ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  生物資源学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  資源循環学 3年 博士(学術)
                  共生環境学 3年 博士(学術)
                  生物圏生命科学 3年 博士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  生物資源学研究科は、博士後期課程の学生としての基盤能力と専門能力を総合的に備えている人材を養成するため、以下の方針に基づいたカリキュラムを編成し、実施します。

                  (1) 生物資源学の理論・技術を究明し、高度な先端的専門能力、豊かな学識と幅広い視野に基づく知識を修得させる。
                  (2) 専門分野に関連する高度で幅広い専門的知識を修得させ、研究指導を含めた教育によって、自立した研究企画能力・研究遂行能力・論理的説明能力を修得させる。
                  (3) 独創性の高い研究論文を執筆できる能力を修得させる。
                  (4) 以上の方針により、講義や実験・演習で高度で応用的な知識や技術を、課題研究等で自立的な研究能力を修得させる。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  教育・研究の特色
                  1 教育研究指導
                  本研究科では,特定専門分野における学問的な専門性の錬磨とともに,幅広い総合科学の上に立つ洞察力に裏付けられた総合性を,ともに涵養することを教育研究指導の特色とする。
                  (1)専門的な研究遂行能力は,研究指導教員の指導の下に,設定された研究課題の研究を通じて育成する。
                  (2)所属する講座の専門科目に関する講義によって関連する専門的知識を深める。
                  (3)研究課題に直接関係する講座におけるゼミナール形式の特別演習あるいは特別実験の方法によって専門分野における研究能力と実験技術を修得する。
                  (4)生物資源学に関する学際的専門知識の修得と思考・論理展開能力の開発を指向して,他講座または他専攻で開講される科目を履修し,特別講義あるいは総合ゼミナールによって総合的能力の向上をはかる。
                  (5)研究科附属教育研究施設における野外調査・観測実習を主とする特別調査研究を通じて幅広く,生物資源学の最先端の科学・技術を体得し総合的な教育研究の徹底をはかる。
                  (6)連携大学院・森林総合研究所,野菜茶業研究所ならびに増養殖研究所における連携教授・准教授のもとでの研究・教育指導および両各研究所の先端的施設・技術の活用を通して,研究領域の拡大・活性化ならびに研究推進能力の向上をはかる。

                  2  履修科目
                  (1)課題研究および研究指導
                  博士課程において,専門的な学力を高め,創造的な研究能力を育成するのに最も役立つのは,設定された研究テーマについて複数の指導教員の下で遂行する専門的研究である。
                  このため,研究指導体制として,主となる指導教授1名と副となる2名の教授または准教授の計3名からなる複数指導教員制を採用し,かつ,副となる教員には,他の講座または他の専攻の教員を充てることができるようにした。
                  これにより,一対一方式のきめ細かで深みのある充実した研究指導を行うとともに,視野の広い教育を実施するものである。
                  (2)特別演習
                    それぞれの専門分野の研究を遂行するに当たって,それに直接かかわる分野についての特別演習を受講することは,研究の細分化による大局観の喪失や視野がせまくなるといった弊害を除きつつ,独自の専門性の質的向上をはかるうえで極めて意義深いことである。このため,4単位のゼミナール形式の特別演習を必修として履修する。
                  (3)特別実験
                    所属する専門分野における直接研究課題に関する実験に拘らず,広く最新の科学機器・実験技術を体得するために,広く附属教育研究施設などを利用して開講される実験を選択して履修する。
                  (4)専門の講義                                                           各専攻および各講座はそれぞれ専門分野の授業科目を開設するが,専門的な学識を深めるため,指導教授が所属する講 座(自講座)が開設する授業科目(Ⅰ類)のうちから,2~4単位を選択必修として履修する。
                   さらに,幅広い視野と応用展開力を養うため,所属する専攻内の他講座あるいは他専攻が開設する授業科目(Ⅱ類)のうちから2~4単位を選択必修として履修する。
                  (5)特別講義
                   本研究科博士課程では,視野を広げ総合的研究能力の向上をはかるためさらに専門の授業科目のほかに,学際領域分野や広領域分野の授業科目を「特別講義」として開設し,そのうちから2~4単位を選択必修として履修する。
                    特別講義としては,植物分子・細胞生物学,先進生命科学,生態系循環論,熱帯植物資源生態学,地球環境論がある。
                  (6)特別調査研究
                   学際領域の研究テーマを設定し,幅広く調査研究の手法・技術ならびに研究企画力を修得するため,フィールドサイエンスセンター(附帯農場,附帯演習林,附帯水産実験所)および附属練習船を利用する「特別調査研究」を必修として履修する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  生物資源学研究科博士後期課程は、生物資源の開発、生物圏と環境の保全や修復、生産機能の応用など生物資源学の理論・技術を究明し、高度な先端的専門能力と豊かな学識と幅広い視野を備えた研究者・技術者の養成を目標に掲げ、以下の能力を総合的に備えている人に学位を授与します。

                  (1) 幅広い教養と倫理観、国際感覚を身につけ、豊かな人間性を有している。
                  (2) 生命、環境、食料、健康等に関する生物資源学の高度な知識と技術、経験を有している。
                  (3) 科学的で論理的な思考を展開することができ、問題の発見と計画的な解決ができる。
                  (4) 高度なプレゼンテーション能力を持ち、他者と協力し、場合によっては指導的に行動することができる。
                  (5) 社会の変化に柔軟かつ自律的に対応し、発展的に生きていくことができる。
                  (6) 国際基準に照らして十分に独創性のある研究を自立的に行える。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野