ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(看護学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   人間性豊かであり、地域医療に貢献する強い意志、多様な社会の要請に応えうる高い倫理観、使命感及び思考の柔軟性を有する医療人を育成することを目的とし、地域に暮らす人々の健康状態と生活・環境との関係を理解し、個人の主体性や価値観を尊重する看護実践者及び看護学研究者を育成する。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  医学部は、医学部の教育理念に基づいて、医学・看護学を学ぶ基礎としての「人類の文化・社会・自然に関する知識」「論理的思考力」「コミュニケーション能力」および「協働実践力」を有する人材を求めます。
                  学部共通のアドミッション・ポリシーに加えて、学科個々のアドミッション・ポリシーを以下に示します。
                  ■看護学科
                  看護学科は、「教養と専門知識を基盤に、看護実践能力と高い倫理観を持ち、人々の健康と生活を支えることができる看護専門職」を養成します。同時に、「社会に生じてくるさまざまな問題を看護の視点でとらえ、多職種と協働しながら課題の解決に向かうよう自ら学びつづけ、よりよい医療・看護を実現できる革新力を備えた人材」の養成を目指します。
                  本学科では、このような人材養成の基盤となる、以下の能力・態度を有する者を求めます。
                  知識・技能
                  1. 医療・看護を理解するために必要な理数系科目と人文系科目の基礎学力を有する。
                  2. 相手の立場に敬意を払い、関心を持って他の人の話を聞くことができ、自分の考えや思いをわかりやすく伝えることできる。
                  思考力・判断力・表現力
                  1. 物事を論理的に考え、自分の考えを説明できる。
                  主体性・多様性・協働性(※主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)
                  1. 人と触れ合うことが好きであり、人々の健康と生活を支える専門職を目指す意欲がある。
                  2. 他の人と協働しながら、主体的に取り組むことができる。
                  3. 専門職として自ら学び、挑戦することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  看護学科のカリキュラムは、看護の基盤となる教養や基礎知識を修得し、看護実践能力を身につけるための看護基盤系科目、看護関連の専門知識・技術を修得するための基礎看護系科目・臨床看護系科目・地域看護系科目・統合看護系科目、国際的な視野と知識を修得するための国際活動系科目および教諭資格を取得するための教職系科目の7つの科目群で構成されています。

                  【教育内容】
                  1.看護基盤系科目群は、豊かな人間性と倫理感性を育み、根拠に基づいて問題解決に向けて取り組むことができるように、全学の共通教育科目である初年次科目と教養科目で構成されています。
                  2.看護の専門教育科目である基礎看護系科目群では、看護の原理となる知識や生活支援に必要な基礎的な技術を1年次から学ぶと共に、学年進行にともない医療における安全や効果的な教育・管理などについて学ぶ科目を配置しています。
                  3.臨床看護系科目群では、生命の誕生から死に至るライフサイクルに応じて必要な看護の知識と技術を学ぶ科目で構成し、母子看護学、成人看護学、精神看護学の科目を配置しています。
                  4.地域看護系科目群では、地域で生活する人々の健康の保持増進に向けて必要な看護の知識と技術を学ぶ科目で構成し、高齢者看護学、在宅看護論、公衆衛生看護学などの科目を配置しています。また、この群には、保健師育成コース選択の学生向けに、保健師国家試験受験資格の取得に必要な科目を配置しています。
                  5.統合看護系科目群では、3年次までの学びを統合し高度な専門性をもってチームの一員として役割発揮ができるように、4年次に統合看護分野の科目を配置しています。特に看護師実践力育成コースでは、臨床の場や地域で求められる高度な実践力としてクリティカル看護や地域で生活する人々を支える看護者を育成するための科目を配置しています。また、看護研究に取り組める基礎を修得できるように、3・4年次に看護研究、卒業研究を配置する他、災害看護や英語文献にふれる授業科目を配置しています。
                  6.国際活動系科目群では、国際的な看護活動ができるように、外国語や国際活動に関する科目を配置しています。
                  7.教職系科目群は、主に養護教諭・高校看護教諭育成コースの科目群であり、養護教諭・高校看護教諭の免許状取得に必要な科目を配置しています。

