ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教職実践開発専攻 2年 教職修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【教育課程の編成の方針】
                  1.専門的な方法論と知識を体系的に学ぶために、共通必修科目、コース選択科目を学習達成度指標に即し段階的に設置する。
                  2.教育理論と実践力・応用力の融合を図るために、教育実習科目と必修・コース科目の教育内容に関する往還を図る。
                  3.教育目的に明示されている資質を形成するために、目標達成確認科目(課題研究リポートを含む)を設置する。 
                  【実施の方針】
                  1.各授業科目のシラバスにおいて、到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確に示す。
                  2.研究者教員と実務家教員の協働授業、アクティブラーニング(双方向型授業、グループワーク、模擬授業など)を積極的に取り入れる。
                  3.現職教員とストレートマスターの学習成果に基づき,授業形態や指導方法を工夫する。
                  4.教育実習の事前事後指導を充実させる。
                  5.成績評価基準、方法に基づき厳格な評価を行う。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1.本専攻の教育目的に沿って設定された授業科目(共通必修科目、コース選択科目、教育実習科目、目標達成確認科目)を履修して修了要件の基準を満たすことが、専門職学位「教職修士(専門職)」授与の必要要件です。
                  2.課程修了の判定は、本専攻の教育目的で明示されている、教職としての高度の実践力・応用力を備え、地域に根ざす学校づくりの有力な一員となり得る新人教員としての資質、また、地域や学校における指導的役割を果たし得る教員に必要不可欠な確かな教育理論と優れた実践力・応用力を備えたスクールリーダーとしての資質を形成しているかを目標達成確認科目によりなされます。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部不可
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  教育学(教員養成課程)

                  その他専攻分野