ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  機械設計システム工学科 4年 学士(工学)
                  電子物理工学科 4年 学士(工学)
                  電気システム工学科 4年 学士(工学)
                  情報システム工学科 4年 学士(工学)
                  環境応用化学科 4年 学士(工学)
                  社会環境システム工学科 4年 学士(工学)
                  環境ロボティクス学科 4年 学士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  環境応用化学科
                   環境応用化学科では、十分な基礎学力と幅広い応用力を身につけ、課題探求能力と創造性を持ち、優れたコミュニケーション能力備え、自主的・総合的に的確な判断ができる人間性豊かな人材を養成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、教育を実施します。
                  【教育課程の編成の方針】
                  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のための基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)および学士力発展科目を設置します。
                  2. 工学技術者として求められる工学の基礎や倫理観を学ぶために、工学基礎科目を設置します。
                  3. 応用化学技術者として必要な基礎および応用知識を体系的に学ぶために、実験科目を含めた学科専門科目を教育目標に即し段階的に設置します。
                  4. 自主的、継続的な学習により知識や技術を高め、それらを課題の探求と解決に生かし、成果を正しく伝える能力を育成するために、卒業研究等の科目を設置します。
                  【実施の方針】
                  5. 各授業科目について、シラバスで到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、周知します。
                  6. 問題解決能力、デザイン能力、コミュニケーション能力等を育成するために、問題発見、問題解決、チームワーク、発表・質疑討論等を含むアクティブラーニングを積極的に取り入れた授業形態による指導を行います。
                  7. 学科科目の試験答案を返却し、“学習・教育目標達成度自己点検”を学生自ら記入させて、学習・教育目標に対する達成度と今後の学習計画を点検させます。
                  8. 成績評価基準、方法に基づき厳格な評価を行います。

                  社会環境システム工学科
                   社会環境システム工学科では、その教育理念に基づき、自然との共生を図りつつ生活・経済・文化・安全を支える社会基盤の充実に貢献できる専門技術者を育成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、教育を実施します。
                  【教育課程の編成の方針】
                  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のために、すべての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置します。
                  2. 専門的な方法論と知識を体系的に学ぶために、学科専門科目を教育目標に即し段階的に設置します。
                  3. 社会の要請を察知し、また地球的視点から多面的に物事を考える能力を養うために、幅広い視点から物事を考えることのできる科目を設置します。
                  4. 獲得した知識や能力を統合し、課題の解決につなげていく能力や態度を育成するために、卒業研究等の科目を設置します。
                  5. 土木環境のどの分野でも活躍できる基礎能力を身に付けるために、幅広い範囲の科目を設置します。
                  【実施の方針】
                  6. 各授業科目について、シラバスで到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、周知します。
                  7. 主体的に考える力を育成するために、グループワーク、発表などを積極的に取り入れた授業形態、指導方法を行います。
                  8. 履修カルテシステムにより、学習成果に基づいた指導を行います。
                  9. 成績評価基準、方法に基づき厳格な評価を行います。

                  環境ロボティクス学科
                   環境ロボティクス学科では、その教育理念に基づき、幅広く深い教養と専門性を修得し、豊かな人間性と高い倫理性を身につけた人材を養成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、教育を実施します。
                  【教育課程の編成の方針】
                  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のために、すべての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置します。
                  2. 専門的な知識と方法論を体系的に学ぶために、学科専門カリキュラムを基礎分野、専門分野、融合・応用分野から構成し、専門科目を段階的に設置します。
                  3. 基礎分野および応用分野においては、多面的にものごとを考える力と、数学・機械・電気電子・情報・化学の各専門領域の基礎知識を身につけるための科目を設置します。
                  4. 融合・応用分野においては、工学デザイン能力、チームワーク力、プレゼンテーション技術を習得し、また、自律・継続的に問題に取り組むことのできる力を養うために演習、実験・実習科目を設置します。
                  5. 関連分野を有機的に結び付けて問題解決を行う能力を養うために、座学に加えて実験・実習を多く取り入れたカリキュラム構成とします。
                  【実施の方針】
                  6. 各授業科目について、シラバスを用いて到達目標、授業計画、成績評価基準ならびに成績評価方法を明確にし、学生に対して周知し、厳正な成績評価を行います。
                  7. 問題の分析・設計・製作といった一連の工学的活動を、創意工夫をもって実行できる知識を身につけるために、少人数によるグループ形式のテーマ学習を取り入れます。
                  8. ポートフォリオを用いて、学習成果に基づいた指導を行います。

