ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学獣医学総合研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医科学獣医科学専攻 2年 修士(医科学)、修士(動物医科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本専攻は、医学・獣医学の連携・融合した研究の基盤となる科目として「研究基盤科目」と「コース別研究科目」でカリキュラムを構成しています。
                                  
                  ①生命科学研究者育成コース
                   本コースでは、研究基盤科目において生命科学の基盤的知識を教授し、その後、研究科目において、科学的な思考過程に涵養、生命科学関連領域に関する研究方法の理論、情報収集方法などを学び、生命科学研究において修士論文作成のための研究指導を行う。
                                  
                  ②高度医療関連技師養成コース
                   本コースでは、種々の医療現場における専門的医療支援技能者が、合理的・科学的な思考能力を修得する。専門的技術学基礎演習では個々の専門医療支援領域に関する最新の動向と技術の理論について学び、その後、各専門分野で研究を遂行するために必要な基礎知識と技能を修得させ、それぞれの専門分野における研究テーマにより修士論文作成のための研究指導を行う。
                                  
                  ③生命倫理コーディネーターコース
                   本コースでは、生命倫理及び基礎医学に関する知識を修得した上で、医事法学、研究倫理・臨床倫理領域における最新の倫理指針や法律、社会環境疫学・医療統計学を学び、さらに専門的な倫理学的方法論、倫理的推論のプロセス、並びに倫理コンサルテーションのスキルを修得し、生命倫理領域における研究テーマにより修士論文作成のための研究指導を行う。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  生命科学研究者育成コース
                  本コースでは、将来において生命科学研究者として後進の教育にも参画することも可能な基礎能力、あるいは、生命科学の素養を持ち畜産現場において科学的な思考で人獣共通感染症などに対応できる能力の修得を目的とした教育プログラムである。修了後の大学院博士課程進学も念頭においている。そのため、まず共通科目において医学・獣医学領域における生命科学の基盤的知識を教授した後に、演習・実習において生命科学研究者としての心構え、研究方法の理論、情報収集方法、基礎的研究手技を修得させ、生命科学研究において修士論文作成のための研究指導を行う。

                  高度医療関連技師養成コース
                  本コースでは、種々の医療現場における専門的医療支援技能者が、共通科目において病態生理学や人獣共通感染症について再び学び直し、必要に応じて社会医学系科目(社会環境疫学・医療統計学、医療関連法規)、薬理・薬剤学、健康スポーツ医学などを学んだのち、研究科目において合理的・科学的な思考能力を修得し、修士論文を作成するとともに、より高度な専門知識と技術を修得する教育プログラムとなっている。また、既に保有している資格に加えてそれぞれの領域における関連学会の学会認定資格を獲得することも視野に入れた指導がなされる。 演習・実習では個々の専門医療支援領域と周辺領域に関する最新の動向と技術の理論、研究を遂行するために必要な基礎知識と技能を修得させ、専門技術学研究では、それぞれの専門分野における研究のテーマを課し、修士論文作成のための研究指導を行う。

                  生命倫理コーディネーターコース
                  本コースは、先端研究や臨床研究における倫理ガバナンス、並びに臨床現場における倫理支援を担いうる人材育成を目的とした教育プログラムであり、「生命倫理」に精通したコーディネーターとしてのコミュニケーション能力の修得を目指している。そのため、まず共通科目において生命倫理及び基礎医学に関する知識を修得した上で、研究基盤選択共通科目においても、医療関連法規を必修とし、研究倫理・臨床倫理領域における最新の法律や倫理指針に精通させ、臨床研究の倫理性を判断する上で基礎的知識として不可欠な社会環境疫学・医療統計学も必修とする。そして、演習では、さらに専門的に倫理学的方法論、倫理的推論のプロセス、並びに倫理コンサルテーションのスキルを教授し、生命倫理コーディネーター研究では、生命倫理領域における研究テーマを課し、修士論文作成のための研究指導を行う。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本専攻に本学の規定する修業年限以上在学し、指導教員の指導の下、所定の単位を修得し下記の各コースが目標とする専門研究者としての能力を身につけたことが確認され、かつ、修士論文の審査及び最終試験に合格した者に修士の学位を与える。
                                  
                  ①生命科学研究者育成コース
                   ・医学・獣医学領域の生命科学研究者や教育者、あるいは産業動物に関連する機関の職員として科学的な思考で人獣共通感染症などに対応し啓蒙動が出来る能力
                   ・海外において6年制未満の課程を卒業した獣医学士で、獣医学領域で研究者や教育者として活躍できる能力
                    【学位】修士(医科学)又は修士(動物医科学)
                                  
                  ②高度医療関連技師養成コース
                   ・合理的、科学的な思考能力を有し、より高度で先進的な医療支援に携われる能力
                   ・該当医療支援領域における後進の教育・指導に当たれる能力
                    【学位】修士(医科学)
                                  
                  ③生命倫理コーディネーターコース
                   ・生命倫理に精通し、先端研究や臨床研究に対応できる能力
                   ・倫理的・法的・社会的に生命倫理の課題に対応できる能力
                    【学位】修士(医科学)

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可30,000円
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  獣医学
                  医学・医師養成課程
                  生命科学
                  歯学
                  薬学・薬剤師養成課程
                  医療・保健・衛生

                  その他専攻分野