                  【教育方法】
                  1.主体的に学ぶ力と協働力を高めるために、アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法を実施します。
                  2.4年間を通して看護専門職としての基礎的能力の育成を重視した教育方法を展開します。1年次より、グループで協力して課題に取り組む機会を多く持ち、附属病院外来や病棟で患者に接する授業や看護の基礎技術を学ぶ講義・演習を実施します。2年次、3年次では看護の専門知識・技術を演習し、さらに臨地の看護実習によって実践能力を身につけます。4年生で統合的な学修として、看護研究の中で課題探究に取り組み、統合看護実習では、看護マネージメントの実際を理解し、チームの一員として、対象者の健康上の問題解決・課題達成に向け、既習の技術・知識を統合しながら実践する力を身につけます。
                  3.学生個々のニーズに合わせて、看護実践能力を育成するための科目、保健師になるための科目、養護教諭・高等学校看護教諭になるための科目がコース選択でき、自らキャリア形成する力を養います。
                  4.臨地実習は、小グループ編成で展開し、チーム内の協働・連携の重要性を実践的に理解できるように進めます。個別目標の設定等自主的な取り組みを行い、指導教員および臨地指導者から、ケア場面で助言を受けながら学修を深めます。

                  【教育評価】
                  1.学年末における科目ごとの単位認定やGPAに基づいて総括評価を行います。必要に応じて、ディプロマ・ポリシーの到達度に基づき、事前学習や事前テストの診断的評価やカンファレンスや臨地実習場での形成的評価を行います。
                  2.上記および学生のセルフアセスメント、授業アンケートおよび学生の面接等に基づいて、カリキュラムを評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【知識・理解】
                  ・看護の基盤となる幅広い教養を身につけている。
                  ・看護に必要な基本的な知識を体系的に修得している。
                  〔専門分野に関する知識〕
                   1.医療・看護の観点から人の健康を総合的に理解し、個別の事例について説明することができる。
                   2.看護の実践においてその科学的・社会的根拠を理解し、説明することができる。
                  〔人類の文化・社会・自然に関する知識〕
                   1.人を取り巻く環境と、健康との関連を説明することができる。
                   2.保健医療福祉制度における看護の社会的役割・機能・連携について理解し、説明することができる。

                  【思考・判断】
                  ・人々の健康や生活でおこる様々な問題を看護の視点で捉えることができる。
                  ・看護の専門知識を用いて、問題解決に向けての解釈・判断ができる。
                  〔論理的思考力〕
                   1.科学的・社会的根拠に基づいた看護を思考できる。
                   2.看護の対象となる人々の背景を分析することができる。
                  〔課題探求力〕
                   1.看護実践方法の改善策を提案することができる。
                   2.社会の動向をふまえて看護の役割や課題を追究することができる。

                  【技能・表現】
                  ・対象者や場に応じた基本的な看護実践能力を身につけ、使うことができる。
                  〔語学・情報に関するリテラシー〕
                   1.必要な情報を収集、整理し、活用することができる。
                   2.看護学を学ぶ上で必要となる基本的な英語を修得している。
                  〔表現力〕
                   1.実施する看護の方法について看護の対象となる人々に合わせた説明ができる。
                   2.チームの中でメンバーの考えを受容しつつ、積極的に自身の考えを伝えることができる。
                  〔コミュニケーション力〕
                   1.看護の対象となる人々と援助的なコミュニケーションを展開できる。
                   2.看護の対象となる人々に真摯に接し、信頼関係を形成することができる。

                  【関心・意欲・態度】
                  ・人間・環境・健康・看護に関心を持ち、知的好奇心を高めることができる。
                  ・医療・保健・教育の進歩に対応できるよう、自律して学び続ける姿勢を身につけている。
                  ・個々の特性をつかみながら、チームを統合することができる。
                  〔協働実践力〕
                   1.チーム医療において看護と多職種との協働・連携の重要性について説明することができる。
                   2.ヘルスケアチームメンバーとの協力関係を築き、看護ケアを実践することができる。
                  〔自律力〕
                   1.生涯にわたり継続して専門性を向上させる努力ができる。
                   2.対象者やチームに対して、責任ある行動がとれる。
                  〔倫理観〕
                   1.生命倫理・看護倫理・職業倫理について理解し、専門職として倫理綱領に基づいた行動がとれる。
                   2.看護の対象となる人々の尊厳と権利を尊重した行動がとれる。

                  【統合・働きかけ】
                  ・看護の目標を達成するために必要な資源を利用し、多職種と協働して活動することができる。
                  ・看護の対象となる人の状況・背景に応じて、看護実践が展開できる。

                  続きを読む… 折り畳む