                  機械設計システム工学科
                   機械設計システム工学科では、その教育理念に基づき、「人と自然に優しいものづくり」を目指す専門技術者を養成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、教育を実施します。
                  【教育課程の編成の方針】
                  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のために、すべての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置します。
                  2. 機械技術者として必要となる工学の基礎および機械工学の専門知識を体系的に学ぶために、工学基礎科目・専門科目を教育目標に即し段階的に設置します。
                  3. 身に付けた知識や技能を統合し、自分のアイデアを実現するデザイン能力や問題解決能力を育成するために、実験、実習、卒業研究等の科目を設置します。
                  4. 論理的な記述力、口頭発表力などコミュニケーション能力を育成する科目を設置します。
                  5. 人と機械の共存、機械と自然との調和、資源とエネルギーの有効利用などを考える能力を育成するための科目を配置します。
                  6. 社会秩序や自然環境保護に対する技術者の責務を考える能力を育成する科目を配置します。
                  【実施の方針】
                  7. 各授業科目について、シラバスで到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、周知します。
                  8. 実験、実習、設計などの実践的な教育方法を積極的に取り入れ、身に付けた専門的知識を活用・応用できるよう指導を行います。
                  9. 履修カルテにより、学習成果に基づいた指導を行います。
                  10. 成績評価基準、方法に基づき厳格な評価を行います。

                  電子物理工学科
                   電子物理工学科では、その教育理念に基づき、ディプロマポリシーに挙げた技術者を養成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、教育を実施します。
                  【教育課程の編成の方針】
                  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のため、基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置します。
                  2. 科学技術者として、社会に対する役割を理解し倫理観を身につける科目を設置します。
                  3. 工学基礎科目と学科専門科目を段階的に設置します。
                  4. 自分の考えを正確に伝えられるプレゼンテーション能力を養う科目を設置します。
                  5. グローバルな世界に対応できるような英語及びコミュニケーション能力を養う科目を設置します。
                  6 文献検索や調査を通して問題点を見出し、与えられた条件で実践的に解決にむけた取り組み方をまとめられる能力を育成します。
                  【実施の方針】
                  7. 各科目について、教育目的、教育目標、授業計画、成績評価基準、成績評価方法をシラバスに明示し、ホームページにより周知します。
                  8. 成績評価基準、成績評価方法に基づき厳格な評価を行います。
                  9. 4年間を通した少人数授業により、個人の到達度合に応じた指導を行います。

                  電気システム工学科
                   電気システム工学科では、電気システムに関する専門知識を教授する専門教育と、豊かな人間性を涵養し、社会性や国際性を身につけた人材を育成する教養教育とをバランス良く配置したカリキュラムを編成し、教育を実施します。
                  【教育課程の編成の方針】
                  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のために、すべての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置します。
                  2. 専門教育では、安全で安心な低炭素・高度情報化社会を実現するための工学全般に関わる基礎及び電気エネルギー、通信、電子回路、制御、計算機プログラムに関する専門教育を修得するため、講義、実験及び演習を体系的に編成した教育を行います。
                  3. 科学や技術の進歩とともに変動する多様な社会の要請に、高い技術者倫理観を持って応え得る能力を身に付けるための科目を提供します。
                  【実施の方針】
                  4. 各授業科目について、シラバスで学習到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、周知します。
                  5. アクティブラーニングや小人数教育を行う授業を積極的に取り入れた授業形態とします。
                  6. ポートフォリオなどを活用し、学習成果に基づいた履修指導を行います。
                  7. GPAなどを活用し、成績評価基準、方法に基づいた厳格な評価を行います。
                  情報システム工学科
                   情報システム工学科では、その教育理念に基づき、基礎情報科学分野と産業情報システム分野の双方で幅広く活躍できる人材を養成するため、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、教育を実施します。
                  【教育課程の編成の方針】
                  1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション、専門基礎)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置します。
                  2. 情報工学の基礎として、コンピュータ科学全般にわたる基礎知識及び数学的基礎を体系的に学ぶための科目を設置します。
                  3. 情報システムやアプリケーションプログラムの設計、実装、評価ができる能力を養成するために、実践的なテーマの演習科目等を4年間通して設置します。
                  4. 獲得した知識や技能を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や態度を育成するために、卒業研究等の科目を設置します。
                  【実施の方針】
                  5. 各授業科目について、シラバスで到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、周知します。
                  6. 主体的に考える力を育成するために、アクティブラーニング(双方向型授業、グループワーク、発表など)を積極的に取り入れた授業形態、指導方法をとります。
                  7. 学習ポートフォリオやGPAにより、学習成果に基づいた指導を行います。
                  8. 成績評価基準、方法に基づき厳格な評価を行います。
                  9. 授業の実施方法について、組織的に点検・改善を行います。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  学科HPをご覧ください。
                  環境応用化学科 http://www.chem.miyazaki-u.ac.jp/new/
                  社会環境システム工学科 http://www.civil.miyazaki-u.ac.jp/
                  環境ロボティクス学科 http://www.miyazaki-u.ac.jp/erobo/
                  機械設計システム工学科 http://www.miyazaki-u.ac.jp/mech/
                  電子物理工学科 http://www.miyazaki-u.ac.jp/elnphy01/
                  電気システム工学科 http://www.miyazaki-u.ac.jp/ese/
                  情報システム工学科 http://www.cs.miyazaki-u.ac.jp/new2012/

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   学部では、宮崎大学学務規則に規定する修業年限以上在学し、各学科所定の単位数を修得し、且つ、卒業論文審査において、卒業研究の取組状況と研究成果から、下記の各学科が目標とした専門技術者としての能力を身につけたことが確認された合格者に対して卒業を認めると同時に、学士(工学)の学位を与える。

