセミナーでは大学での勉強の仕方を学び、基礎総合科目A・Bではこれからの学習の問題意識を形成します。また、後期からは専門基礎科目も受講します。
                  2年生 ・2年生ではコースを決定して、コースの専門科目を中心に法政コース・現代経済コースのいずれかに所属し、法学・政治学・経済学・経営学に関する講義の中から、自分が選択したコースの専門科目を中心に勉強します。
                  3年生 ・3年生では専門演習に所属して、さらに専門科目を専門演習では、これまでに学習してきたなかで最も関心のあるテーマについて、深く掘り下げて勉強します。また、所属する演習に関連する専門科目を中心に勉強します。
                  4年生 ・4年生では卒業研究を通じて4年間の集大成を専門演習の指導教員の指導のもとに、4年間の学習の集大成として卒業論文を作成します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ●文化学科
                  1.人文科学の諸分野の専門的知識と豊かな教養を身につけている
                  2.変動激しい現代社会について,専門的知識に基づいて論理的に考え,総合的に判断できる
                  3.人文科学諸分野の成果に基づき,世界各地域の固有の文化に関して,広い視野から探求できる
                  4.変動激しい現代社会に対する理解を基盤として,国際感覚に基づいて行動できる
                  5.自ら学んだ知を,口頭表現や文章表現によって的確に発信することができる
                  6.国際社会と地域社会の発展に貢献できる

                  ●法律経済学科
                  1.法律・政治・経済・経営の諸分野において,専門的知識と豊かな教養を身につけている
                  2.現代社会について,専門的知識に基づいて論理的に考え,総合的に判断できる
                  3.法律・政治・経済・経営の諸分野を広く学び,学際的視点で問題を探究できる
                  4.現代社会の課題に挑戦する積極性を備える
                  5.自ら学んだ知を的確に発信し,国際社会と地域社会の発展に貢献できる

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可579,900円

                  転学部・編入学情報補足


                  入学検定料   30,000円(出願時)
                  入学料     282,000円(入学手続き時に納付)
                  授業料(前期 )267,900円(入学手続き時に納付)

                  専攻分野

                  その他専攻分野