ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学系研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  看護学 2年 修士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.看護学専攻は、基盤看護学、実践看護学、広域看護学の3つの教育研究領域と10の専門分野で構成され、各領域共通科目と各専門分野の専門科目を開講する。
                  2.修士論文コースと高度看護実践指導者コース(がん看護学、老年看護学)があり、研究および論文の作成を指導する。
                  3.看護学に関する専門的知識と深い学識を習得し、広い視野をもち、科学的判断と論理的思考に基づいた看護の実践や指導性を発揮できる人材を養成する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  看護学専攻 博士前期課程は、1年目から、指導教員・副指導教員の指導のもと、それぞれのコースによって、主体的・個別的に科目を履修し、実習や論文作成に取り組むことになります。職業を持ちながら学ぶ社会人学生が多いため、時間割も昼夜開講や集中講義等によって、履修しやすいよう配慮しています。
                  また、学外講師の任用により、社会のトレンドやトピックをテーマに幅広い視野で医療や看護を学べる機会を設けています。医科学専攻と同様に1年を通して開催されている「大学院看護学セミナー」では、看護学の最新の知見に基づいた研究的思考を養えます。「大学院看護学セミナー」に認定されている科目は受講による単位認定が可能です。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1.看護学に関する確かな専門的知識と深い学識を修得している。
                  2.看護学における研究能力と創造的思考力を有している。
                  3.広い視野をもち、人間性豊かで優れた看護を実践し、指導性を発揮できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野