                  環境応用化学科
                   環境応用化学科では、企業等で実践力を有する工学専門職としてグローバルに活躍できる技術者の育成を教育の目標に掲げ、学士課程を通じて以下の資質や能力を修得した学生に学位を授与します。
                  1. 自然との共生や環境との調和や社会への貢献の視点を持ち、社会的責任感と科学的倫理観をもって物事を判断する能力
                  2. 産業界で技術者として活躍するために必要な工学および化学の基礎を習得し、実験や観察の結果を考察でき、問題解決に柔軟に応用する能力
                  3. 自主的、継続的な学習により知識や技術を高め、それらを課題の探求と解決に生かし、正しく明瞭にまとめ伝える能力

                  社会環境システム工学科
                   本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。
                  1. 技術者の基礎となる数学を含めた自然科学の知識、コミュニケーション能力、自己学習能力、課題解決能力、ならびに技術者としての倫理を兼ね備えた能力
                  2. 土木環境工学のどの分野でも活躍できるための基礎能力
                  3. 社会の要請を察知し、理解して適切な行動ができる能力

                  環境ロボティクス学科
                   本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。
                  1. 広い視野から多面的に物事を考える能力
                  2. 数学、機械、電気電子、情報、化学などの専門領域の基礎知識
                  3. 与えられた課題を達成する過程において、自ら問題を発見、整理、解決する基礎能力と工学デザイン能力
                  4. 与えられた課題を達成する過程において、グループ討論を通じて得られるチームワーク力(リーダシップ、協調性)
                  5. 相手に自分の考えを理解してもらえる外国語を含むコミュニケーション能力
                  6. 社会における技術者の役割や使命を理解し、技術者として必要な倫理や規範を判断できる能力
                  7. 課題や問題に対して、自律的、継続的に取り組むことができる能力

                  機械設計システム工学科
                   本学科で学業を修めることにより次のような能力を身につけることができます。
                  1. 社会の要求や制約に応えるため、自主的に計画して、それを継続的に実行できる能力
                  2. 人と機械との共存や機械と自然との調和を考えるための能力
                  3. 社会秩序や自然環境保護に対する技術者の責務を考える能力
                  4. 機械技術者としての工学の基礎および専門知識
                  5. 自然環境を維持するために、資源とエネルギーの有効利用を考える能力
                  6. 自分のアイデアを実現できるデザイン能力およびそれを説明するコミュニケーション能力
                  7. 得られた成果を吟味し、まとめる能力

                  電子物理工学科
                   本学科では,以下の知識や能力を持つ技術者の育成を行っています。
                  1. 自然界や社会における問題や、科学や技術の社会に対する役割を理解する能力
                  2. 電子物理工学分野の専門技術者として必要な基礎および専門的な知識と技術
                  3. コミュニケーション能力
                  4.技術者としての倫理観
                  5. 課題を見出し解決に向けて実践的に対応できる能力

                  電気システム工学科
                   本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。
                  1. 技術者にとって必要となる数学を含めた自然科学の知識
                  2. 電気エネルギーおよび情報通信分野に関する専門技術と実践能力
                  3. 課題探求能力、課題解決能力およびデザイン能力を有し、多様なグローバル社会の要請に応え得る能力
                  4. 技術者に求められるコミュニケーション能力
                  5. 技術者に求められる倫理観
                  6. 課題や問題に対して、自律的、継続的に取り組むことができる能力

                  情報システム工学科
                   本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。
                  1. 問題を環境、人間、文化、社会、国際関係などの側面から多面的にとらえることができる力
                  2. 工学技術が社会に及ぼす影響や技術者としての倫理的責任を理解する力
                  3. 数学、物理、化学、生命科学などの工学者としての基礎知識を習得し、それを応用できる力
                  4. 情報工学に必要な、数学及び情報科学の諸理論を習得し、それらを応用できる力
                  5. 計算機システムの構成や動作に関する知識を習得し、それを応用できる力
                  6. 問題解決にコンピュータを適切に利用できる力
                  7. 総合的視点で問題を分析し、問題を解決する方法を見出すことができる力
                  8. 日本語による論理的な記述、プレゼンテーションおよび討議ができる力
                  9. 英語による情報を理解し、基礎的なコミュニケーションができる力
                  10. 自ら主体的かつ継続的に学習することができる力
                  11. 課題を達成するための計画を立て、遂行することができる力
                  12. チームとして目標を共有し、コミュニケーションを図りつつ問題解決に取り組むことができる力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  【編入学 費用負担内訳】
                  検定料30,000円(出願時に納付)、入学料282,000円

                  専攻分野

                  専攻分野
                  機械工学・自動車工学
                  電気・電子・通信工学
                  システム・制御工学
                  情報工学・コンピューター
                  土木工学
                  環境デザイン・都市デザイン
                  デザイン工学
                  応用化学・環境工学
                  応用物理学
                  応用生物学(生物工学)
                  鉱物・資源・エネルギー工学
                  金属・材料工学
                  航空工学・宇宙工学
                  経営工学・管理工学
                  画像工学・光工学・音響工学
                  医用工学・生体工学

                  その他専攻分野