ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(医学専攻・博士一貫)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育研究上の目的と3つの方針

学部・研究科等ごとの目的

【総合人間自然科学研究科として(全専攻共通)】
  学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、諸学術の進歩と人類福祉の向上に寄与すること、及び高度の専門性が求められる職業を担うために深い学識と卓越した能力を培い、文化の進展と社会の発展に貢献することを目的とする。

【医学専攻(博士一貫)の目的】
 総合人間自然科学研究科医学専攻(博士課程)では,高い倫理観と豊かな人間性の涵養ならびに高度な医学的知識と技能の修得を教育理念とし,自然科学と人間科学のパラダイムをも取り入れた教育研究体制を構築することにより,多様な社会的ニーズに対する柔軟な対応が可能で,底辺が広くレベルが高い医学研究及び医療の達成を目指しつつ,高知県の地域特性に根差した医学・医療の推進に寄与できる人材,国際的に通用する優れた医学研究者,リサーチマインドを持つ優れた臨床専門医(良医)を養成することを目的とします。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

医学専攻では,下記のような学生を受け入れて,教育研究を行います。

生命科学コース
・医学の分野に限らず,広い学問領域において高い基礎学力を持ち,生命科学分野の研究に取り組む熱意と能力を持っている。
・研究の成果を国際的社会貢献,あるいは新しい医療に応用するという視点を持ち,基礎的ないしトランスレーショナルリサーチを推進しようとしている。
・研究を通して社会との連携や国際交流・協力を推進しようとしている。

医療学コース
・高度な専門的知識と技能を身につけた専門医を志している。
・社会のニーズを適切に把握し,国際的な視野に立ってトランスレーショナルリサーチを推進しようとしている。
・人間の健康や疾病に関わる問題を,広い視野で探索し,解決するための研究を展開しようとしている。
・研究によって,国内外の保健・医療・福祉分野・法医学の推進あるいは高度な教育・研究に携わる意思を持っている。

情報医療学コース
・電子化医療データの解析による新たな規則性等の発見手法や「治療評価」,「診断支援」,「医療の質向上」,『稀な事象の検出』の手法,病態推移予測等のモデルによる解析手法などを身につけ,臨床検査機器メーカーや製薬企業等の医療系企業で活躍する熱意と能力を持っている。
・電子化医療データの解析によって得られた知見を,疫学的あるいは臨床的研究に応用してより精度の高い結果へ発展させる熱意と能力のある人。
・集団基盤的な医学研究の新しい分野を開拓し発展させる意欲を持っている。

小児神経精神医学コース
医学部卒業生(医療系大学院修士課程修了者を含む。)及び非医療系大学院において発達障害に関する研究で修士の学位を授与された者で,以下のような人を求めます。
・小児科医あるいは児童精神科医を志望し,発達障害についての理解と経験を深めたいと思っている人。
・小児科医あるいは児童精神科医のキャリアとして,病院臨床の枠を超えて,児童福祉や行政まで視野に入れて考えている人。
・小児神経精神医学について,国際的な視野を持って実践や研究をしていきたいと考えている人。
・臨床的な視点からの発達研究に興味のある人。

MD-PhDコース
本学医学部医学科の卒業生のうち先端医療学コースⅣの単位を修得した者で,以下のような人を求めます。
・大学及び他の研究機関等において,基礎医学研究者あるいは臨床医学研究者として医学の発展に取り組みたいと思っている人。
・病院及び他の医療機関等において,専門医として医学・医療の発展に取り組みたいと思っている人。
・行政機関等において,医療・福祉行政の発展に取り組みたいと思っている人。

海洋医学コース
・海洋科学に関心を持ち,医学研究を海洋に適用して資源フロンティアに挑もうとする意欲を持つ人。
・医学研究に関心を持ち,海洋科学的手法を医学に適用して新規分野を開拓しようとする意欲を持つ人。

続きを読む… 折り畳む

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

医学専攻カリキュラムポリシー

【教育内容】
 専攻共通科目では、研究者に求められる生命科学・医学研究の遂行に必要な基本的知 識・技術を集中して体系的かつ組織的に修得させるカリキュラム編成とする。 特別研究科目では、専門分野の研究テーマに主体的に取り組み、学術的価値のある論文 を作成し公表する。 各コースの目的により、授業科目には専門性の高い科目群を配置し、高度に専門化した 医学・医療知識と技術を身に付ける。
・ 生命科学コースは、医学を中心とした生命科学の専門的知識と研究推進に要する技術 の獲得を促進するための科目を配置する。
・ 医療学コースは、臨床研究から疫学研究までをカバーするための科目を配置し、専門 医資格取得と学位取得の両方を目指す専門性の高いカリキュラム編成とする。
・情報医療学コースは、検査値を用いて病態の動的な推移をコンピュータ上に記述する 方法につき学ぶと共に研究に活用する能力を養うための科目を配置する。
・ 小児神経精神医学コースは、発神経発達症群に対する専門的な診断及び治療法に関し て学習し、障害に伴う心理社会的問題にも対処できる能力を養うための科目を配置す る。
・ MD-PhD コースは、高知大学医学部医学科で先端医療学コースを履修した者が、卒業 後、高度な専門知識に加えて広い視野をもち研究を更に深化発展させるための科目を 配置し、コース横断的なカリキュラムを構成する。
・ 海洋医学コースは、海洋科学に関連した医学研究に必要な専門的知識と技術の獲得を 促進するための科目を配置してカリキュラムを構成する。

【教育方法】 (科目履修)
 学生の事情に配慮した柔軟な教育体制を敷く。専門的知識の習得のための座学や実践的 なスキルを養成するための演習の他、少人数のゼミナール形式を取り入れ、昼間開講、夜 間開講、週末を利用した集中講義等、多様な開講形態をとる。 また、学生自身が授業を企画・立案し、実施すること等の学生主体型授業を推進し、学 生の課題探求能力、企画・提案能力、コミュニケーション能力、発表能力等を養う。 (研究指導) 特別研究科目では、幅広い分野からの指導を可能とするために、複数指導教員による研 究指導を実施する。

【教育評価】 (学修評価)
  学修の評価については、本学が定める成績評価基準に基づいて評価を行う。 (カリキュラム評価) 学生の学習成果や専門領域の研究動向、学外からの評価、意見を参照しつつ、カリキュ ラム評価を実施し、改善を行う

続きを読む… 折り畳む

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医学専攻ディプロマポリシー

 高い倫理観と豊かな人間性の涵養ならびに高度な医学的知識と技能の習得を教育理念と し、黒潮圏総合科学専攻、応用自然科学専攻との緊密な連携の下に、両専攻における自然 科学と人間科学のパラダイムをも取り入れた教育研究体制を構築することにより、高知県 の地域特性に根差した医学・医療の推進に寄与できる人材、国際的に通用する優れた医学 研究者、リサーチマインドを持つ優れた臨床専門医(良医)を養成する。
【知識・理解】
・ 高い倫理観と豊かな人間性ならびに高度な医学的知識と技能を身につけている。
【思考・判断】
・ 自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力を身につけている。
【関心・意欲、態度】
・ 高度医療に必要不可欠なリサーチマインドと的確な問題発見・解決能力を身につけてい る。
【技能・表現】
・ 優秀な後進を育成する指導能力を身につけている。 ・国際的な場での発表、討論、共同研究を行う能力を身につけている。
【統合・働きかけ】
・ 身につけた高度な専門的知識・技能や考え方を統合し、学位論文を作成することで、 その成果を広く社会へ発信できる。

続きを読む… 折り畳む