ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学研究科(博士)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   幅広い応用力や開発能力を身につけた独創性のある技術者・研究者を育て、かつ深化した専門教育を行います。また、実社会経験者の企業等に在職したまま在籍することを認め、研究テーマによっては企業等での研究成果を生かして、実際に大学で行う研究時間を少なくしても研究成果を評価し得るシステムも取り入れています。さらに、国際化に資するため外国人留学生の受け入れも積極的に行っています。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  <教育目的>
                   幅広い応用力や開発能力を身につけた独創性のある技術者・研究者を育て、かつ深化した専門教育をします。また、実社会経験者の企業等に在職したまま在籍することを認め、研究テーマによっては企業等での研究成果を生かして、実際に大学で行う研究時間を少なくしても研究成果を評価し得るシステムも取り入れています。さらに、国際化に資するため外国人留学生の受け入れも積極的に行っています。

                  <求める学生像>
                   専門分野の専攻の教育研究の成果をもとに、
                   1.より深化した専門知識を極めようとする意欲、
                   2.様々な工学現象の心理を究めるに必要な深い洞察力、
                   3.社会の必要とする技術が何かを敏感に感じ取り、自ら研究開発しようとする意欲、
                   4.国際的な視野で自らの研究を位置付け、果敢に広めようとする強い意志、
                   5.研究成果を、高い倫理観ののもとに人類の快適な生活空間構築に役立てたいとする奉仕の精神
                   などを持ち合わせた学習意欲旺盛な学生の入学を期待しています。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1)自分自身の専門分野、および非専門分野についての幅広い知識を身につけ、自身の研究を高い視点から広範な学問体系の中で客観的に位置づけし、理解できるようにする。
                  2)英文文献を不自由なく読むことができ、研究成果を日本語あるいは英語で発表し、論文にまとめることができるようにする。
                  3)研究開発において所望の成果を得るために越えなければならない問題点を自ら見出し、解決のための方策を探索できるようにする。
                  4)指導教員等との討論を通じて、研究開発のための総合的なコミュニケーション能力、協調性、論理的な説明・記述力を身につけ、研究を活性化できるようにする。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   岐阜大学大学院工学研究科は、博士後期課程において、(岐阜大学工学部及び工学研究科博士前期課程のディプロマポリシーに掲げた能力に加え、更に)以下のような能力を備えた修了生を輩出する。
                  1.専門分野及びその周辺領域の知識・学問体系を深く理解し、それを学生に教授する能力。
                  2.研究成果を国際会議等で発表し、他者と議論し、学術論文としてまとめる能力。
                  3.専門分野における問題を発見し、それを解決し、新技術開発に発展させる能力。
                  4.チームをまとめ、共同して研究開発を行うためのリーダーシップ能力。
                   本大学院は、博士後期課程修了者の上記能力の修得度・達成度を保証するために厳格な学位認定を行う。