ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  総合人間自然科学研究科(人文社会科学専攻・修士)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  ○人文社会科学専攻紹介

                   人文社会科学専攻は、人文科学と社会科学、2つの学問領域をカバーしています。専攻全体としては、次の3つのコースに分かれ、それぞれのコースにおいて多様な授業が展開されています。

                   1. 人文科学研究コース
                   2. グローバル社会研究コース
                   3. 社会科学研究コース

                   学生はこのうちの1つのコースを重点的に学びながら、その枠を超えて提供されるカリキュラムにより、多様で総合的な視点を養っていきます。修了時には選択した分野に応じた修士(学術・文学・経済学のいずれか)の学位を取得できます。
                   授業のなかで学生は自分の研究テーマを深く学ぶことができるとともに、広い視野のもとで据え直すこともできます。また、必修科目の「総合高知研究」と「アカデミック・リサーチ入門」では、研究面での様々なバックグラウンドをもった学生が一堂に会し、教員も交えて互いに切磋琢磨していきます。 それらを通して、一人ひとりの学生が深い専門知識と幅広い視野をあわせもつという、柔軟な思考力を備えた人間に育ってほしいと我々は考えています。

                  学部・研究科等ごとの目的

                  【総合人間自然科学研究科として(全専攻共通)】
                   学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、諸学術の進歩と人類福祉の向上に寄与すること、及び高度の専門性が求められる職業を担うために深い学識と卓越した能力を培い、文化の進展と社会の発展に貢献することを目的とします。

                  【人文社会科学専攻(修士)の目的】
                   人文科学・社会科学の幅広い素養と深い専門知識を身につけ、地域社会に貢献する人材を養成することを目的とします。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  ○人文科学研究コース
                  ・「人間」「文化」に深い関心と高度な問題意識を持っている人。
                  ・高度な専門知識を身につけるために前提となる学力と主体的に学ぶ意欲を持っている人。
                  ・地域社会に人文科学の専門知識を持って貢献していこうとする情熱を持っている人。

                  ○グローバル社会研究コース
                  ・「グローバル化」とそのもたらす問題について深い関心と高度な問題意識を持っている人。
                  ・高度な専門知識を身につけるために前提となる学力と主体的に学ぶ意欲を持っている人。
                  ・地域社会に専門知識をもって貢献していこうとする情熱を持っている人。

                  ○社会科学研究コース
                  ・社会科学について深い関心と高度な問題意識を持っている人。
                  ・高度な専門知識を身につけるために前提となる学力と主体的に学ぶ意欲を持っている人。
                  ・地域社会に社会科学の専門知識をもって貢献していこうとする情熱を持っている人。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○人文科学研究コース
                  【柔軟な教育課程の実現による、幅広い学識と高度な専門知識の涵養】
                   人間学・地域文化・言語文化をテーマとするコース主専攻科目を中心に、多様な授業科目の履修を保証することで、幅広い学識と高度な専門知識の涵養を図る。
                  【個別指導による高度な論理的思考力の育成】
                   修士論文作成をカリキュラムの中核に位置づけ、高度な論理的思考力・総合的表現力を養成する。
                  【カリキュラム編成の方針】
                   多様な科目の履修を可能にしつつ、とくに地域の諸問題については全学生が学びうるような柔軟なカリキュラムを保証する。同時に基礎的研究技法の習得から修士論文作成に至る、一貫した研究指導を可能にするカリキュラムを構築する。


                  ○グローバル社会研究コース
                  【柔軟な教育課程の実現による幅広い学識と高度な専門知識の涵養】
                   「グローバル化」を軸としたコース専門科目を中心に、多様な授業科目の履修を保証することで、幅広い学識と高度な専門知識の涵養を図る。
                  【個別指導による高度な論理的思考力の育成】
                   複数指導教員制のもとでの修士論文作成をカリキュラムの中核に位置づけ、高度な論理的思考力・総合的表現力を涵養する。
                  【カリキュラム編成の方針】
                   多様な科目の履修を可能にしつつ、とくに地域の諸問題については全学生が学びうるような柔軟なカリキュラムを保証する。同時に基礎的研究技法の習得から修士論文作成に至る一貫した研究指導を可能にするカリキュラムを構築する。


                  ○社会科学研究コース
                  【柔軟な教育課程の実現による幅広い学識と高度な専門知識の涵養】
                   社会科学の4領域を軸としたコース専門科目を中心に、多様な授業科目の履修を保証することで、幅広い学識と高度な専門知識の涵養を図る。
                  【個別指導による高度な論理的思考力の育成】
                   複数指導教員制のもとでの修士論文作成をカリキュラムの中核に位置づけ、高度な論理的思考力・総合的表現力を涵養する。
                  【カリキュラム編成の方針】
                   多様な科目の履修を可能にしつつ、とくに地域の諸問題については全学生が学びうるような柔軟なカリキュラムを保証する。同時に基礎的研究技法の習得から修士論文作成に至る一貫した研究指導を可能にするカリキュラムを構築する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○人文科学研究コース
                  【知識・理解】
                   人文科学に関する高度な専門知識を身につけている。
                  【思考・判断】
                   人間・文化への深い洞察力を身につけている。
                  【関心・意欲・態度】
                   地域の諸課題に深い関心を持ち、それらを専門知識に基づいて解決しようとする態度を身につけている。
                  【技法・表現】
                   幅広い知識と高度な専門性に裏打ちされた論理的思考力や総合的表現力を身につけている。

                  ○グローバル社会研究コース
                  【知識・理解】
                   人文科学、社会科学に関する高度な専門知識を身につけている。
                  【思考・判断】
                   グローバル化に伴う諸問題を、広い視野のもと専門知識を駆使し総合的にとらえる深い洞察力を身につけている。
                  【関心・意欲・態度】
                   グローバル化にともなう諸課題に深い関心を寄せ、その問題を解決していこうとする意欲・態度を身につけている。
                  【技法・表現】
                   異文化への理解、他者とのコミュニケーション能力、ならびに論理的かつ幅広い思考を言葉にし、他者に伝える能力を身につけている。

                  ○社会科学研究コース
                  【知識・理解】
                   社会科学に関する高度な専門知識と理解力を身につけ、活用できる。
                  【思考・判断】
                   人文社会科学の幅広い知識と高度な専門性に裏打ちされた論理的思考力を活用し判断できる。
                  【関心・意欲・態度】
                   地域社会の諸課題に関心をもち 、それらについて専門知識にもとづいて分析し、問題解決に主体的に取り組むことができる 。
                  【技法・表現】
                   情報解析のツール、表現技法を身につけ、活用できる。

                  続きを読む… 折り畳む