ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  総合人間自然科学研究科(医科学専攻・修士)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  学部・研究科等の特色等

                  学部・研究科等の特色等

                  <医科学コース>
                   近代医学は、生物学・物理学・化学・工学などの自然科学の進歩の成果を結集して発展してきました。 さらに現代、医学はゲノムサイエンス・分子生物学・発生生物学(発生・分化・再生)などの生命科学の成果をもとに目覚しいスピードで発展し、 遺伝子療法・再生医療・生殖医療などの今日の先端医療を形成しつつあります。他方、先端医療の進歩による脳死・臓器移植・体外受精・遺伝子治療と生命倫理との調和、 超高齢化社会の到来による疾病構造の変化、患者のQOL<Quality of Life(生活・生命の質)>の重視など、医学・医療を取り巻く社会環境は大きく変革しています。 この急速に発展する医学・医療に的確に対応するためには、自然科学および人間主体の人文科学と医学の調和をめざした医科学(Medical Science)の発展・充実が望まれます。 このことにより、今後、ますます複雑化する医療・福祉などの社会的諸問題を包括的に捉えうる専門家の育成が可能となります。そのため、自然科学系学部(理学、農学、薬学、工学など) のみならず人文学系学部(心理学、社会学、経済学、教育学など)を含む医学部(医学科)以外の学部卒業者を、医科学へと導く教育・研究システムが必要です。
                  本医科学コースでは、医学部(医学科)以外の出身者を対象に、医科学に関する幅広い知識を体系的、集中的に教育することにより、高度に専門化した知識と技術を身に付けた 医科学分野の研究者・教育者を養成し、さらに社会的諸問題について医科学を基礎として包括的に捉えうる人材を育成しようとしています。

                  <環境保健学コース>
                   環境保健学は、環境因子による健康影響について総合的に研究する学問であり、毒性学に基づく基礎的研究と地域住民や産業現場における環境因子による健康影響の疫学研究が行われている。環境保健学においては、環境疫学、産業疫学のように疫学的手法を一般住民の環境因子に関わる研究、産業現場における環境因子に関わる疫学研究がなされてきており、公害や産業中毒の因果関係が明らかにされてきた。また、栄養疫学を通して、栄養素の欠乏症、過剰症も示されてきている。現在、疫学はトランスレーショナルリサーチに必要な臨床試験をはじめとして、エビデンスに基づく医療の提供のために広く利用されるようになった。今後この傾向は益々強まり、疫学に関する基本的知識を持ち、臨床研究で活躍する専門家の養成はニーズが高まっていくことが容易に予見できる。本コースは、環境保健学に主軸を置きつつ、疫学の基礎を習得させるとともに、臨床疫学や臨床試験学を選択科目として用意することで、臨床疫学の実務者養成に必要な素養も身に付けることを可能にする。

                  <情報医科学コース>
                   現在多くの医療施設に導入されている医療情報システムには、日々の医療行為に伴う膨大な電子化医療データが蓄積されています。これらのデータは、直接の診療に使われるだけではなく、多数の症例の横断的な解析に基づく医学研究において、データの柔軟な組み合わせによる様々な切り口からの迅速な解析を実現し、従来にない速度で広範囲なテーマの研究推進を可能にすることが期待されています。
                   とりわけ、大量の電子化医療データに基づく「病態予測」、「治療評価」、「診断支援」、「稀な事象の検出」などへの応用が期待されます。 
                   そうしたデータ活用のためには、病態を検査値等の客観的な指標に基づいて理解するための医学的知識と、それらの指標と病態の関係を、不確実性をも含めて定量的に記述するための数理統計的な知識や情報科学の知識などを身につけ、多様性と様々な不確実性を含む特殊なデータである医療データの解析に対応できる人材が必要です。
                  また、そうした人材には過去の電子化医療データの解析だけではなく、より高度な解析のために必要な医療情報システムの構造や機能について検討し、個々の医療機関における実現を支援することにより、新たなデータ解析の基盤構築に貢献することも期待されます。
                   本学医学部で、我が国初の病院情報システムとして自主開発された総合医療情報システムIMIS(Integrated Medical Information System)には、1981年の附属病院開院以来の電子化医療データの蓄積があり、教育・研究用に個人情報を匿名化してデータベース化されています。また、そのデータは高知県の地域特性、すなわち、高齢化が全国平均より進み、成人の人口移動が少ないという特性を反映し、我が国の未来を先取りした人口集団の長期にわたる追跡が可能であるという特徴を有します。こうした利点を有するデータと、長年医療情報システムの開発に積極的にかかわってきた歴史を活かし、医科学専攻の基礎医学系、臨床医学系、医療情報系の教員および理学専攻の教員の緊密な連携のもとに、電子化医療データの解析に対応できる研究能力と応用能力を身に付けた研究者や専門職業人を育成し、様々な医療機関における電子化医療データの解析を通じて、医学の進歩や医療の質の向上に貢献することを目指します。すなわち、本コースは、「単に医学における情報を扱うのではなく、情報を活用して新たな医学の地平を切り拓く」ことを目指します。
                  <公衆衛生学コース>
                   新たに開講する公衆衛生学コースは、情報医科学コースと環境保健学コースを統合することで、独自の強みである医療情報のデータマイニングやICTによる医療情報システムの構築にも強い予防医学・地域医療学の専門家を養成し、ビッグデータの蓄積によりパラダイムシフトが求められている公衆衛生学分野の変革に対応できる専門人材の供給を目指しています。これに加えて、全国的に専門家が少なく、需要も高い生物統計家の養成、次世代シークエンサーの登場によって需要が急速に高まっているバイオインフォマティシャンの養成を目指します。この分野について集中的に履修可能な情報医科学集中型カリキュラムを設定し、情報医科学の手法を生かしつつ、疫学、環境保健学、医療政策・医療経済などの方法論の必要な分野に適用できる専門性を習得します。
                   新しい公衆衛生学コースのカリキュラムは、①疫学、②生物統計学、③医療政策学・医療管理学、④環境保健学、⑤社会医学、医倫理学、行動科学の、欧米の公衆衛生大学院での必須科目である5領域をカバーしており、修士(公衆衛生学)の学位を授与する国際基準(5つの方法論を必須科目とする履修)を満たしているのみならず、医療情報のデータマイニングやコンピュータを使った医療情報システムの構築で実績のある情報医科学コースが加わることで、ビッグデータの解析や医療管理および医療情報のICT化にも対応できる予防医学・地域医療学の専門家の育成を可能とし、これまで本学では地域保健医療、家庭医療学、災害保健医療及び国際保健医療について重点項目として取り組んできており、この分野について集中的に履修する地域医療学集中型カリキュラムを選択可能にし、地域医療に重点を置きつつ、パブリックヘルスマインドを持つ医師の養成を行います。

                  続きを読む… 折り畳む